切手コラム

切手の整理や保管のために必要な道具や方法とは?

切手の整理や保管のために必要な道具や方法とは?

趣味に然り仕事に然り、切手をたくさん持っていると保管方法に悩んでしまいます。

「新しく買った切手を綺麗に保管したい」「使用済みだったりバラバラだったりする切手を一まとめにしたい」とお考えの方も多いでしょう。

ここでは切手を綺麗に整理・保管する方法や、保管するために必要な道具などを紹介します。

切手が折り曲がったり丸まったりすることを予防して、美しい状態を少しでも長く保てるように、日頃から保管方法に注意してみてください。

また、切手の上手な剥がし方もまとめましたので、気になる方は是非ご覧ください。





切手の保管に必要なモノ

切手の保管に必要なモノ

切手の美しさを長期間保つためには、どのように保管したら良いのでしょうか。

まずは切手を綺麗に収納するための道具について解説します。

ルーペとピンセットのご用意を

切手を綺麗な状態のまま収納するには、まずルーペとピンセットが必要です。

切手を郵便物に貼って使うのではなくコレクションとして持っているのであれば、この2点は必需品と言えるでしょう。

切手は小さい紙に細かな図柄が描かれているので、ずっと鑑賞し続けたり他の切手と見比べたりすると目が疲れてしまいます。

また、切手は指先についた微かな汗や皮脂などで化学反応を起こし、そのまま放置すると素材が脆くなって変色したり破れやすくなったりします。

これらの要因を避けるべく、切手に見たり触れたりする際は、ルーペとピンセットを準備しましょう。

ルーペがあれば目が疲れにくくなりますし、ピンセットがあれば切手の劣化を防ぎやすいです。

特にピンセットは持ち手部分が長く、先が丸い形状をしているものを使うと、切手を優しく掴めるのでおすすめです。

どちらも100円ショップで売っているもので良いので、早速用意してみましょう。

切手保管の専用ファイル・ストックブックも便利

切手保管の専用ファイル・ストックブックも便利

ストックブックとは、切手を保管するための専用ファイルです。

厚紙に細長い透明フィルムが貼り付けられており、その間に切手を収納します。

ストックブックを利用して切手を整理すると、切手同士が擦れづらく、シワになったり丸まったりする可能性が低くなります。

また、ストックブックを開けば切手の表面がすぐ見えるので、見栄えがとても良くなります。

「切手をじっくり鑑賞したい」「傷まないように保管したい」という方にとっては必須アイテムです。

ストックブックには表紙のデザイン性が高かったり、数冊セットで販売されていたりするなど、様々な種類があります。

材質や容量にもよりますが、1000円以下で入手できるものも販売されていますので、是非とも用意しておきましょう。

切手保管の専用ケースもある

ストックブック以外にも、バラ切手(1枚1枚が連結していないバラバラの状態の切手)を1枚ずつ取り出せる便利グッズもあります。

マス目になっている収納スペースにバラ切手を1枚ずつ縦に積み重ねて入れ、取り出したい切手を押すと底のバネが切手を跳ね上げ、1枚ずつ摘まみ出せるという仕様のケースです。

一目でどんな切手がどこに入っているかがストックブックよりも分かりやすいので、柄ごとや額面ごとに収納すれば見たい・使いたい切手がすぐに取り出せるのでおすすめです。

「切手をトコトン綺麗に保管したい」「切手を大量に持っているので整理整頓したい」という方は、ルーペ・ピンセット・切手保管の専用ファイル(ケース)の3点を使いましょう。

切手の綺麗なはがし方

切手の綺麗なはがし方

「切手の額面を間違えて封筒に貼ってしまった」「郵便物にデザインが可愛い切手が貼られていたから保管したい」など、一度封筒やハガキに貼られた切手を剥がしたい時もあるでしょう。

