切手コラム

コレクターでなくてもおさえておきたい、10円切手価値を決めるポイント

10円切手の価値

切手は郵便物に貼るだけでなく、収集を趣味とするコレクターがいます。

コレクターから人気の切手には額面以上の価値がつき、驚くほどの高額で取引されていることがあります。

ここでは、買取の際に役立つ切手の価値についてまとめました。

切手にはコレクターがいる

切手に額面以上の価値が生まれる理由としてコレクターの存在が挙げられます。

かつて、切手は大量コレクションの代名詞ともいえる対象物でした。

バリエーション豊富な切手を収集することに、やりがいとロマンを見出している人がたくさんいたのです。

今でも数は少なくなりましたが、切手コレクターは活動を続けています。

コレクターがもっとも欲しがるのはプレミア価値がついている切手です。

発行当時はありふれた存在だった切手が後になって、いろいろな理由から特別な価値がつくことが稀にあります。

コレクターはそんな切手を手に入れるために日々情報収集し、金額が高くなっても買い取る用意をしています。

10円切手にもプレミア価値がつくことが

プレミアがつけば、たとえば10円切手価値も大きく跳ね上がります。

プレミア価値がつく要因として、まずは切手の希少性です。

発行部数が少ない切手は手に入りにくくなるため、コレクターの中で人気が出るのです。

絵柄が有名人や観光名所などのポピュラーなものであれば、さらに価値は上がるでしょう。

しかし、希少性のある切手なら何でも高額がつくわけではありません。

コレクターは美しい保存状態を好みます。

鑑賞用に切手を収集するために見た目の良さにこだわるのです。

コレクターの間では、使用済みの切手よりも未使用でシートのまま切り離されていない切手の方が価値はあるとされています。

使用済み切手の方が高額になる場合も

しかし、いくつかの例外では使用済み切手の方が、未使用の切手よりも高額で取引されています。

たとえば、東京オリンピックなどのイベントに合わせて発行された記念切手です。

オリンピックの切手であれば発行数が大量にあるので、現在での切手自体の価値は額面通りか、やや高くなる程度です。

しかし、使用済み切手であれば事情は変わってきます。

東京オリンピックのあった1964年の間に使用されたことが証明される消印がついていれば、プレミア価値がついて10円切手価値も数十倍にまでなります。

オリンピックに限らず大きな祭典や式典の記念切手であれば、当時の消印があるだけで価値が上がるので切手が保管してある家は一度チェックしてみるといいでしょう。

いらない切手は買取査定をしてもらおう

もしも価値がありそうな切手が出てきた場合には、プロフェッショナルの査定を受けることをおすすめします。

インターネットが発達した時代では、オークションにかけたり、コレクターと直接やりとりをしたりした方が、買取業者に出すより手っ取り早いと思う人もいるでしょう。

しかし、コレクターは価値のある切手をできるだけ安く買いたいと考えています。

交渉にも慣れている彼らに実際の価値よりもはるかに安く売ってしまえば、後になって後悔する可能性があります。

そうならないためにも、まずは出張買取サービスなどでプロフェッショナルの査定を受けて適正価格で買い取ってもらった方が確実にメリットを得られます。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報