切手コラム

切手を高額で買取ってもらうために知っておきたいこと

  • 古切手の数々
  • 日本でも切手収集が流行っていた頃がありましたが、当時集めた珍しい切手やはがきを大事に保管している方がいらっしゃいます。額面通りの値段で入手できた切手であっても、年月を経て希少性が高まり、かなり価格が高騰している切手もあります。コレクションの整理を検討している方は、現在の価値を確認するために一度業者に査定依頼をしてみるのがおすすめです。

    ここでは高額で取引されやすい切手の代表的な種類や特徴、また当時集めた切手を手放したいとお考えの方に、切手の買取査定を受ける前に抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

     

    注目の高い高額切手

    切手の買取市場において高額切手に該当する、いわゆるプレミア切手は以前にも増して需要が高まり続けています。高額切手が注目される理由は、海外バイヤーが投機目的に買い付けにくることもあるようで、日本以上に加熱しているようです。

     

    買取価格が高額になる切手の一例

    切手はとても多くの種類があります。この中で一部の切手が高額になるいわゆるプレミア切手となります。ここでは高額切手として有名な「見返り美人」と「ビードロを吹く娘」の二つを紹介します。

     

    「見返り美人」は高額切手の代表

    見返り美人切手は1948年に発行された特殊切手です。サイズが縦67mm、横30mmとその大きさからもコレクターからの注目を集めました。 江戸時代の浮世絵画家、菱川師宣の描いた「見返り美人図」が描かれており、その芸術性の高さから海外からの需要もあるようです。 見返り美人切手は切手の収集ブーム全盛のころには高額で取引されており、バラ切手でも数千円で取引されていたようです。
    参考:見返り美人切手について

     

    「ビードロを吹く娘」は有名なシリーズ切手

    ビードロを吹く娘は喜多川歌麿を代表する浮世絵で、昭和30年に発売されました。この切手は国内はもとより海外の切手コレクターからも高い注目を集めました。様々なテーマがある切手の中でこのビードロを吹く娘をはじめとした切手趣味週間は他のテーマと一線を画す強い趣向がみられ、日本文化を強く感じさせる1枚といえます。

    「見返り美人」と「ビードロを吹く娘」が高額な切手の理由

    高額な切手となった理由はいくつかありますが、大きな理由としては1956年頃に起こった切手蒐集ブームがきっかけです。この頃は数多くの切手が蒐集対象になりましたが、特に人気を集めたのが「見返り美人」と「ビードロを吹く娘」でした。多くの切手コレクターの人気を集めていたポイントとして図案の綺麗さが重要視され、額面よりも高い価格で取引されていました。

    この切手蒐集ブームが過ぎ長い年月が経過しましたが、いまだに「見返り美人」と「ビードロを吹く娘」は高額切手の代表となっており、当時のブームの規模の大きさがうかがえます。

    びっくりするほどの値がつく切手は他にもある

    切手の中には特に高値が付くプレミア切手の存在もはずせません。特に中国切手と呼ばれる切手は特に高値が付くプレミアの価値があり広く知られています。中国切手はシートではなくバラ切手単体でも一枚数十万円の値が付くこともあり、中国人のバイヤーが日本に買い付けに来ることもあるようです。

    というのも、中国切手とは一般的に文化大革命の時勢に切手の収集が禁止されていて、その時代の切手が中国国内から海外へ流出してしまったという経緯があります。そして現在中国人バイヤーの間で、そのときに海外に流出した切手を買い戻そうという動きがあるのです。

    ここでは、中国切手のように高額で取引されている切手の代表的なものをいくつか紹介します。

    歴史を反映した人気の中国切手:毛沢東切手

    毛沢東の切手とは、中国共産党46周年を祝し、1967年に発行された中国切手です。毛沢東の切手は5種類存在し、5種類セットで一つとカウントされるのが一般的です。単体でも高値で買取されることもありますが、セットが揃っているとさらに稀少性が高まり、単体よりも高値が期待できます。1967年発行の「毛主席第一セット」と呼ばれるものはプレミア切手と呼ばれています。
    参考:毛沢東切手について

