プレミア切手

【月に雁買取】コレクターから人気を集める秘密とは?

月に雁は切手収集ブームの当時から大人気

「月に雁」は昭和24年11月1日に郵便週間(※切手趣味週間)に発行された切手です。

昭和23年11月に発行された「見返り美人」が好評だったことを受けて、翌年に販売されました。

先達となった「見返り美人」は、発行枚数が少なく、当時珍しかった縦長で、絵柄が菱川師宣の浮世絵を図案化したものということもあり、海外のコレクターにまで人気となった切手です。

その後続切手ですから、当然国際的にも注目を集め、今では戦後のシリーズ切手の王者とも呼ばれています。

切手の図案に採用された「月に雁」は歌川広重(安藤広重)の1832年頃の作品で、最高傑作と称される一枚です。

オリジナルの絵画は39×12(cm)の小品で、中短冊判の画面に、大きな月を背景に3羽の雁が広重ブルーとして高評価を得ている青い雲間を飛び交う様子が、いかにも縦長の切手にふさわしい構図です。

また、切手上ではトリミングされていますが、原画には左上に「こむな夜が又も有うか月に雁」の句が書きこまれています。

冴え冴えと輝く中秋の名月と蒼く流れる雲の合間、しなやかな動作で着水しようと地におりる雁という、広重が想い描く優美な理想の秋の夜を詠う句です。

「月に雁」は版画なので、様々なタイプが制作され、多数の美術館で所蔵されています。

現在では、不動の人気を獲得した切手「月に雁」ですが、発行当初から必ずしも人気があったわけではありません。

一部では販売年の内に売り捌けなかった郵便局もあったそうです。

この切手が人気になったのは、昭和20年代後半の切手ブームの時期で、「月に雁」よりも1年前に発行された「見返り美人」と共に一躍有名な存在となりました。当然、切手買取業者の間でも人気です。

※郵便週間(切手趣味週間)…昭和22年11月に制定された「切手趣味の週間」が起源で、現在では逓信記念日である4月20日からの1週間とされており、郵便業務にかかわる様々な行事が各地で催されています。

切手買取をご利用のお客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 出張買取

    切手

    神奈川県

    60代

    無類の切手好きだったのですが、保管するのが困難になってきたので売ることを決意しました。すべてスタンプブックに保管しており、数量としては30冊程です。店舗まで持って行くのが大変だと思い、出張買取をやっているところを探した結果こちらを選びました。査定員さんの対応は非常に丁寧でしたし、30冊のスタンプブックは重たいと思ったのですが笑顔で買取をしてくれました。こちらを選んで良かったです。

  • 出張買取

    切手

    広島県

    30代

    父から不要になった大量の古い切手をもらいました。もらった切手の中には、「明治天皇銀婚記念切手」、「大正婚儀記念切手」などがありました。ネットで調べると状態によっては高額の買取になるみたいだったので、こちらの査定員さんに査定してもらいました。結果、想像以上の金額を提示されたのでその場で売りました。ありがとうございました!

  • 出張買取

    切手

    京都府

    50代

    父親が昔から切手を集めていて、古いものを合わせると200枚以上ありました。売却した場合、いくらくらいになるのか知りたかったため、とりあえず査定してもらう事にしました。インターネットで検索したところ、こちらの買取業者さんの評判が良かったため、依頼しました。結果、想像以上の高値が付いて嬉しかったです。

他の切手買取ご利用者様の声はこちら▶︎

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「月に雁切手買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは普通切手や記念切手、特殊切手から、中国切手などのプレミア切手まで切手の買取に特化した買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい切手でも確かな価値を見極めることができるのです。

  • 安心無料のサービス

    普通切手などの切手にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。ぜひお気軽に無料査定をご利用ください。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用の際のご意見や疑問はすぐにご相談ください。

  • 満足買取

    普通切手の買取でご満足いただける買取価格を目指します。切手の査定に特化した買取専門店だからこそ満足買取を実現します。

  • スピード対応

    「普通切手を売りたい!」というすべての方のご要望にすぐにお応えできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    普通切手を始めとしたあらゆる切手の査定に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、切手買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

月に雁切手買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
切手の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

月に雁切手を買取に出したときの買取相場は?

切手の使途といえば、手紙やハガキを郵送する際の、郵便貨幣の役割が挙げられます。

ところが切手は郵便貨幣としての役割に留まらず、その絵柄の美しさが人々を魅了し、多くの切手コレクターを生み出してきました。

しかし近年コレクターの数は減少傾向にあり切手収集は人気の無い趣味となってしまいました。

さらに切手本来の実用的な需要もインターネットの普及により年々使用機会は減ってきています。結果として以前はプレミアが付いていた切手も、現在その相場は下落してきているようです。

現在も月に雁切手は根強い人気があり、切手ブームの収束により相場は落ち着いたものの、今後上述のような相場の下落傾向が現れることは避けられないかもしれません。

切手の買取にはまだ相場が高い今のうちに売ってしまうことも重要になってきます。

ちなみに月の雁切手は、現在、バラ切手でも額面を上回る金額で買取が行われているようです。

また5枚が1セットの状態であればさらに買取相場は高くなる傾向が見られるようです。

もしシートの状態で月の雁切手をお持ちでしたら切り離さずに、シートのままの状態で買取してもらうのが望ましいでしょう。

そして切手の買取相場に影響を与えるという意味で切手の状態も留意して置かなければいけないでしょう。

切手の相場が年々低下していることに加え、切手はとても繊細で、綺麗に保管している気になっていても、経年により色褪せや日焼け、シミなどが発生してしまいます。 状態を維持するのは簡単ではありません。

もし月に雁をはじめとするプレミアの価値が付くような切手をお持ちで買取を検討しているのであれば、価値が下がってしまう前に売却することをオススメします。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!