プレミア切手

【飛行試行切手買取】高い相場の理由と買取時の査定ポイント

  • 飛行試行切手買取
  • 1919年に発行された「飛行試行切手」は、切手蒐集ブームのときからコレクターにとっては羨望の的となってきた切手で、発行から100年が経とうとしている現在も切手の買取市場では高額で取引される切手の代表格として知られています。
    ここでは、飛行試行切手がそもそもどのような切手なのか、そして買取をお考えの方へ、買取に出す前に知っておきたい注意点や査定ポイントをご紹介します。

    飛行試行切手とは

    「飛行試行」は、正式には「飛行郵便試行切手」と言います。
    まず、国内で大正から使用されていた切手の中に、旧大正毛紙切手と呼ばれる普通切手がありました。この切手は大正改元に伴い発行されたもので、昭和12年までの長期間発行されていたものです。この切手図案は、日本国内で初の公募によるデザインの中から採用され、応募者の名前をとって「田沢切手(田沢型旧大正毛紙切手)」とも呼ばれており、額面金額は、5厘・1銭・1銭5厘・2銭・3銭・4銭・5銭・6銭・8銭・10銭・13銭・20銭・25銭・30銭・50銭・1円の全16種発行されていました。

    大正8年、我が国初めての郵便飛行機が東京-大阪間を試験飛行することになり、それを記念して特別に発行されたのが「飛行試行(飛行郵便試行記念切手)」です。 この切手は、普通切手として使用されていた田沢切手(田沢型旧大正毛紙切手)の額面1銭5厘と3銭の切手上に、石版で飛行機の図柄を加刷したものです。青色デザインの1銭5厘には赤色の飛行機が、赤色デザインの3銭には青色の飛行機がそれぞれ加刷されています。

    発行数量は少なく、そして東京-大阪間の試験飛行という理由から東京と大阪の郵便局での限定発売であったため、1銭5厘のほうが5万枚、3銭が3万枚と非常に少量です。現在では大変入手困難な、切手買取や蒐集家の間でも非常に価値の高いプレミアム切手となっています。また、未使用美品の切手はもちろん、そもそもの現存数が少ないため、使用済みでも高い買取価格で取引されることがあるようです。

    飛行試行切手の買取相場は?抑えておきたい査定のポイント

  • 飛行試行切手買取
  • 1919年に発行された飛行試行切手は、額面が「1銭5厘」、「3銭」の二種類が発行されました。1銭5厘の方は5万枚、3銭の方は3万枚と流通数が極めて少ないのが特徴です。発行枚数が少ないと言われ、今でも高い相場で取引されている「見返り美人」が150万枚の発行だったことを考慮すると、飛行試行切手の発行枚数がいかに少なかったかがよく分かるかもしれません。
    加えて、飛行試行シート切手は販売が、離着陸地の東京大阪のみだったことも希少性を高める要因となっています。
    また切手コレクターからは「第一コーナー田型」と呼ばれる、シート左上の2×2枚の部分は特に貴重とされ、数十万円で取引されたこともあるプレミア切手として扱われています。

    また飛行試行切手はシートではない場合でも相場は非常に高い傾向があります。バラ切手でも、1銭5厘、3銭ともに数万円の相場といわれています。また使用済みのものも現存数が非常に少ないのでこちらも相場は高いようです。なおこの相場は切手の状態によっても大きく変動しますので、実際に一度プロの鑑定士に価値を判別してもらうのもいいかもしれません。

    そして飛行試行は、もともと存在した田沢型大正毛紙切手に、赤もしくは黒色のインクで加刷された切手という性質から、贋物も多く製造されてきました。
    買取に出す際は、確かな鑑識眼を持った買取業者に依頼して、価値を見極めてもらうのが望ましいでしょう。

飛行試行切手を買取させていただいたお客様の声

  • 60代 男性
    以前苦労して入手した飛行試行切手を手放しました
    昔から切手の収集が趣味でよく集めていたのですが、最近はなかなか収集する気も起きなくなり手放すことにしました。
    購入は10年以上前ですが、保管には常に気を配っていたこともあり、状態を評価していただけたのが嬉しかったです。売却するかは迷いましたが、査定スタッフの方がとても誠実な方で、親身に相談にも乗ってくださったので決心することができました。
    次に必要な方へ届けて欲しいと思います。この度はありがとうございました。
    飛行試行切手を売却いただきました
    この度はスピード買取.jpに大切な切手をお売りいただき誠にありがとうございました。
    飛行試行切手の3銭切手は発行年代を考慮すると保存状態が素晴らしく、歴史的価値や需要からしっかり査定させていただきました。
    お売りいただいたお品は次に必要な方のもとへ、私たちスピード買取.jpが責任持って届けさせていただきます。また買取をお考えの際はいつでもお気軽にスピード買取.jpまでご相談ください。この度は数ある切手買取業者の中からスピード買取.jpをお選びいただき誠にありがとうございました。またのご利用お待ちしております。
  • 50代 女性
    実家の片付けで見つけた切手に思わぬ価値が
    父の遺品整理の際に書斎から、切手のコレクションが見つかりました。古そうなものばかりだったので、もしかしたら価値のある切手かもと思い利用しました。スピード買取さんは出張買取もキャンセルも手数料がかからないので使いやすいと思います。
    買い取ってもらった切手の中には、戦前の切手があったようで、買取金額は思いもよらない額になりました。切手にもプレミアが付くとは知らなかったので驚きました。
    プレミア切手「飛行試行切手」の買取です
    遺品整理ということで、お父様が集めていたという切手コレクションの査定をご依頼いただきました。
    全体的に1950年代以前の切手が多く、希少価値の高い切手が多かったこともあり今回の査定額となりました。中でも「飛行試行切手」は切手の買取市場でもなかなか見かけることのない大変貴重な切手です。状態は良好とは言えませんでしたが、特段大きなマイナスポイントもございませんでした。
    この度は貴重な切手をお売りいただきありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 40代 男性
    父から譲り受けた飛行試行切手を買い取ってもらいました
    先日父から飛行試行切手を譲り受けたのですが、私はもう切手の収集はやめてしまっていたので買取に出すことにしました。
    昔から価値のある切手ということは知っていたのですが、今回査定してもらい予想以上の金額を提示され驚きました。査定員の方が切手に詳しい方でよかったです。
    また切手を売りたいときにはスピード買取さんに依頼すると思います。
    飛行試行切手の1銭5厘をお売りいただきました
    お父様から譲り受けた切手ということで、飛行試行切手の査定をご依頼いただきました。
    買い取らせていただいたお品は状態も良好で、歴史的な価値もしっかりと査定額に反映させていただきました。
    飛行試行切手は発行されてから100年が経とうとしており、希少価値は年々高まっています。状態によっては購入当時よりも高い金額で売れたという方も少なくありません。
    スピード買取.jpでは古いプレミア切手の買取も大歓迎です。査定は無料ですので、価値を知りたい切手をお持ちの方は是非お気軽にご相談ください。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報