切手コラム

コレクション切手の値段はどんな時に高くなるのか

コレクション切手の値段はどんな時に高くなるのか

ひと昔前の切手ブームのころは、記念切手が出るたびに窓口で買い求める人の姿が見られたものです。

あなたのお宅にもしまい込んだままの古い記念切手が眠っているかもしれません。

どんな切手が高額となるのか、見分けるポイントをご紹介します。





コレクターに必須のカタログ

切手はコレクションを進めていくうちにコレクター同士で切手を交換することが出てきます。

そんな時、スムースに進めるために何らかの値段の基準が欲しくなります。

その場合、カタログの評価が元にされることが多くなっています。

カタログには3つのタイプがあります。

国別のカタログ、世界中の切手をすべて集めたカタログ、そして、テーマ別のカタログです。

日本でも鉄道、動物、植物などのテーマに沿ったカタログが出版されるようになり、分厚いカタログから探す手間が省け収集の手助けとなっています。

カタログに掲載されている切手の評価は主観的な部分があるので実際の市場とは異なることもあります。その時の流行にも左右されます。

あくまで目安と考えた方が良いでしょう。

カタログの評価はそのまま受け取ってはダメ

切手をコレクションする趣味を持つ方の中には記念切手をシート単位で購入している方が少なくありません。

切手は値上がりするものだから大事にとっておき、将来売ることを期待される方もいらっしゃることでしょう。

実際に記念切手は値上がりするのでしょうか。

カタログに記載されている切手の中には評価額が額面より高くなる可能性を秘めた切手も存在します。

しかし、勘違いしてはいけないのが、カタログの評価はその時の流行に左右される場合もありますからあくまで目安程度で考えておきましょう。

実際に切手商に持ち込んでも、必ずしも期待に沿った値段で買取してくれるわけではありません。

カタログの評価額と買い取り額を比べると、乖離を感じるケースもあります。

カタログの評価額が2倍程度であっても実際に売ろうとすれば額面を大きく下回ってしまう場合もあるのです。

数が少ないものは高くなる

切手ブームのころは記念切手が発売されるとたちまち売り切れてしまいましたが、最近では長い間売れ残っているようになりました。

そのため、郵政省は新切手の発行数枚数をブームの頃よりも減らしています。

切手も需要と供給のバランスで売れたり売れなかったりします。

つまり世に出回る枚数が少なければコレクターの総数に対して数が不足するので値上がりしやすいという理屈です。

世界で一番高額な切手は1856年にギアナで発行されたわずか1セントの切手です。

これは世界中でただ1枚だけ残っているものとして有名です。

最後にオークションにかけられたのが1980年で当時の為替レートに換算すると2億4千万もの値が付きました。

保存状態も値段を左右する

切手の素材は紙でそこにインクとのりが付いています。

水に濡れればのりは溶け紙も破れやすくなります。

ベタベタさわれば汚れも付きますし、それが時間の経過でシミになることもあります。

直射日光は厳禁ですが照明でも長時間あてることで色あせも生じます。

湿度の高い場所に保管するとのりが溶けてしまう恐れもあります。いずれも切手の価値を大きく下げてしまいます。

切手を取り扱うときはピンセットを使い、ストックブックを使って保管しましょう。

切手シートの場合はシートホルダーを使いましょう。

保存状態で買取の評価が変わることは詳しいカタログの表記を見れば納得できます。

「極美品」「普通品」などと分けられて、評価も変わります。

眠っている切手コレクションで状態が良いものであれば買取業者などに売ってしまうのも良いでしょう。

世界中に切手のコレクターはいます。

自分が保管していた切手がほしい人の手に渡り、自分もお金が手に入るので良いことだらけです。

出張買取ならばあなたが店舗へ出向くことなく、査定員が来てくれるので手軽に買い取ってもらえます。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!