切手コラム

切手コレクションの値段をを決める基準と、価値を上げるポイントについてご紹介

切手コレクションの値段をを決める基準と、価値を上げるポイントについてご紹介

切手集めは趣味の王道として、日本でも1960年代をピークに切手ブームが起こりました。

多くの子供や家族ぐるみで切手をコレクションした時代でもあるので、読者に中にも夢中で切手を集めた方がいるのではないでしょうか。

しかし、今となっては切手ブームも過ぎ去ってしまい、「昔集めていた切手を買い取って欲しい」「持っている切手に今、どのくらいの価値があるのだろうか」と疑問に思っている方もいらっしゃることでしょう。

当コラムでは、切手コレクションの種類や価値について、そして損をしないで切手を買い取るための注意点をお伝えします。

切手を買い取るための参考になれば幸いです。





切手コレクションについて

切手コレクションについて

長年かけて集めた切手の価値が今はどの程度のものなのか、切手コレクターだったら気になるところではないでしょうか。

コレクションとして人気のある切手には「記念切手」や「特殊切手」などの、発行枚数や販売期間があり、図案が特徴的なものが大半です。

まずは、記念切手・特殊切手の中でも人気があるとされている切手の種類と価値についてご紹介します。

切手コレクションの価値とは

1950年代後半から1960年代にかけて日本で起きた切手収集ブームの影響によって、子供からお年寄りまでもが切手収集をしていた時代がありました。

国内で切手ブームが起きたきっかけは不明確ですが、1948年(昭和23年)に発行された5円切手「見返り美人」(菱川師宣画)から、発行枚数に限りがある切手などは高価であるという認識が国内で徐々に広がっていき、切手を集める人が増えていったことが理由です。

「見返り美人」「月に雁(がん)」などの日本画を図案として採用された切手は、その図案の美しさからも多くの人から人気を集め、数に限りがある切手を多くの人が競うように買い求めました。(見返り美人切手は150万枚・月に雁は切手5枚セットで200万枚発行されました)

ですが、切手ブームによって記念切手を買い求める人が急増したことによって、1950年代後半から発行される記念切手の枚数は急増し、発行枚数と反比例するように切手の価値は落ちていきました。

では、切手コレクションとして今も価値のある切手には、どのような種類があるのでしょうか。

参考記事:切手を高く売るためのポイント

オリンピック記念切手

オリンピック記念切手

オリンピック記念切手は、日本国内でのオリンピック開催に合わせて発行された記念切手です。

オリンピック記念切手は過去の「1964年の東京オリンピック」「1972年の札幌オリンピック」「1998年の長野オリンピック」が開催された度に発行されました。

この流れを考えれば、2020年の東京オリンピックでも記念切手が発行されることが考えられます。(2019年6月現在では発行予定のアナウンスはされていません)

過去に発行されたオリンピック記念切手の中でも価値があるとされているのは、1964年の東京オリンピック記念切手です。

ですが、当時は切手ブーム真っ只中ということもあり、かなりの枚数の切手が発行されました。

そのため、現存する枚数も膨大にあることが予想されているため、買取価格は額面ベースでつけられることが考えられます。

そのなかでも、複数枚の切手がセットになっている「小型シート」や、状態の良い未使用の切手であれば、評価を下げずに買い取ってもらえる可能性があります。

「発行枚数が多い切手だから買取価格に安くしまうかな」と諦めずに、まずは切手の買取業者に査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

参考記事:参考ページオリンピック記念切手の現在の買取価格は?プレミアは期待できる?

