切手コラム

切手を売りたい人必見!売る場所や高く売るためのコツとは?

  • 高く売りたい人
  • 家族が集めていた切手をもらったけれど、不要なので処分したいという人はいるのではないでしょうか。また、集めた切手を売りたいけど、売る場所が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。ここでは、切手の種類や売る場所、切手を高く売るためのコツなどについてお伝えします。

                       

    さまざまな切手の種類

    切手と一言でいってもたくさんの種類があります。切手には、郵便局で販売している「通常切手」、一定枚数のみ発行される「記念切手」「外国切手」などがあります。希少性のある記念切手は高額で取引されるものもあります。家族がコレクションしていた切手を譲り受け、ただ保管しておくのはもったいないので売りに出したいと考えている人もいるようです。切手の種類によっては大変高値がつくこともあるので、手持ちの切手の価値を事前に調べておいて、買い取ってもらうのもひとつの手段になります。

    切手はどこで売ることができるの?

    切手を売る場所はどこがいいのか、どこで売ることができるのかと疑問に思っている人もいるでしょう。切手は買取サービスを行っているお店やインターネットの買取業者などに買い取ってもらうことができます。切手を売るために必ずしも自分でお店に行く必要はなく、買取業者が自宅に買取に来てくれたり、切手を宅配で送って買い取ってもらえたりします。多くの場合は出張買取、宅配買取が無料なことがほとんどなので、安心して買取してもらえます。賢く活用して手持ちの切手を売ってみてはいかがでしょうか。切手買取専門店などもあって、高額で切手を買い取ってもらいやすいのです。

    こんな状態でも大丈夫!

    未使用の切手はもちろん、期限切れになっている記念切手の買取もOKです。さらには、使用済みの切手も買い取ってもらうことができます。端っこが少し破れていたり、折り目がついたりしていても買取可能なお店が多いです。もちろん、切手の保管状態が良ければ高値がつきやすくなりますが、切手の状態を気にして売れないと思い込んでいるようなら、一度査定に出してみるのをおすすめします。また、大切にコレクションしていてファイルが何十冊もある場合など、膨大な量をまとめて売ることで買取価格が上昇することもあります。中には、プレミアがついている切手もあるので、自分が思っていたよりも高額な買取価格になることがあるのです。

    切手を高く売るためのコツとは?

    家族の遺品などで大切な切手コレクションを譲り受ける人もいます。興味がなければ、膨大な切手の処分にどうしたらいいものかと困ってしまうかもしれません。あらかじめ売りたい切手の額面合計を計算しておけば、額面価格と買取価格に大きな差がある時は買取を断ることができるので、額面価格を頭に入れておくのがポイントです。切手の保管状態によって価格が低く見積もられることもあるので、保管状態も確認しておきましょう。切手は価格の変動があるので買取価格表を出しているお店と、出していないお店があります。買取価格表を出しているお店は、事前に他のお店と比較することも可能なので安心です。切手の価値を正しく鑑定してもらうために、信頼できる鑑定士がいるお店を利用するのもポイントです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報