プレミア切手

月に雁は買取業界で有名な切手の一つ

月に雁

  • 月に雁
  • 「月に雁」は昭和24年11月1日に郵便週間(※切手趣味週間)に発行された切手です。

    昭和23年11月に発行された「見返り美人」が好評だったことを受けて、翌年に販売されました。先達となった「見返り美人」は、発行枚数が少なく、当時珍しかった縦長で、絵柄が菱川師宣の浮世絵を図案化したものということもあり、海外のコレクターにまで人気となった切手です。その後続切手ですから、当然国際的にも注目を集め、今では戦後のシリーズ切手の王者とも呼ばれています。

    切手の図案に採用された「月に雁」は歌川広重(安藤広重)の1832年頃の作品で、最高傑作と称される一枚です。オリジナルの絵画は39×12(cm)の小品で、中短冊判の画面に、大きな月を背景に3羽の雁が広重ブルーとして高評価を得ている青い雲間を飛び交う様子が、いかにも縦長の切手にふさわしい構図です。また、切手上ではトリミングされていますが、原画には左上に「こむな夜が又も有うか月に雁」の句が書きこまれています。冴え冴えと輝く中秋の名月と蒼く流れる雲の合間、しなやかな動作で着水しようと地におりる雁という、広重が想い描く優美な理想の秋の夜を詠う句です。

    「月に雁」は版画なので、様々なタイプが制作され、多数の美術館で所蔵されています。

    現在では、不動の人気を獲得した切手「月に雁」ですが、発行当初から必ずしも人気があったわけではありません。一部では販売年の内に売り捌けなかった郵便局もあったそうです。この切手が人気になったのは、昭和20年代後半の切手ブームの時期で、「月に雁」よりも1年前に発行された「見返り美人」と共に一躍有名な存在となりました。当然、切手買取業者の間でも人気です。

    ※郵便週間(切手趣味週間)…昭和22年11月に制定された「切手趣味の週間」が起源で、現在では逓信記念日である4月20日からの1週間とされており、郵便業務にかかわる様々な行事が各地で催されています。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報