日本切手

【ゆうペーン買取】相場や買取時の査定ポイントを解説します!

  • ゆうペーン
  • ゆうペーンと呼ばれる切手をご存知でしょうか。ゆうペーンは簡潔に説明すると表紙がついた切手のことを指し、いわば小冊子の形態をした切手帳がゆうペーンと呼ばれています。 形状からバラやシートの切手とは別々で保管しているという方も多いかと思います。
    ここではゆうペーンの買取をお考えの方のために、人気のゆうペーンの種類や買取の際のポイントを解説いたします。買取をご検討の方はぜひご覧になって参考にしてみてはいかがでしょうか。

    ゆうペーンとは

    ゆうペーンは、通常の切手とは異なる作りを示すカテゴリーだと思って下さい。
    公益財団法人日本郵趣協会が1986年に切手展の記念品の切手帳の愛称として付けたことに始まるもので、その翌年から各郵便局が、地方郵政局承認の整理番号を入れて地元の切手や記念切手などをカバーした、切手帳のスタイルで販売されている切手類をさします。

    ここで述べられる「切手帳」とは切手収集家が切手を収納するのに用いるストックブックではなく、切手の販売方法のひとつであり、切手に表紙となる厚紙をつけたものです。切手帳は基本的に表紙と中身の切手とで構成されていて、中身に入っている専用シート状のものを切手収集家は「ペーン(Pane)」と呼んでいます。
    ペーンの最大の特徴は切手の縁がまっすぐにカットされていることで、これは切手帳制作のためにあらかじめ大きなシートを印刷、機械で裁断されるためです。
    ゆうペーンの代表的なものとして、ふるさと切手にカテゴリーされている、北海道の「クリオネ」、東京都の「多摩のやまなみ」や埼玉県の「花と緑の祭典」、奈良県の「なら シルクロード」、長崎県の「オランダ村」、花シリーズなどがあり、普通切手では「日本の自然 キジバト・オシドリ」や「貝」など、中にはシールになっているタイプも存在しています。

    また、記念切手にもゆうペーンと同様に切手の端がまっすぐにカットされているものも多く存在し、1979年より毎年7月23日に発行されている「ふみの日にちなむ郵便切手」や「日本万国博覧会記念切手」、「海の日制定記念切手」「青函トンネル開通記念切手」などは通常の記念切手の他にペーンのスタイルになっているものも存在します。
    ゆうペーンは非常に種類も多く、小型切手シートやふるさと切手と同様に発行数も多いため、ゆうペーンをメインに収集なさっている切手ファンの方も多いのです。

    ゆうペーンの買取相場は?気になる査定ポイント

  • ゆうペーン切手買取
  • 1986年に切手収集家の組織「日本郵趣協会」が切手展の記念品の切手帳の愛称としてゆうペーンという愛称を用いて以来、全国各地の郵便局がさまざまな記念品、お土産品としての「ゆうペーン」を発売してきました。今でも各地で美しい表紙のゆうペーンが多くのファンに愛されています。
    ゆうペーンはほとんどの買取業者が買取の対象としています。それでは買取に出すときにはどのようなポイントが査定対象となるのでしょうか。

    ゆうペーンはなんといってもその楽しい表紙のデザインが魅力的な切手です。ですので買取においては、やはりデザイン性が高く、コレクターから人気のあるシリーズが高値で取引されやすいようです。 1979年から毎年発行されている「ふみの日にちなむ郵便切手」、北海道の「クリオネ」などはファンが多く比較的高値での買取が期待できるでしょう。

    またその他の記念切手や普通切手も、ゆうペーンの状態だとバラやシートで売るよりも高い換金率での買取をおこなっている買取業者も多いようです。 ご自宅にゆうペーンをお持ちの方はぜひ一度買取業者に依頼して価値を確認してみてはいかがでしょうか。

ゆうペーン切手を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 男性
    数年前に購入したゆうペーンを買取に出しました
    数年前に購入したゆうペーンの切手をこちらで買い取ってもらいました。コレクションとして購入して大切に保管していたため、状態がよくしっかりと査定額に反映していただきました。
    ゆうペーン以外にも長らく出番の無かった普通切手のバラのものも併せて買取ってもらいました。買取金額の内訳の説明が丁寧だったのがよかったです。 また切手を売るときはスピード買取さんにお願いしたいと思います。
    状態良好なゆうペーン切手をお売りいただきました
    この度はスピード買取.jpの切手買取サービスをご利用いただき誠にありがとうございました。
    今回買取らせていただいたゆうペーン切手は観賞用に購入して以来、保管状況もよかったようで比較的高額での買取となりました。その他のバラ切手も量が多く大型の取引となりました。金額のほうにご満足頂けたようで嬉しい限りです。
    弊社ではバラやシートだけでなく、今回のようなゆうペーン、切手帳など、さまざまな形の切手の買取を行っています。使わなくなってしまった切手をご自宅に眠らせている方は是非一度スピード買取.jpにお任せください!
  • 50代 男性
    ゆうペーンの売却で思わぬ嬉しい副収入となりました
    今は使うこともすっかり減ってしまった普通切手をいくつか買取に出しました。中にはゆうペーンのものもあり、思っていたより高値で買い取ってもらえました。 スピード買取さんはゆうペーンだけでなく、バラやシートの切手もしっかりお値段つけてくれるのがいいですね。
    また出張買取も自宅にいながら買取を完結できるので、非常に便利なサービスだと思いました。また買取を検討する際はスピード買取.jpを利用したいと思います。
    人気のデザインのゆうペーン切手でした
    この度はスピード買取.jpの切手買取サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございました。
    今回買取らせていただいたゆうペーン切手はふみの日にちなむ郵便切手で、ファンも多いため買取市場では買取やすく比較的高値がつきやすい傾向があるようです。
    そのほかバラの切手も多数ありましたが、全体的に保管をしっかりなされていたようで今回の提示金額となりました。
    また弊社のサービスである出張買取にもご満足いただけたようで嬉しく思っております。この度はスピード買取.jpをご利用いただき誠にありがとうございます。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 50代 男性
    ゆうペーン切手の買取額に満足
    ゆうペーン切手を実家の父の本棚で見つけ、父も不要なようでしたので買取に出すことにしました。
    切手はあまり詳しくないのですが、どうやらゆうペーン切手の中でも有名な「貝」シリーズのものらしく比較的良い値段つけてもらえました。
    切手にはそこまで価値はないと思っていたのですが、今回売ってみたら意外にしっかりとお金になったので驚きました。またタイミングが合えばスピード買取さんにお願いしたいと思います。
    ゆうペーン切手の貝シリーズを買取りました
    お父様が集めていたという切手を査定させていただきました。ゆうペーンの貝シリーズですが、経年により僅かなシミや汚れは見られるものの特段問題なく、買取市場でも人気のデザインということもあり、この度の査定額となりました。
    切手は現在使う機会も少なくなりましたが、いまだに法人用や切手収集ブーム当時からのコレクターからの需要は大きいです。
    思わぬ査定額となることもございますので、不要な切手をお持ちの方は是非一度買取り査定に出してみるのもいいかもしれません。 この度はスピード買取.jpにご用命いただき誠にありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報