切手コラム

切手を売りたい人必見!売る場所や高く売るためのコツとは?

高く売りたい人

家族が集めていた切手をもらったけれど、不要なので処分したいという人はいるのではないでしょうか。

また、集めた切手を売りたいけど、売る場所が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。

ここでは、切手の種類や売る場所、切手を高く売るためのコツなどについてお伝えします。





さまざまな切手の種類

切手と一言でいってもたくさんの種類があります。切手には、郵便局で販売している「通常切手」、一定枚数のみ発行される「記念切手」「外国切手」などがあります。

希少性のある記念切手は高額で取引されるものもあります。

切手の収集は近年趣味としての人気は下火となっていますが、昭和40年代、戦後の日本では多くの人が熱中していました。

記念切手の発売日の郵便局には朝早くからコレクターの長蛇の列ができていたようです。

そのため家族がコレクションしていた切手を譲り受けたという話も少なくありません。

しかし、切手に興味がなくただ保管しておくのはもったいないということで売りに出したいと考えている人もいるようです。

切手の種類によっては大変高値がつくこともあるので、手持ちの切手の価値を事前に調べておいて、買い取ってもらうのもひとつの手段になります。

切手はどこで売ることができるの?

切手を売る場所はどこがいいのか、どこで売ることができるのかと疑問に思っている人もいるでしょう。

切手は買取サービスを行っているお店やインターネットの買取業者などに買い取ってもらうことができます。

切手を売るために必ずしも自分でお店に行く必要はなく、出張買取という買取業者が自宅に買取に来てくれるサービスや、切手を宅配で送って買い取ってもらえたりもします。

多くの場合は出張買取、宅配買取は手数料などが無料なことがほとんどなので、安心して買取してもらえます。

賢く活用して手持ちの切手を売ってみてはいかがでしょうか。

また切手買取専門店では、リサイクルショップなどよりも高額で切手を買い取ってもらえるかもしれません。

切手を売るときにはこんな状態でも大丈夫!

切手シート

未使用の切手はもちろん、期限切れになっている記念切手の買取もOKです。さらには、使用済みの切手も買い取ってもらうことができます。

希少価値のある切手なら、使用済みでもコレクターは多く、使用済みの切手のみを収集している方もいるようです。

状態に関しても、端っこが少し破れていたり、折り目がついたりしていても買取可能なお店が多いです。

もちろん、切手の保管状態が良ければ比例して買取価格は高値がつきやすくなりますが、切手の状態を気にして売れないと思い込んでいるようなら、一度査定に出してみるのをおすすめします。

また、大切にコレクションしていてファイルが何十冊もある場合など、膨大な量をまとめて売ることで買取価格が上昇することもあります。

中には、プレミアがついている切手もあるので、自分が思っていたよりも高額な買取価格になることがあるのです。

そして忘れてはいけないのが切手がシートなのか、バラなのかという点です。切手の買取では、状態を査定する上で「目打ち」が重要な確認項目となっています。

切手を使ったことがある方はご存知かと思いますが、切手はシート状から一枚に切り離しやすいように「目打ち」と呼ばれる小さな穴が開けられています。

切手のコレクターにとって目打ちの美しさは大きなポイントとなっています。シートの切手の場合、そもそも切り離されていないので目打ちが完璧な状態ということになります。

もちろん、切手をバラで売ることも可能ですが、このような経緯もあり、シートの切手のほうが高値で取引されているようです。

切手を高く売るためのコツとは?

切手アルバム

家族の遺品などで大切な切手コレクションを譲り受ける人もいます。興味がなければ、膨大な切手の処分にどうしたらいいものかと困ってしまうかもしれません。

あらかじめ売りたい切手の額面合計を計算しておけば、額面価格と買取価格に大きな差がある時は買取を断ることができるので、額面価格を頭に入れておくのがポイントです。

また切手の保管状態によって価格が低く見積もられることもあるので、保管状態も確認しておきましょう。

切手をシート状でお持ちの方はシートから切り離し一枚一枚バラで売るのではなく、可能な限りシートの状態のまま買取に出すことをおすすめします。

加えて切手は価格の変動があるので買取価格表を出しているショップと、出していないショップがあります。

買取価格表を出しているお店は、事前に他のお店と比較することも可能なので安心です。

いずれにせよ切手の価値を正しく鑑定してもらうために、信頼できる鑑定士がいるお店を利用するのもポイントです。

現在も切手の収集家は多く、中国人バイヤーが中国切手の買戻しを行っていることもあり、切手は買取市場でも需要があります。

しかし今後趣味が多様化から切手の収集がさらに衰退していくことも大いに考えられます。

また切手の性質上、保管をする上で多少なりと劣化は避けられないでしょう。 そのため切手を売るタイミングとしては早いに越したことはないといえるでしょう。

「切手を高く売るコツ」、お分かり頂けたでしょうか?ここで紹介したポイントは、切手の買取においてはいずれも重要なポイントです。

これらを踏また上で、切手の売り方を改めて見直してみてはいかがでしょうか?

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報