    希少性が高い高額切手の代表格:赤猿切手

    この切手も中国で切手の収集が禁止されていたころのもので、生産数も極めて少なかったため希少価値が高く、高額で買取される切手の代表格となっています。

    赤い背景に子猿が描かれた可愛らしいデザインが印象的な切手です。美品の状態で市場に現れることは非常に珍しく、1シート揃ったものはなんと数百万円で取引されることもあります。またバラ切手単体でも数万円から数十万円の価格がつくと言われています。
    参考:赤猿切手について

    切手をより高額で買取してもらうために

    切手の買取りは金券類や切手買取の専門店や、リサイクルショップや貴金属やブランド品の買い取りに対応しているお店でも行われています。思い入れある切手や、もしかしたら高額になりうる切手ですので、切手の知識を持っている方や買取業者、同じように愛情を持って見てくれる方に価値を確認する方が望ましいのではないでしょうか。

    ここでは買取業者に切手を買い取ってもらうことをお考えの方に、査定の前に知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

    切手を高額で買取してもらうためには店選びも重要

    普通切手ほど発行枚数が多く出回っている場合は額面に対してそれほど高額は期待できませんし、使用済みという場合は価値が下がってしまうことがあります。上述の通り、切手の中にはかなり珍しいプレミアム切手も多数あり、こういった場合はかなり高額の買取り査定額を提示されることも少なくありません。

    やはりときに高額になりうる切手ですので、しっかりとした鑑識眼を持った査定士にみてもらうのが望ましいでしょう。切手の買取を行っている業者は多くあります。しかし切手の知識が無い査定士が査定すれば当然切手の持つ価値を見落とされてしまう可能性もありますから注意が必要です。

    また色々なサイトを覗いてみて、お持ちの中に珍しい切手があると分かった方はそのプレミアム切手がどれぐらいの価格で取引されているか、事前に知っておくと良いでしょう。ただし、これは査定を依頼する数日前にされる事をおすすめします。なぜならば、たとえ超高額プレミア切手であったとしても、切手買取りではいつでも同じ価格で買い取ってもらえるというわけではないためです。

    一般的に買取業者に査定を依頼しても査定料などはかからないところが多いようです。いくつかの業者に査定を依頼して提示金額を比較するのもひとつの選択肢になるでしょう。また持ち運ぶのが面倒で、時間も無いという方は出張買取を利用してみるのもいいかもしれません。

    切手の買取には必ず状態の確認が伴います

    切手買取りの場合、やはり状態の良いもののほうが良い価格がつく傾向にあります。色があせてしまっていたり、折れたあとがついていたり、破れがあると値段の低下を招くなど、どうしても価値の低下を招きます。

    また切手はバラでの査定よりも、シートでの買取のほうが買取金額は高くなる傾向もあります。シートの状態の切手をお持ちの方はより高額で買い取ってもらうために、シートに傷や切れが出来ないよう慎重に扱う方がいいでしょう。

    切手はとてもデリケートなものですから、たとえ不要だと感じて処分を考えても、下手に触ったりせず、ストックブックに収納した状態を保ち、査定するまではできるだけ良い状態を保っておきたいものです。いずれにしても確かな査定を行ってくれる信頼できるお店を選んでおくことが大切です。

    注目の高い高額切手まとめ

    いかがでしたでしょうか。高額な切手になればなるほど、年代が古くなっていきます。切手は紙でできているので雑に扱うと切手が傷つき、価値の低下を招きかねません。高額な切手を多数所有するコレクターなどは切手を手で触らずにピンセットで慎重に取り扱うコレクターもおり、価値を落とさないためにも大切に取り扱いましょう。

    また、こういった切手は買取専門店に出せば査定をしてもらうこともできますので活用してみるのも良い方法ではないでしょうか。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報