この項目では、切手の綺麗な剥がし方についてレクチャーしますので、切手をよく使ったり収集したりしている方は必見です。

切手の剥がし方は、水・アイロン・冷蔵庫を使う3つの方法が代表的です。

※ただし、配達された郵便物に貼られた切手を「消印が切手自体に被っていないから」といって他の郵便物に貼り付けて再利用することは、立派な犯罪ですのでやめましょう。

切手の水はがしの方法

水はがしとは封筒から切手を切り落として、水かぬるま湯になじませてから切手に付いた封筒の紙をはがす方法です。

水はがしの手順は以下の通りです。

・切手周りを3~5mmほど余白を残して切り取る

・大きめの容器に水か人肌程度のぬるま湯を入れて、切り取った切手を浮かべる

・5~10分したらピンセットで取り出して切手を丁寧にはがす

・切手の上にタオルを乗せて手で優しく水分を押し出す

・切手を乾かす時は平らな場所に貼り付けて反り返りを防ぐ

ただし、水はがしは以下の注意点があります。

水はがしの準備をするとき

・まだ使える封筒やはがきを切り落とさなくてはいけない

切手をお湯に浸すとき

・浸すお湯の温度が高すぎると切手のインクが変質する

・水はがしを行うと切手の糊が溶けて水が白く濁るので、連続して水はがしを行う場合はきれいなぬるま湯や水と取り替える

・ぬるま湯に長時間浸しすぎると切手が破けてしまうことがある

切手を拭いて乾かすとき

・切手の表面が濡れたままだと、シミができたり消印が消えたりすることがあるので、しっかりタオルで水気を取る

・切手を拭き取るときに新聞紙を使うと切手がインクで汚れてしまう

・切手を乾かすときは直射日光を避けて陰干ししないと色焼けする恐れがある

水はがしは注意しなくてはいけないことが多いです。

しかし、切手が大量にあっても、まとめて水はがしをすれば一気に切手の整理が進むでしょう。

アイロンを使う

アイロンを使う

切手の上に水で湿らせたタオルを乗せてアイロンを当てる切手を剥がす方法です。

切手の上に濡らしたあて布を被せ、中~高の温度設定にしたアイロンを当て、糊を周りから少しずつ熱で溶かしていきます。

10分ほどアイロンをかけ続け、あて布が乾燥してきたら切手を剥がせる頃合いです。

切手の真ん中辺りは糊が残りやすいので、もし剥がしづらかったら再度あて布を濡らしてアイロンをかけてください。

ただし、行う際はヤケドしないように注意する必要があります。

また、アイロンを持っていない人や使い慣れていない人は、他の方法を試すと良いでしょう。

冷蔵庫を使う

切手の付いている封筒やはがきを、冷蔵庫に20~30分ほど置いて剥がす方法です。

切手の貼られた封筒やハガキごと冷蔵庫に入れて20~30分待つと、糊が乾燥して剥がれやすくなります。

冷蔵庫の中は常に冷気が循環しており、部屋よりも乾燥している環境が保たれているためです。

冷蔵庫に入れる際は、食品や飲料が庫内にこぼれていないか、強い匂いを放っている食品がないかなど、汚れや匂いが切手に移らないように注意してください。

紹介した3つの方法について共通して言えるのは、無理して切手を剥がさないことです。

強引に切手を剥がしてしまうと、切手が破れる恐れがあります。

少しでも切手が剥がれづらいと感じたら、無理に封筒やハガキから引き離さずに、また水に浸し直したり、冷蔵庫に入れたりしましょう。

ストックブックでの保管方法

ストックブックでの保管方法

切手をストックブックで保管する際は、厚紙と透明フィルムの間に切手を挟みこめば完了です。

しかし、もう一工夫することで、さらに見栄え良く切手が保管できるようになるかもしれません。

「ストックブックでより綺麗に切手を保管したい」という方は、以下で紹介する方法を足してみましょう。

ヒンジを用いた切手保管の仕方

ヒンジとは、茶色く薄い糊のついた紙のことで、湿らせて使います。

切手の裏面にヒンジを貼りつけ、台紙にヒンジのついた切手を貼って保管します。

糊づけをした切手を台紙に貼るつけるので、切手がしっかり固定されるので折れや破れの心配がないことがメリットです。

しかし、一度ヒンジを切手に貼り付けると「ヒンジ跡」という跡が残ってしまうデメリットがあります。

「ヒンジ跡がついても構わない」「切手を固定して保管したい」という方は使用してみましょう。

マウントを用いた切手保管の仕方

マウントとは、2枚重ね合わせたフィルムのことで、間に切手を挟んで収納します。

