切手コラム

古切手に隠された驚きの価値!知らないと損する高価買取のヒミツ

切手買取古切手

古切手1枚に何万円もの価値がついて高値がついたなんていうお話はご存知でしょうか。

切手は今では流通数の減少と共に頻繁に使う機会も減ってしまいました。

しかし1970年代前後に空前の切手ブームが起こり、子供から大人まで切手収集に夢中になり、まるで宝物のように大切に扱っていた時代がありました。

やがてブームは去り、高値になる切手はその頃に流通した切手や、それ以前に発行された切手が該当しますが、もしかしたらそんなお宝が今でも押入れの中で眠っているという人もいるかもしれません。

そんな古切手に隠された驚きの価値や高値に繋がる古切手についてご紹介していきます。





古切手の現在の価値や買取相場

1970年代のブームのころであれば、収集した切手をコレクター同士での交換や売買も活発でした。

中には質屋に持ち込んで値段をつけてもらうのが一般的でしたが、その方法では時間がかかりますし、質屋は切手の専門家ではないので買取額もお店によってバラバラでした。

一方、現在では、主に専門の買取店や金券ショップが買取を行っており、豊富な知識に基づいて価値を選定し素早く査定を終わらせます。

肝心の買取価格ですが、収集ブーム以降に発行された切手の場合では、いわゆるプレミア切手のように1枚で何万円もの価値がつくというような切手はあまり該当しないというのが実情です。

過去に人気を博した記念切手も価値が下がっている

ブームのころに集めていた切手の多くは普通切手ではなく、記念切手でした。

記念切手とは何かの企画に基づいて期間限定で発売される切手のことです。

郵便封筒に貼って使うこともできますが、多くの人はコレクション目的で購入していました。

しかし、現在では発行されていないという点では、記念切手も古切手だと言えます。

問題はいくらで売れるかですが、実はほとんどの場合、記念切手も通常の古切手も買取価格他の一般的な切手とそこまで変わらないかもしれません。

つまり、相場としては、額面を下回る可能性があり、それだけ昔に比べて需要や人気がなくなってきているというのが実情です。

記念切手の値段はいずれ上がるものだと期待して収集を行っていた人もいるかもしれませんが、ブームが続いていればの話です。

切手収集が一部の愛好家だけの趣味となってしまった現在では記念切手も供給過多に陥り、そのほとんどは実用性以上の価値を持たなくなってしまったのです。

現在でも高価買取が期待できるプレミア切手

全盛期の時に比べて買取価格が大きく下落した古切手ですが、一部に関しては今も価値があり高値で取引されています。

それは現在でも熱心な愛好家がいて、自分の好きな切手を収集しています。

そのため、彼らがどうしてもほしいと思う切手に対してはコレクター需要があり、高値になる可能性があります。

ただ、昔より愛好家の数が減ってしまったために、プレミア価格のつく切手の種類も少なくなってしまったのは事実です。

今でも古切手で価値が高いものに中国切手が代表され、過去に発行された種類が多く該当します。

国内の切手であれば古切手で昔から有名なものに1949年に発行された美術切手のひとつで、『月に雁』があります。

また、それと双璧をなすのが浮世絵画家・菱川師宣の代表作を切手にしたもので、『見返り美人』です。

この他にも目安としては昭和30年以前に発行された切手は価値があり高値がつく可能性があります。

古切手の価値を見極めるコツ

切手の価値や知識に詳しいコレクターの方はご自身で調べることもできると思いますが、切手の価値に詳しくない方であれば、まずどこで買取をしてもらうかが重要なポイントになります。

古切手の価値にそこまで詳しくないならば、切手を専門で買取している買取業者へ査定を依頼しましょう。

切手の知識にも深く、なにより切手を専門で買取してくれるので価値を見極めてくれます。

古切手の価値という点においては、切手の保存状態にも注意を払う必要があります。

折れ目があったり、変色していたりすると減額されるだけでなく買取対象外になってしまう場合もあります。

まだ切手を売らないのであれば、ストックブックに入れて、直射日光の当たらないところで大切に保存しましょう。

ただ、切手ブームが去ってから数十年。切手の買取価格はゆるやかな下落状況にあると言えます。

今後も切手の収集を続けていくというなら話は別ですが、そうでなければなるべく早めに売ってしまうことをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!