切手コラム

「切手収集」は衰退しているって本当?切手を高く売るためのポイント

  • 収集した切手
  • 今や懐かしの趣味となっている切手収集ですが、切手ブームの頃には「趣味の王道」といわれていました。ここでは、なぜ切手収集ブームが衰退しているのか、切手を高く売るためのポイントなどについて説明していきます。

    切手収集ブームとは?

    切手収集といえば、ピンセットで指紋がつかないように丁寧に切手を挟み、ファイリングしている様子を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。子供の頃に集めていた人や家族が集めていたという人もいることでしょう。切手収集が流行していた当時は「趣味の王道」と呼ばれるくらい人気がありました。日本で切手ブームが起きたのは1960年代頃になります。デザイン性に惹かれての収集と、価値が高い切手を投機的に収集する人がいました。その後、大量に記念切手などが発行されたためプレミア感がなくなり、次第にブームが収束する流れとなりました。

    なぜ切手収集は衰退しているの?

    切手収集家は、期間限定で発行される記念・特殊切手を好んで収集していましたが、発行数が多くなり、収集が追いつかなくなったのが原因だと考えられています。コレクターとしては、未収集のものがあるのは心理的に好ましくないため、手の届くものから収集していくのですが、次から次に切手が発行されるようになり、プレミア感も薄れて収集意欲が減少したことが大きな理由ではないでしょうか。また、昔は切手をシート単位ではなく1枚からでも購入できたので、小額で収集でき、子供もお小遣いやお年玉で切手収集をしていました。現在は、切手は10枚や20枚などのシート単位での購入が主となっているので、そのうちの特定の切手を収集したいので1枚だけ購入するということがやりにくいようです。

    まだまだ切手コレクターは健在

    切手収集は昔の大ブーム期と比べると衰退してはいますが、まだまだ切手コレクターは健在です。綺麗なデザインの切手を集めたり、自分の好きなテーマに絞ったりして収集を続ける人たちもいます。昔の荒っぽいデザインの切手が好きな人もいれば、最近の印刷技術で綺麗に印刷されているものも好きという人もいます。お金をかけずに切手収集を行うために、使用済み切手を集めるという楽しみ方もあるようです。なるべく消印がかかっていない綺麗な切手を集めたり、反対に珍しい消印の文字や種類を収集したりするツワモノもいて、未使用切手のコレクションとは別の魅力があります。

    集めていた切手を高く売るには?

    本格的に切手コレクションをしてきた人は、膨大なファイル数になっていることでしょう。それを見返すのがコレクションの楽しみではありますが、そろそろ切手を売りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。自分や家族の切手を売りたい人は、買取ショップで売るのがおすすめです。切手の買取を積極的に行っている業者を探し、そこで買取査定に出すようにすれば、安心して買い取ってもらえます。買取価格が切手の額面を割っていたら売らなければ良いので、まずは気軽に買取査定に出してみるのも一つの方法です。切手の数がたくさんある場合は、まとめて査定を依頼すると高値で売れる可能性があります。中には思わぬお宝になる切手も存在するので、手元にある切手の種類と価値を買取にだす前にインターネットや書籍などで調べておくのもポイントです。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報