日本万国博覧会記念切手

「日本万国博覧会記念切手」は1970年に大阪府で行われた万国博覧会を記念して発行された記念切手です。

日本万国博覧会記念切手は、図案を変えて2度発行され、1次切手・2次切手といった2種類が存在します。

発行された切手の額面は「7円」「15円」「50円」で、3枚で1セットになった小型シートで発行をされました。

発行日・発行年数・図案はそれぞれ以下の通りです。

発行日 発行枚数 (額面)図案
1次切手 1970年3月14日 700万枚 (7円)花火とパビリオン
(15円)地球と桜
(50円)尾形光琳の燕子花屏風
2次切手 1970年6月29日 1000万枚 (7円)秋田の竿灯とパビリオン
(15円)地球と万博会場のシルエット
(50円)酒井抱一の夏秋草図屏風

日本万国博覧会記念切手の1次、2次切手の図案で共通するのは「地球」「日本画」「万国博覧会の風景」です。

特に、日本画として図案に採用されている尾形光琳(おがた こうりん)の「燕子花屏風」と酒井抱一(さかい ほういつ)の「夏秋草図屏風」はとても有名な屏風であるため、一度はテレビなどで見かけたことがあることでしょう。

買取価格に関しては、上の表を見てわかる通り発行枚数が多く現存する切手枚数も多いため、額面よりも高くなることは難しいでしょう。

ですが、前述したオリンピック記念切手と同様に小型シートや保存状態の良い切手であれば、価値を下げずに買い取ってもらえる場合もあります。

もしも「日本万国博覧会記念切手」の小型シートをお持ちでしたら、切り取らずにそのままの状態で買取に出しましょう。

参考記事:日本万国博覧会開催記念に発行された万博切手を買取に出すなら

鉄道記念切手

鉄道記念切手

「鉄道記念切手」とは鉄道や電車にまつわる記念ごとで発行される切手です。

例えば、「鉄道記念切手」の中でも、1942年に発行された「鉄道70年記念切手」が日本で最も古い鉄道切手とされています。

「鉄道70年記念切手」は、1872年に日本で初めて鉄道が開通して70年が経過したことを記念して発行された記念の切手です。

図案には黒くて無骨な蒸気機関車が描かれています。

また、鉄道記念切手の発行は今でも定期的に続いていて、日本を代表する様々な電車(鉄道)が図案として採用されています。

電車(鉄道)が図案になっている切手を集めているコレクターに人気のある切手ではないでしょうか。

例えば、2019年現在発行されている「鉄道シリーズ」の切手では、日本鉄道大賞とブルーリボン賞を受賞した鉄道車両が図案として採用されいて、複数の切手がセットになっている小型シートとして発行されています。

第6集まで発行されていて、切手の図案を眺めているだけで、日本における鉄道技術の発展を垣間見ることができます。

買取価格については、国内最古の鉄道切手である「鉄道70年記念切手」ですが、発行枚数が500万枚と多いため、高い買取値はあまり期待することはできません。

しかし、保存状態が良く、シミや破れなどが少なければ査定額を下げずに買い取ってもらえるかもしれません。

見返り美人切手

「見返り美人切手」は、1948年11月29日に発行された特殊切手です。

特殊切手とは、国家的なイベントやキャンペーン、文化財の紹介などを目的として発行される切手のことです。

最近では平成天皇の即位30年を記念して発行された「天皇陛下即位三十年記念切手」や日本の伝統色を紹介する「伝統色シリーズ」などがあります。

「見返り美人切手」は、切手趣味の普及を図る目的で1948年11月29日から始まった「切手趣味週間シリーズ」の第2回で発行された特殊切手でした。

発行枚数が約150万枚と少ないうえ、その珍しい形と美しい図案の影響もあって非常に高い人気を集めました。

珍しい形とは縦67ミリ、横30ミリと当時では珍しい縦に長い切手であるためです。

また、図案は浮世絵師の菱川師宣師が描いた「見返り美人図」が採用されました。

当時、切手の図案に浮世絵が選ばれることが一般的でなかったこともあり、郵便物に貼られていたら剥がされてしまうなどの社会現象が起きるほどの人気を集めました。

今でも切手コレクションの中でも価値がある一つとされていて、保存状態が良ければバラ状態の見返り美人であっても高い買取価格が期待できるでしょう。

しかし、「見返り美人切手」には復刻版として1991年に発行されたカラー版の「見返り美人切手」が存在します。1948年に発行された「見返り美人切手」は、単色で発行されています。

