切手コラム

意外と知らない!収入印紙の金額にまつわる話

収入印紙買取

領収書を発行する際によく使用される収入印紙ですが、様々なシーンで活用されています。

改めて尋ねられると、うろ覚えの人も意外に多いのではないでしょうか。そこで、収入印紙の金額に関する情報をまとめてみました。

収入印紙が必要な領収書の金額

為替手形を発行する際は収入印紙を貼る必要がですが、その金額はいくらからご存知な方はどのくらいいるのでしょうか。

3万円だと思っている人もいるかもしれませんが、それは過去の話です。

2014年4月より印紙税法の一部が改正され、現在では、5万円以上の領収書やレシートなどに限って収入印紙を貼ることになっています。

ただ、気をつけてほしいのは、5万円以上というのはあくまでも税抜の金額です。

たとえば、48,000円の商品を購入し、そこに消費税8%を加えて51,840円を払ったとしても領収書に収入印紙を貼る必要はないのです。

必要な場合は消費税抜きでいくらになるかを計算してみましょう。

領収書の金額によって異なる収入印紙の額面

領収書に貼る収入印紙の額面について、5万円以上の領収書には200円の収入印紙を貼れば大丈夫だと思って人がいるかもしれません。

しかし、実際は収入印紙の額面も変わってきます。

5万円以上、100万円以下の領収書に貼る収入印紙は200円ですが、これが100万円を超えると400円の収入印紙が必要になります。

さらに、200万円を超えると600円、300万円を超えると1000円、500万円を超えると2,000円といった具合に、領収書の金額が増えるごとに収入印紙の額面も高額になるので注意が必要です。

領収書や為替手形に貼る収入印紙の最高金額は、10億円以上の時に必要な20万円です。

収入印紙を貼り忘れると3倍払いのペナルティ

収入印紙が必要な為替手形などは、貼ることで税金の支払いも行っています。

ですので料金が不足していたりすると過怠税が発生し、不足分の3倍の金額を納めなくてはなりません。

また、収入印紙は上から消印を押して初めて税金を納めたことになるのです。

したがって、収入印紙に消印を押し忘れていた場合も過怠税として消印を押していない収入印紙と同じ金額を納める必要があります。

ただし、ミスに気が付き、自分から貼り忘れや不足していたことを申し出れば、納める金額は不足分の1.1倍ですみます。

一方で、収入印紙を故意に貼らなかった場合は法律違反として罰則の対象となるケースもありますので注意しましょう。

近所に金券ショップがない時に便利な、収入印紙の出張買取サービス

収入印紙は郵便局で購入できるほか、金券ショップを利用すると便利でお得です。

実は金券ショップでは収入印紙が数%値引きされて販売されており、額面が200円の収入印紙の場合は、2%引きの196円で購入可能な場合もあるのです。

1枚や2枚の場合は大した違いはありませんが、会社の在庫として100万円分の収入印紙を購入すれば2万円の節約となります。

また、逆に購入した収入印紙が不要になった場合には、買取に出すことができます。

近年、収入印紙を始め切手や金券は、出張買取サービスを利用して買い取ってもらうことができます。

業者が直接自宅や会社に訪れて査定を行ってくれるので、金券ショップなどに持ち込む手間が省けますのでとても便利なサービスです。

しかも、大抵のところでは、出張料や買取キャンセル料は無料なので手軽に利用ができます。

収入印紙はビジネスシーンでの用途が多いこともあり、折れ目や破けなど保管の際の状態劣化が査定額に大きく影響を与えることもあるので、注意しましょう。

不要な収入印紙をお持ちの方は劣化や傷による価値の低下を招く前に、早めに現金化することをおすすめします。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報