切手コラム

【切手コラム】額面って何だろう?

額面って何だろう?

切手関連の用語の中で「額面」という言葉があります。これは一体何なのでしょうか。

一言で言うならば、その切手を使う場合の価値のことです。切手の中に数字が描かれていますがこれが額面です。

例えばバラの50円切手の場合ですと50円がこの切手の額面にあたります。

切手買取においても関係の深い「額面」について解説します。





シート・バラによって違う切手の額面合計

シートの場合、1枚の額面×シートにまとめられた枚数分となりますので、1円から500円までの普通切手でしたら、1シート100枚です。

仮に50円切手1シートの場合、50円×100枚=合計5,000円が額面と言うことになります。

実際に郵便局で購入するときの金額と同じことが多いのですが、記念切手の場合は必ずしも販売価格と額面が同じとは限りません。

記念切手の場合は販売価格のほうが高くなることも多いのです。

それは通常の普通切手とは異なる手間をかけて作られたということ、それから切手シートの部分にも色々な装飾などが施されていることが多いからというのもあります。

切手買取においては額面をそこまで気にする必要はない?

これらが切手買取りの際に、買取額に影響するのかというと、普通切手には影響するもののプレミアム切手の場合はあまり関係ないことも多いです。

というのもプレミアム切手を購入するコレクターは使用を目的としている方が殆どいないため、郵便物に使う本来の切手としての価値などはどうでもいいのです。

通貨単位が異なる時代の切手の場合ですと、同じ日本国内であっても今とは全く違った物価ですので、そのまま今の通貨価値にてはめることができません。

また、切手が中国やヨーロッパ等の海外切手であっても同様です。必ずしもその時のレートに基づく額面での買取りとはなりません。

つまりは、現行通貨の普通切手を切手買取りしてもらうとき以外にはそれほど気にすることではないと言うことですね。

持っている切手があれば額面の計算をしてみよう

年季の入った郵趣の方ですと、シート単位でストックブックに収集されていることもままありますので、冒頭の方法で大まかに計算してみると…ということも珍しくはありません。

もはや切手の収納アルバムと呼ぶべき状態まで集め続けた方が、そろそろ整理をしよう、不要な分を業者に買取りしてもらおうと考えた時には膨大なファイル数になっていることも多く、対応する金券類買取業者も驚くほどの高額になるそうです。

そこに更に現行通貨ではない物が加わった時にどのくらい変わるのか、とても興味深いですね。

切手買取と額面:まとめ

また別の視点から、切手を切手買取り業者に査定してもらう場合、記念切手なら全て額面よりも高く買い取ってもらえると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

郵便局で購入したものであっても、切手専門店、金券ショップで購入したものであっても同様です。場合によっては額面未満に下がることも多々あります。

一般的に買取り店で使われているプレミアム切手という言葉がありますが、これは切手の額面よりも一円でも高い額で売れる切手のことを指します。

その切手購入時の価格よりも高い価値を見出すことができるということでプレミアムという言葉がついているのです。

切手買取りのときにはこのような切手買取り店で使われる用語も知っておいてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!