古銭買取について

カナダコインのレアな種類や買取相場は?ネックレスやペンダントにも価値あり!

カナダコイン買取

コインコレクターのなかには、日本コインだけでなく、世界中のコインを収集している方も多くいます。

コレクションや投資目的で人気があるコインのなかで、今回注目するのは「カナダコイン」。

レアコインの種類やネックレス、ペンダントトップの価値や買取価格を紹介していきます。





カナダコインの価値や流通

現在カナダで流通している通貨はドルとセントです。

5セント、10セント、25セント、50セントと、1ドル、2ドル硬貨が発行されています。

コレクション目的のカナダコインのなかには、実際に流通しているものもありますが、それはカナダ国内で使えるもので、日本では換金目的かコレクション目的で持つ人がほとんどです。

 

交換両替について

カナダコインはそのまま日本で使用できないため、日本円に換金するには銀行で交換両替するかコイン買取専門店に売却する必要があります。

銀行は普通の海外硬貨と同じように扱うため、レアなカナダコインは額面通りの交換両替となり、損をする可能性が高いでしょう。

また、換金そのものを受け付けていない銀行も多いため、注意が必要です。

カナダコインのなかでもレアなもの

レア度が高いカナダコインと言えば「メイプルリーフ」です。

金貨、プラチナコイン、銀貨があり、それぞれ価値が高く人気もあります。

メイプルリーフ金貨は、カナダ王室造幣局が発行する法定貨幣で、表にはエリザベス2世の横顔、裏にはカナダの象徴であるメイプルリーフ(サトウカエデの葉)がレリーフされています。

1979年から発行され、流通量世界一と言われています。

信頼度が高く、スピーディーに換金できるコインです。

メイプルリーフプラチナコインも希少価値があり、宝飾品としても人気です。

純度は99.95%以上で、こちらもスムーズに現金化できます。

メイプルリーフ銀貨は1988年から発行されている純度99.9%のコインです。

希少価値はありますが、黒ずみやすいため、金貨やプラチナコインよりレア度は低くなります。

カナダコインの種類や特徴について

レアなカナダコインとしてメイプルリーフを紹介しましたが、ここではさらに細かい情報をお伝えします。

カナダコインで人気があるものも一緒に紹介しましょう。

 