カラー版の「見返り美人切手」に関しては、発行枚数も多く、発行されてからの年数も浅いため現存する枚数も多いことが予想されます。

そのため、カラー版の「見返り美人切手」の買取価格に関しては購入時の価格よりも上がる可能性は低いと考えられます。

切手コレクションの価値を上げる買取ポイントについて

切手コレクションの価値を上げる買取ポイントについて

今まで大切に集めてきたコレクションの切手ですから、せっかく買取に出すなら買取価格を落とさずに現金にしたいと考えることかと思います。

ここまで、切手コレクションの代表的な切手をいくつかご紹介をしました。

切手コレクションのなかでも、買取の評価が高くなる傾向にある切手には以下の特徴があります。

・発行枚数が少ない切手ほど価値が高い

・単品ではなくて小型シートの方が買取額が高くなる

・状態の良い切手の方が価値が高い

それぞれの詳細についてお伝えします。

また、一概に「買取」といっても、切手の買取業者によっては切手の評価項目に違いがあるため、同じ切手でも査定額が異なることがあります。

そのため、切手を買取に出す前に自分自身でもお持ちの切手の相場を把握しておくことが大切です。

その点についても後ほど詳しくご紹介します。

発行枚数が少ない切手ほど価値が高い

発行枚数が少ない切手ほど価値が高い

切手の価値は、発行枚数が少なく現存する枚数が少ない切手ほど価値があります。

いわゆる「希少価値」と呼ばれるものです。

1950年代後半から1960年代の切手ブームのころは、記念切手が発売されるとたちまち売り切れてしまいましたが、最近では長い間売れ残っているようになりました。

そのため、郵政省は新しい切手の発行数枚をブームの頃よりも減らしています。

切手も需要と供給のバランスにより売れたり売れなかったりします。

つまり、世に出回る切手の枚数が少なければコレクターの総数に対して数が不足するので、買取額は値上がりしやすいという考えです。

例えば、上でご紹介をした「見返り美人切手」は150万枚の発行枚数に対して、多くの人が買い求めたため、額面をはるかに超える額で取引がされるようになりました。

「見返り美人切手」の人気は切手ブームの間も続き、切手コレクションの代表的な切手として扱われていました。

しかし、切手ブームも下火となった昨今では「見返り美人切手」の買取価格も下降傾向にあります。

「見返り美人切手」をコレクション目的で購入する人が少なくなったためです。

非常に高い人気を誇った「見返り美人切手」でさえも、今でも徐々に買取価格が下がっていて、切手ブームが再熱しない限りは今後も価値は下がり続けることでしょう。

海外の切手に目を向けると、「赤猿」と呼ばれる中国切手は最近でも高い買取価格で取引がされています。

中国切手とは名の通り中国で発行された切手のことを指します。

赤猿は文化大革命時代に発行された切手でもあったため、当時は中国国内で切手をコレクション目的で収集することが禁止されていました。

そういった当時の時代背景もあり、現存する赤猿の切手枚数が少ない上、今は中国切手コレクターが中国切手を買い求めるため、赤猿は高い値段で買い取られるケースが多くあります。

参考記事:中国切手の買取と高値が付く理由

もちろん、他の切手コレクションの買取価格にも影響することですので、希少価値のある切手の買取を検討されているようでしたら、価値が今以上に落ちる前に一度買取業者に査定依頼をしてみましょう。

単品ではなくて小型シートの方が買取額が高くなる

記念切手などの切手コレクションを買取に出す場合、バラ切手よりも複数の切手がセットとなっている小型シート状態の方が買取額も高くなる傾向にあります。

切手の買取では、小型シートは複数の切手がセットになっている一つの品物として扱われます。

そのため、小型シートに付いている一枚一枚の切手の状態が良くても、小型シートの余白部分に汚れや破れがあると買取価格に影響しますので、小型シート全体の扱いに注意しましょう。