マウントに切手を挟んだら、カッターやハサミなどを使って好きな大きさに切り分け、ストックブックにて保管します。

最大のメリットは、フィルムの間に切手を入れるだけなので、切手の裏にヒンジ跡がつく心配がないことです。

両面とも跡がつくことなく綺麗に保管できますが、固定はしてませんのでストックブック内でズレ動く可能性があることに注意してください。

コレクション目的で切手を集めており、「切手の表面も裏面も汚すことなく保管したい」という方は、持っておいて損はないアイテムと言えるでしょう。

ストックブックやアルバムを使わない簡単な保管方法

ストックブックやアルバムを使わない簡単な保管方法

「ヒンジやマウントを使うのが面倒くさい」「コレクション目的で切手を持っている訳ではないので、とにかく1箇所にまとめられれば良い」という場合は、100円ショップで売っているような簡易なケースに保管しましょう。

大きい箱や袋で大雑把にしまうと、中で切手同士がぶつかって傷がつく恐れがあります。

そのため、最低限、切手を少量に分けて収納することに努めましょう。

100円ショップのプラスチックケースを使う

切手をしまうケースの素材は、プラスチックがおすすめです。

例えば木材だと木の匂いが切手に移り、紙だと折り目の隙間から切手が抜け落ちる可能性があるためです。

プラスチックは丈夫なので落としてもケースが壊れる心配がないですし、匂いが移ったり切手が行方不明になったりしにくく、また安価なのでおすすめできます。

特にピアスや薬の錠剤を入れるような、小さな仕切りがあるタイプであれば、額面ごとやデザインごとなど好きなように区分けできるので便利です。

100円ショップのタッパーを使う

「切手の額面やデザインは気にしないから、とりあえず一か所にしまいたい」という場合、タッパーを使うことをおすすめします。

タッパーは蓋がカチッとしまるので切手がバラける心配がなく、積み重ねてしまえるので狭い収納スペースしか確保できなくても問題ありません。

一気に数枚~数十枚の切手が取り出せるので、一度にたくさんの切手を使う機会がある方にとってはタッパー収納は使いやすいでしょう。

ただし、仕切りがないので切手が揺れ動き、切手に汚れがついたり折れたりする可能性があることに留意してください。

チャック付きポリ袋に保管する

チャック付きポリ袋に保管する

チャック付きポリ袋を利用すると、スムーズに使いたい切手を取り出すことができます。

切手を額面ごとに分け、マジックで何の切手が何枚入っているかを記載すれば、どの袋にどんな切手がどれくらい入っているのか一目瞭然です。

また、チャック付きポリ袋はサイズが豊富なので、バラ切手以外にも数枚つづりの切手を一つの袋に入れられます。

切手を小分けにしてまとめたい方におすすめできる保管方法です。

お菓子の空き缶に切手を保管する

使い道がないお菓子の空き缶を利用して切手を保管できます。

しかし、ただ空き缶のまま引き出しの中にしまっていたり、棚に飾ってインテリアにしたりすると、少々もったいないかもしれません。

入れるものがないままインテリア代わりになっているお菓子の空き缶を、切手の整理に活かしてみましょう。

お菓子の空き缶は光を通さないので切手の変色を防げ、いくつか空き缶を持っていたらデザインによって切手を仕分けられます。

切手の保管や整理の方法まとめ

切手の保管や整理の方法まとめ

切手保管に必要なものとしては、収納ケースやファイルはもちろんですが、切手コレクターであればルーペやピンセットも挙げられます。

どちらも100円ショップで売っているような簡易なもので構いませんので、ぜひ用意してみましょう。

切手を封筒やハガキから剥がすには、水・アイロン・冷蔵庫などを使う方法が挙げられます。

それぞれメリット・デメリットがあるので、よく考えてから切手を剥がしてください。

ただし、切手が剥がしにくいのに無理やり剥がすと千切れる恐れがあるので、丁寧に剥がすように気を付けてください。

切手専用のストックブックであれば、折れたり破れたりする心配がなく、また見栄えも美しく保管できるのでおすすめです。

また、切手を鑑賞せずに実用する機会が多ければ、100円ショップで売っているピルケースやタッパーなどを活用すると便利です。

切手をコレクションして眺めたいのか、すぐに取り出して使えるよう効率的に収納したいのか、用途によって整理方法を決めてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!