プレミア切手

儀式のかんむりはプレミア切手

儀式のかんむり

  • 儀式のかんむり
  • 「儀式のかんむり」は、昭和立太子を記念して発行された記念切手です。

    大正4年11月、大正天皇即位の礼が京都御所紫宸殿にて執り行われ、その翌年の大正5年11月、裕仁親王(後の昭和天皇)の立太子礼が行われました。これは大日本帝国憲法に基づいて皇太子殿下となられた裕仁親王が、天皇の後継者として承認されるための儀式です。

    昭和立太子礼記念切手は、額面が1銭5厘・3銭・10銭の3種が発行されました。1銭5厘と3銭の切手は同じ図案で「オシドリ模様」、1銭5厘が緑色、3銭が赤色のデザインとなっています。注目するべきは、1銭5厘の切手は3色、3銭の切手は2色で刷られていることです。当時の印刷技術では一度の印刷で多色刷りが不可能だったことから考えると、複数色でズレなく印刷されたこの品は、非常に手間のかかった、特別で贅沢な切手であることに疑いはありません。

    もう1つの10銭切手が「儀式のかんむり」と呼ばれるもので、皇太子が儀式で着用する空頂黒幘(くうちょうこくせき)と呼ばれる冠が台座の上に置かれている、青色2色刷りのデザインとなっています。

    「オシドリ模様」の発行枚数が1200万枚程なのに対し、「儀式のかんむり」の発行枚数はわずか8万6000万枚と言われていることから、切手蒐集家の間で「冠(かんむり)」と呼ばれるこの切手は買取業者や切手コレクター間の取引でも、国内の記念切手の中で最高ランクの評価がつくプレミアム切手のひとつとして取引されています。未使用状態の「儀式のかんむり」ともなれば尚更です。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報