また、小型シートから切手を切り取ったバラ切手にしてしまうと、切手の種類によっては額面を下回る買取価格になる可能性があります。

もしも、小型シートを持っている場合は、無理に切手をバラさずにそのままの状態で買取に出しましょう。

状態の良い切手の方が価値が高い

状態の良い切手の方が価値が高い

記念切手などの類の切手は保存状態が良いほど、切手専門の買取業者も極端に買取値を下げずに買い取ってくれるはずです。

その理由は、切手専門の買取業者は買い取った記念切手などの切手コレクションを、他の「切手コレクター」などに販売をしていて、状態が良い切手であるほど切手コレクターに人気があることを知っているためです。

そのため、買取に出す切手の状態を良好に保つためにも、保存状態には気を配るようにしましょう。

切手の買取は表面だけではなくて、裏面を含む全体の状態を見て査定されます。

状態の良い切手とは、未使用(裏糊が残っている切手)で、切手表面(印面)にシミ・日焼け(変色)・破けなどがない切手のことを指します。

切手ブームが起こった1960年代頃までの切手コレクターの多くは、切手を台紙に直接貼って収集をしていました。

そのため、未使用であったとしても裏糊にヒンジ(蝶番状の薄い糊が付いた紙)が付いているケースがあります。

無理にヒンジを剥がしてしまうと、切手を破いてしまったりヒンジの後が残ってしまう可能性があります。

そのため、裏糊にヒンジが付いている場合は、無理に剥がさずにそのままの状態で買取に出すのが無難です。

また、切手のシミは湿気などが原因で発生する可能性があります。

例えば、高温多湿の環境で切手を保管していると、裏糊が溶けてしまいそれが原因で切手全体にシミを付けてしまう場合があります。

また、直射日光や部屋の照明が原因で切手に色焼けが発生する可能性があります。

シミ・日焼けから切手を守るためには、切手をストックブックに入れて、湿度が低く(65%未満)、直射日光が当たらないところへ保管するようにしましょう。

例えば、湿気が溜まりやすい押し入れや引き出しなどは避けて、日中帯は日が当たりにくい部屋の本棚などが好ましいでしょう。

ただ、大切に扱っていたとしても切手の素材は紙であるため、長期保存でシミ・日焼けの被害から逃れるのは至難の技でしょう。

今以上に切手の状態が悪化する前に買取に出すのが賢明といえるでしょう。

査定して貰う前に価値や相場を事前に知っておく

実際にお持ちの切手を買取に出す前には、切手の種類ごとの価値や相場を自分自身でも事前に把握しておきましょう。

お持ちの切手の価値や相場を事前に把握しておけば、買取に出す前にある程度の買取額の目安が分かります。

また、切手の買取業者の中には無料査定サービスを行っている業者が存在します。

同じ種類の切手であったとしても買取業者によっては切手の評価項目が異なるため、買取額にも違いが出てきます。

無料査定サービスを使って複数の買取業者の買取価格を比較することで、可能な限り損をしないで切手の買取ができるでしょう。

参考記事:切手の買取価格はどれくらい?

切手コレクションの値段に関するまとめ

切手コレクションの値段に関するまとめ

記念切手などは発行年や種類、そして発行枚数によってもその価値は異なります。

特に、発行枚数は切手の希少性に直結するので、お持ちの切手の発行枚数に関しては買取前に把握しておくと良いでしょう。

また、切手の買取業者によっては買取額を出すための評価項目に違いがあります。

「少しでも高く切手を買い取ってもらいたい」とお考えでしたら、複数の買取業者の無料査定サービスを利用して、各買取業者の査定額を比較するもの一つの手です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!