【メイプルリーフ金貨の特徴】

金貨の種類は、1oz(オンス)、1/2oz、 1/4oz、1/10ozの4種類。

デザインと品位(純度)はどれも同じですが、重量とサイズと額面が違います。

1ozは重量31.1グラム、直径30.0ミリ、額面50ドルです。

1/2ozは重量15.5グラム、直径25.0ミリ、額面20ドル。

1/4ozは重量7.7グラム、直径20.0ミリ、額面10ドル。

そして1/10ozは重量3.1グラム、直径16.0ミリ、額面5ドルです。

【メイプルリーフプラチナコインの特徴】

プラチナコインも種類は4つあります。

違う点は重量とサイズと額面のみです。

1ozは重量31.1グラム、直径30.0ミリ、額面50ドルです。

1/2ozは重量15.5グラム、直径25.0ミリ、額面20ドル。

1/4ozは重量7.7グラム、直径20.0ミリ、額面10ドル。

1/10ozは重量3.1グラム、直径16.0ミリ、額面5ドルとなっています。

【モントリオール五輪100ドル金貨】

1976年に発行された記念金貨で、品位は金583です。

デザインが同じもので品位を金917に高めたコインもあります。

同年カナダで開催されたモントリオールオリンピックに合わせて発行されました。

【カナダ連邦100年記念20ドル金貨】

1967年に発行された20ドル金貨で、品位は金900です。

1867年に独立運動が始まり、その後カナダが独立した記念として発行されました。

表面はカナダの紋章、裏面は国王エリザベス2世がデザインされています。

【捕食者と獲物 ホッキョクウサギ アート様式25セント金貨】

2017年発行の25セント金貨で、品位は金999(24金相当)です。

カナダの動物シリーズのひとつです。キツネとウサギがデザインされています。

直径1.1センチとサイズは小さいですが、精巧な作りが特徴です。

価格が手ごろなため、今後価値が出そうなカナダコインだと言えるでしょう。

【健康の恵み 猿と桃150ドル花形金貨】

2016年発行の150ドル金貨で、品位は24金相当(金999)です。

健康祈願の思いがこめられたコインで、中国とカナダ両国による金貨となっています。

表面は猿(長寿の象徴)が描かれており、桃の花と実も縁起のよい数(9と8)で成り立っています。

発行枚数も縁起を担いだ588枚と少なく、価値があります。

【カルガリー冬季五輪記念100ドル金貨】

1988年発行の100ドル金貨で、品位は金583。

同年カナダのカルガリーで開催された冬季オリンピックの記念金貨です。

【スーパーマン誕生75周年記念硬貨】

カナダで誕生した「スーパーマン」の誕生75周年を祝う記念硬貨です。

王立カナダ造幣局から発行されたカナダコインは7種類あり、額面は50セントから75ドルで、金、銀、白銅製があります。

金貨の発行枚数は2000枚と少なく、今後さらに価値が高まると予想されます。

カナダコインはネックレスやペンダントトップとしても販売されています。

その特徴や価値についても触れていきましょう。

【カナダコインのネックレス】

メイプルリーフコイン付きネックレスは人気があり、取引しているコイン専門買取店もあります。

コインのデザインや純度は同じですが、ネックレスチェーン部分の純度が低い場合がほとんどです。

買取してもらう際は、チェーンの純度(18金など)に応じ、重量によって査定する傾向があるため、その点に注意が必要でしょう。

【カナダコインのペンダントトップ】

メイプルリーフがペンダントトップに加工されたものも取引されています。

こちらはコインが取り外し式になっており、買取時にはコインと外枠とが別で査定されることが多いようです。

仕組みはネックレスと似ています。

ジュエリーに使用されるコインは、1/2oz 、1/4oz、1/10ozオンスクラスの軽いものが多くなっています。

カナダコインの相場と買取価格の変動

カナダコイン買取

カナダコインは種類によって買取価格の相場が異なります。

種類ごとの買取価格について解説しましょう。

 

カナダコインの価格変動

カナダコインの相場は、貴金属(金、プラチナ、銀)の価格変動が大きく関係しています。

貴金属でできているコインは、貴金属の相場が上昇すると高値になり、下降すれば低値になる傾向があります。

貴金属の相場が上昇する要因はさまざまあります。

需要と供給バランスで需要が高まれば相場は上昇しますし、地政学リスク(戦争、国の財政破綻、大企業の倒産など)が生じた場合も上昇する傾向があると言われています。

ただし、コインの場合は貴金属の相場だけでなく、希少性やコレクターの需要もかかわってきます。

カナダコインの価格変動は貴金属の相場が100%影響しているとは言えず、さまざまな要因が関係していると言えるでしょう。

以下で、種類ごとの価格相場について解説します。

【メイプルリーフ】

世界中で人気があるため、付加価値が上乗せされた価格で取引されています。

かなり高額な買取価格が期待できるコインだと言えるでしょう。

また、発行年数が古いものほど人気が集まる傾向が見られます。

【モントリオール五輪100ドル金貨】

純度の異なる金貨が2つ出ている珍しいコインであるため、プレミア度が高く買取価格は期待できます。

ただし、純度により買取価格が約2倍違う点に注意が必要です。

【カナダ連邦100年記念20ドル金貨】

純度が金900とやや低いことから、買取価格は低めの印象です。

100年記念というプレミア感で購入した人が多かったことも影響しています。

【捕食者と獲物 ホッキョクウサギ アート様式25セント金貨】

純度は高いですが、人気がある動物シリーズのため保有者が多く、高い買取価格は期待できません。

重量が軽い点も関係しています。

【健康の恵み 猿と桃150ドル花形金貨】

縁起がよい数字を多く使ったコインで、発行枚数が少ないことから、コレクター以外の人にも人気があります。

買取価格は標準からやや高めです。

【カルガリー冬季五輪記念100ドル金貨】

純度が低く、流通量も多いことから、買取価格は平均並みまたはやや低いと言えます。

コイン買取専門店によって買取価格が変わる可能性があるでしょう。

【スーパーマン誕生75周年記念硬貨】

発行枚数が少なく、スーパーマンコレクターのあいだで話題になったカナダコイン。

金貨は販売価格が高かったため、高額買取が期待できます。

ただし、銀貨などは手ごろな値段ということもあり、高額買取は期待できません。

カナダコインを売りたいときは?

