プレミア切手

見返り美人の切手を買い取ってもらう

見返り美人

  • 「見返り美人」は昭和23年11月に郵便週間(※切手趣味週間)シリーズの一つとして発行された切手です。

    この切手の図案は、江戸時代初期に活躍した浮世絵の確立者・菱川師宣の代表作、見返り美人図です。図中の女性は、当時の歌舞伎役者が帯の結び方として流行させたといわれる「吉弥結び(きちやむすび)」と紅色の地に菊と桜の刺繍を施した華やかな振袖姿ですが、この切手は単色刷りのため、残念ながらその色彩の美しさが再現されているわけではありません。しかし、単色になったからこそ繊細なタッチが際立ち、その素晴らしさがわかるのですね。

    この切手には、前年に発行された取引高税印紙の穿孔機が使用され、このサイズ(縦長もしくは横長で68mm×30mm)に適した図案ということで、多くの切手収集家から要望が高かった浮世絵のなかから菱川師宣の代表作である「見返り美人」に白羽の矢が立ちました。今までになかった切手のサイズや美しい浮世絵の図案ということから、「見返り美人」は発行直後から、国内にとどまらず海外のコレクターにも大変な人気となりました。

    「見返り美人」はプレミアム切手として有名ですが、はじめに150万枚発行された後、追加の発行が無かったことにより価値が上がり、特に5枚1組で1シートとなっていることから、バラよりもシートの方が高い金額で買取されます。は1996年の切手趣味週間にオリジナルに忠実な「見返り美人」が華やかな多色刷りの切手として再登場しています。近年では切手収集ブームの衰退や収集家の減少などから、ネットオークションなどで相場よりも安価に取引されること場面も増え、取引相場自体は今後も下がっていく傾向が見受けられます。

    ※郵便週間(切手趣味週間)…昭和22年11月に制定された「切手趣味の週間」が起源で、現在では逓信記念日である4月20日からの1週間とされており、郵便業務にかかわる様々な行事が各地で催されています。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報