超高額、最高額は?

  • 日本でも切手収集が流行っていた頃がありましたが、その時期に集めた珍しい切手やはがきを大事に保管している方がいらっしゃいます。そして、当時は額面通りの値段で入手できた切手であっても、年月を経て希少性が高まり、かなり価格が高騰している切手もあります。コレクションの整理を検討している方は、現在の価値を確認するために一度業者に査定依頼をしてみるのがおすすめです。

    では、なぜ業者に依頼をするのか?

    郵趣同士の交流の場があるのならば、勿論交換に出すのも良いでしょう。しかし最近では、その日にちょっと集まれる距離に仲間が住んでいない方も珍しくはありません。

    一方で、切手の買取りは金券類や切手買取りの専門店で行われていますし、リサイクルショップや貴金属やブランド品の買い取りに対応しているお店でも扱われています。

    どこにお住まいの方でも平等に価値を確かめられるところ、それが業者による査定なのです。

    とはいえ、あなたの思い入れある切手たちですから、出来る事ならばきちんと切手の知識を持っている方、同じように愛情を持って見てくれる方に価値を確認する方がより安心できるのではないでしょうか。

    切手買取りを利用する前には、どういった切手がプレミアム品で良い金額がつくのか、買い取りされない場合などについても情報は集めておきたいものです。普通切手ほど発行枚数が多く出回っている場合は額面に対してそれほど高額は期待できませんし、記念切手の中で特に珍しいものであっても、使用済みという場合はかなり価値が下がってしまうことがあるためです。

    切手の中にはかなり珍しいプレミアム切手も多数あり、こういった場合はかなり高額の買取り査定額を提示されることも多く、バラ一枚でも数万円にもなることがあります。また、これがシートだった場合はバラの金額に多少の上乗せが期待できるかもしれません。

    色々なサイトを覗いてみて、お持ちの中に珍しい切手があると分かった方はそのプレミアム切手がどれぐらいの価格で取引されているか、事前に知っておくと良いでしょう。ただし、これは査定を依頼する数日前にされる事をおすすめします。なぜならば、たとえ超高額プレミア切手であったとしても、切手買取りではいつでも同じ価格で買い取ってもらえるというわけではないためです。

    また、切手の査定には必ず状態の確認が伴います。

    切手買取りの場合、やはり状態の良いもののほうが良い価格がつく傾向にあります。色があせてしまっていたり、折れたあとがついていたり、破れがあるとどうしても価格が下がってしまうものなのです。

    切手はとてもデリケートなものですから、たとえ不要だと感じて処分を考えても、下手に触ったりせず、それまでと同様にストックブックに収納した状態を保ち、査定するまではできるだけ良い状態を保っておきたいものです。

    査定の依頼方法は、直接お店に持っていく方法もありますし、近くにお店のない場合は出張査定で来てもらったり、宅配買取に対応しているお店もあります。店舗への持ち込みは、ポケットリーフやアルバム1冊程度の、比較的持ち運びか容易な方が好みます。後の2つは長い期間コレクションを続けた方、諸事情があって外部への持ち運びが難しい方が好まれるようです。

    どちらにしても査定に関する手数料をとらない業者がほとんどですので、あなたの日常にどれが最適な手段なのか、なんとなくイメージしてみるのも良いですね。

    いずれにしても確かな査定を行ってくれる信頼できるお店を選んでおくことが大切です。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報