カナダコインを売る方法はさまざまあります。

まず、インターネットオークションやフリマアプリなど、インターネットを介した売却方法があります。

また、質屋、リサイクルショップなどの実店舗へ持ち込む方法もあるでしょう。

さらに、コインを取り扱う買取店に買取ってもらう方法もあります。

カナダコインの買取の場合は、便利な「メール査定」を使って簡単に査定してもらうことも可能です。

 

メール査定とは?

カナダコインを買取専門店に売る一般的な方法として、店頭買取と出張買取と宅配買取があります。

直接持ち込む方法が店頭買取、自宅に来て査定してもらう方法が出張買取、コインを配送して査定してもらう方法が宅配買取です。

最近では、コインの画像をメールに添付して査定してもらえるサービスを行っている買取専門店も増えてきました。

この方法だと、手軽に複数の買取専門店から相見積もりをとることが可能になります。

カナダコインは信頼性が高く、買取専門店に所属する鑑定士は画像だけでも判断可能なケースがほとんどです。

スマートフォンで撮影したものでも、細かいキズはチェックできるため、メール査定は正確性が高くなっています。

カナダコインの買取は買取専門店がおすすめ!

コイン買取専門店には、知識があり経験豊富な鑑定士がそろっており、カナダコインの価値を正しく判断してくれます。

ほかの買取店(リサイクルショップなど)だと、ただ金の純度と重量だけで査定額を決める可能性が高く、損をする可能性があります。

また、インターネットを介して売ると、偽物と本物の見分けがつかず、トラブルになるリスクが生じます。

さらにコインのニーズがないサイトを利用した場合は、買値がつかない可能性もあるため、あまりおすすめしません。

これらに対して、コイン買取専門店では、コレクターへの需要やコインの価値を常にチェックしているため、期待した買取価格を提示してくれる可能性が高くなります。

カナダコイン売却時の注意点

コイン買取専門店によっては、査定時に手数料が発生する場合があります。

一般的に査定料は無料ですが、鑑定料や手数料としてコストがかかる可能性があるため、事前に確認したうえで査定してもらいましょう。

カナダコイン高額買取のポイントは?

カナダコインの状態によって価値は変わります。

新品未開封で発行年数が古いものだと、高額買取が期待できます。

保存する際は、キズがつかないよう箱や袋にしまい、直射日光を避けたほうが安心です。

また、購入時の付属品(袋や証明書など)がある場合は、一緒に査定してもらうと高額買取につながります。

また、あまり価値が見込めないカナダコインでも、まとめて買取してもらうことで高額買取になるケースがあります。

手持ちのカナダコインが複数枚あるなら、その点をアピール材料に交渉してみる手も有効です。

 

カナダコインの売り時はいつ?

カナダコインの種類(金、プラチナ、銀)ごとに、価格変動は異なります。

売却する前は、必ず貴金属の相場をチェックしましょう。

1ヶ月といった短いスパンではなく、少なくとも数ヶ月から数年分の動向を見ていくと、将来的に取引価格が上昇するか下降するかが見えてくる場合もあります。

高値が安定して継続しているときが売り時と言えるでしょう。

また、コイン買取専門店の特徴を知っておくことも大切です。

店舗によっては、特定のコインを一時的に買取不可にすることがあります。

たとえば在庫がなく、造幣局からの安定供給の見込みが立たない場合、販売できない状態となるため買取不可とするケースです。

コイン買取専門店では、外貨をどう扱っているか把握しておきましょう。

 

おわりに

今回は、カナダコイン買取に関する情報をまとめて紹介しました。

買取価格は変動するため、常に相場を意識することが大切です。

また、高額買取を狙うためには、コイン買取専門店の選び方も大切になってきます。

コイン販路の規模、鑑定士の有無、貴金属の買取価格などをチェックし、高値で買取ってくれるお店選びをして、納得のいくコイン売却を目指しましょう。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

古銭処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!