古銭買取について

旧100円硬貨や記念コインなどの近代100円硬貨の古銭買取について徹底解説!

旧100円硬貨

旧100円硬貨と呼ばれる近代日本で流通していた100円硬貨があります。古銭が好きで収集されていた方はご存知な方も多い古銭です。

中には財布の中から出てきて気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は近代100円硬貨を古銭買取に出したらどんな価値があるのか見ていきましょう。





100円硬貨発行の歴史や時代背景

100円硬貨は普段の生活で使っているお金で100円玉と呼ばれています。正式名を「百円白銅貨」と言い、この額面の貨幣が日本に登場したのが1957年(昭和32年)となっています。

この100円硬貨、額面価格は変わっていませんがこれまでに素材や名称の変更が3回行われています。

初めて日本に登場した100円硬貨は「百円銀貨」という名称で、名称はそのままでデザインが変更されたのが3回(うち1回は記念硬貨として登場)、そして素材とデザインが代わり「百円白銅貨」に変更され今に至ります。

100円硬貨が発行された時代背景として、昭和30年前後の日本は急激なインフレを軽減し日本経済を立て直すために誕生しました。

次項で「100円銀貨」と「100円白銅貨」を詳しくみていきましょう。

100円銀貨の種類や特徴

日本初となる100円銀貨はそれぞれ表面の図案から「鳳凰100円銀貨」「稲穂100円銀貨」と呼ばれ、正式名ではないものの古銭コレクターを中心に話題を集めました。

鳳凰100円銀貨は名前の通り表面に鳳凰が躍動的に描かれています。昭和32年に3000万枚、昭和33年に7000万枚が発行され、翌年には稲穂の図案に変更されました。

鳳凰のデザインが変更されて登場した「稲穂100円銀貨」は1959年(昭和34年)に登場し、表面の稲穂の図案が特徴です。

鳳凰と稲穂の100円玉について実は素材が銀ということもあり、銀の含有率が額面以上含まれています。

当時は銀の価格が今よりも安かったことが背景ではないでしょうか。

また、1964年に東京オリンピックが開催され、それに合わせて発行された100円額面の記念硬貨があります。

発行枚数は8000枚で、デザインの特徴としては聖火と五輪のデザインで「TOKYO 1964」と刻印されました。

この記念硬貨は通称「東京オリンピック記念100円銀貨」と呼ばれ、記念硬貨ということで多くのコレクター問わず多くの方が当時持っていた100円硬貨と言えるでしょう。

100円白銅貨の種類や特徴

100円白銅貨は1967年(昭和42年)に登場し、今現在も図案が変わらずに流通している歴史の長い100円貨幣です。

表面の図案は旧100円の図案であった稲穂から桜に代わり、素材も銀から白銅となりました。ちなみに白銅は銅とニッケルの合金で、1960年代に入り銀の需要が爆発的に増加。

さらには自国で所有していた金の保有量も足りなくなるという事態に見舞われ、白銅へと切り替わりました。

加えてアメリカも貨幣を銀貨から白銅へ切り替えるなど世界的な流れの中、日本もこれにならい変更されました。

古銭買取での100円硬貨の買取価値は?

現在は流通していない旧100円硬貨は買い物などで使うこともできますが、古銭買取に出してみるのもおすすめです。

古銭買取は、旧100円硬貨をはじめ記念硬貨や古いお金など、「貨幣」に関する買取を行ってくれる便利なサービスです。

旧100円硬貨を古銭買取に出すのがなぜおすすめなのかといえば、状態の良い美品ならば額面価格よりも高値になる可能性があるものの、未使用品などの条件付きとなるケースがあるので注意してください。

旧100円硬貨に該当する100円硬貨は「鳳凰100円銀貨」「稲穂100円銀貨」「東京オリンピック記念100円銀貨」の3種類です。

そして古銭買取に出すべきもう一つの理由、それは銀としての地金価値です。

旧100円硬貨は銀の含まれた貨幣でいわゆる「銀貨」です。銀貨は地金としての価値もあり、含有量が額面分よりも多く含まれているのです。

しかしながらこれは銀相場次第にもよるので確認してみると良いでしょう。

古銭買取で価値がつく100円硬貨の条件とは?

古銭買取で価値がつく100円硬貨の条件として、発行枚数が少ない年代であることが挙げられます。

発行枚数の少ない100円硬貨といえば、昭和39年発行の旧100円硬貨です。

同じ時期に東京オリンピック記念100円銀貨が大量に発行されましたが、昭和39年発行の旧100円硬貨は発行枚数が少なく若干のプレミアが付くとされています。

また、近年では平成13年と平成14年の100円玉は発行枚数が少ないのでコレクター需要も高まっているようです。

そして、硬貨のプレミアといえば、いわゆる「エラーコイン」と呼ばれる製造過程でたまたま生まれたミス品です。

通常は市場に出回ることはないのですが、ごく稀に検査を通過してしまったエラーコインは驚きの高値が付くでしょう。

古銭市場で過去に出現した100円のエラーコインの例ですと、複数枚重なって刻印されてしまった100円玉が見つかり、数十万円もの高値が付いたと言われます。

旧100円硬貨や近代100円硬貨の古銭買取について:まとめ

いかがでしたでしょうか。

100円玉におけるプレミア品となるとエラーコインに該当するミス品か、発行枚数の少ない年代の100円玉に限定されてしまうようですが、普段何気なく使ってる100円硬貨の中に驚きの価値があるものが出てくる可能性もありますので一度探してみる価値もありそうですね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
古銭処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!