切手コラム

記念切手を買取に出す前に知っておきたいこと

記念切手を買取に出す前に知っておきたいこと

皆さん記念切手と呼ばれる切手をご存知でしょうか?記念切手とは国民的行事などの開催を記念し発行された切手のことを指します。

1960年代から1970年代頃の期間、日本では切手ブームが起こり、郵便局やあらゆる催事場で記念切手を買い求める人が多くいた時期がありました。

当時は販売窓口が開く前から切手を購入するために人が並ぶ光景も目にしたものですが、やがて切手収集のブームが去り、数十年が経過した現在、若者の間では切手の収集の趣味としての認識さえ薄れてきているといえます。

現在では食玩やカードなど、収集趣味に合わせたジャンルが劇的に増加をしたこともあり、熱狂的な切手収集家の数は減っています。

郵趣の仲間と話してはさみしさを感じますが、それでも切手の魅力に惹かれる人はどの世代にも存在するのは喜ばしい限りです。

切手の買取市場においてもそのような方々や当時のコレクター、一部ファンからの需要は未だにあるようで、記念切手も種類によっては額面以上の価値で取引されている切手も存在しています。

ここでは記念切手がどのように買取されているか、また買取に出す前に知っておきたいポイントを紹介したいと思います。





記念切手の買取について

記念切手は金券ショップから切手買取専門店、さらにはリサイクルショップなどの買取業者でも買取が行われています。記念切手の買取は現在どのように行われているのでしょうか?

記念切手は、その時々の郵便料金に沿った額面で発行されることが多く、切手ブームの頃で言えば、5円、10円、15円、20円、30円の切手が多くありました。

勿論これらは、現代でも普通に郵便切手として額面通りの使用が出来ます。しかし通常の封書一通に何枚も切手が並ぶのは見栄えの問題もあってか抵抗を感じる人も多く、使用せず保管されていることが多いようです。

しかし、せっかくの記念切手ですので買取に出すということも選択肢の一つになってきます。

ですがこの時、記念切手だから価値があると思いきや、買取金額は額面を下回る査定になるケースも少なくはありません。

勿論、希少価値のある記念切手の場合、額面よりも高く売れる切手もあります。

ですが発行枚数も多く買取市場でも人気の無い切手は、買取業者によって異なりますが、額面の〇%という形で買取金額が決められることが多いようです。

記念切手の買取における切手シートの価値

記念切手は通常シートの状態で発行されます。1シート10枚もしくは20枚で発行されているものが多いようです。

このシートの状態というのは切手の買取において非常に重要なポイントとなっています。

一般的に切手の買取市場では、切手はバラよりもシートの方が一枚あたりの単価は高くなる傾向があります

中には中国切手など、プレミアの価値がつくような切手もあり、そういったものはバラでも高額で買取されていますが、やはりシートでの買取の方が金額は高くなる傾向は変わらないようです。

記念切手をシートで持っている方は、使い勝手を考えて事前にばらすのも良いですが、その前に本当に使うかどうか、使用するタイミングをよく考えてみると良いかもしれませんね。

記念切手や特殊切手

切手アルバム

ところで、時折耳にする記念切手と特殊切手、これらの違いを聞かれて、すぐ答えられる人はどのくらいいるのでしょうか。

記念切手は、何らかの国家行事などを記念として発行される切手を指し、特殊切手はその他の国家的宣伝・キャンペーン・文化財の紹介などを意図して発行された切手を指します。

キャラクターものの「誕生●周年記念」等で見かける切手、これは特殊切手に含まれるということですね。

これ以外ですと、郵便局で常に購入する事が出来る切手を普通郵便切手や普通切手と呼んでいます。

大別するとこのような分類になりますので、お持ちの切手が何に当たるか、確認してみると改めて整理をする時の収納方法にも活用できるかもしれませんね。

記念切手の買取では、種類に応じて付帯する価値は異なりますし、古い切手の場合、希少価値から評価は高くなる状況があります。

また、記念切手や特殊切手は発行枚数が決められていますので、その発行枚数と想定される現存数によっても評価が変わります。

切手の保管状態が良い事、発行枚数が少なく、且つ現存する枚数が少なければ少ないほど買取りは高額に評価されるということですね。

記念切手の買取の前に

切手アルバム

それでは記念切手をいざ買取に出す際にはどのような点に注意すればいいのでしょうか。上で紹介した内容も踏まえてまとめてみたいと思います。

記念切手の買取の際には、切手の状態も一つの査定ポイントとなっています。

上述のシート切手もそうですが、コレクションとしての要素が強い記念切手は、基本的に汚れや破れがあると査定金額はグッと下がってしまうかもしれません。

また記念切手には非常に多くの種類があります。また種類によって価値も様々であり、記念切手に精通していないと価値を判断することは難しいかもしれません。

そこで重要になるのが業者選びです。

やはりモノによっては高額で取引されている記念切手ですので、可能であれば鑑識眼のあるスタッフが在籍している買取業者に査定してもらうのが望ましいでしょう。

最近では切手の買取に対応している買取業者の数も増えました。一般的に買取業者は査定手数料が無料である業者が多く、複数社に査定を依頼して比較してみるのもいいかもしれません。

また切手を業者に持ち込んだりするのが困難な方には、切手の出張買取を行っている買取業者もあり、出張手数料も無料の業者が多いようです。

ぜひ一度利用して、お手持ちの切手の価値を確認してみてはいかがでしょうか?

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!