日本切手

【ゆうペーン買取】相場や買取時の査定ポイントを解説します!

ゆうペーンとは

ゆうペーンは、通常の切手とは異なる作りを示すカテゴリーだと思って下さい。

公益財団法人日本郵趣協会が1986年に切手展の記念品の切手帳の愛称として付けたことに始まるもので、その翌年から各郵便局が、地方郵政局承認の整理番号を入れて地元の切手や記念切手などをカバーした、切手帳のスタイルで販売されている切手類をさします。

ここで述べられる「切手帳」とは切手収集家が切手を収納するのに用いるストックブックではなく、切手の販売方法のひとつであり、切手に表紙となる厚紙をつけたものです。

切手帳は基本的に表紙と中身の切手とで構成されていて、中身に入っている専用シート状のものを切手収集家は「ペーン(Pane)」と呼んでいます。

ペーンの最大の特徴は切手の縁がまっすぐにカットされていることで、これは切手帳制作のためにあらかじめ大きなシートを印刷、機械で裁断されるためです。

ゆうペーンの代表的なものとして、ふるさと切手にカテゴリーされている、北海道の「クリオネ」、東京都の「多摩のやまなみ」や埼玉県の「花と緑の祭典」、奈良県の「なら シルクロード」、長崎県の「オランダ村」、花シリーズなどがあり、普通切手では「日本の自然 キジバト・オシドリ」や「貝」など、中にはシールになっているタイプも存在しています。

また、記念切手にもゆうペーンと同様に切手の端がまっすぐにカットされているものも多く存在し、1979年より毎年7月23日に発行されている「ふみの日にちなむ郵便切手」や「日本万国博覧会記念切手」、「海の日制定記念切手」「青函トンネル開通記念切手」などは通常の記念切手の他にペーンのスタイルになっているものも存在します。

ゆうペーンは非常に種類も多く、小型切手シートやふるさと切手と同様に発行数も多いため、ゆうペーンをメインに収集なさっている切手ファンの方も多いのです。

切手買取をご利用のお客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 出張買取

    切手

    神奈川県

    60代

    無類の切手好きだったのですが、保管するのが困難になってきたので売ることを決意しました。すべてスタンプブックに保管しており、数量としては30冊程です。店舗まで持って行くのが大変だと思い、出張買取をやっているところを探した結果こちらを選びました。査定員さんの対応は非常に丁寧でしたし、30冊のスタンプブックは重たいと思ったのですが笑顔で買取をしてくれました。こちらを選んで良かったです。

  • 出張買取

    切手

    広島県

    30代

    父から不要になった大量の古い切手をもらいました。もらった切手の中には、「明治天皇銀婚記念切手」、「大正婚儀記念切手」などがありました。ネットで調べると状態によっては高額の買取になるみたいだったので、こちらの査定員さんに査定してもらいました。結果、想像以上の金額を提示されたのでその場で売りました。ありがとうございました!

  • 出張買取

    切手

    京都府

    50代

    父親が昔から切手を集めていて、古いものを合わせると200枚以上ありました。売却した場合、いくらくらいになるのか知りたかったため、とりあえず査定してもらう事にしました。インターネットで検索したところ、こちらの買取業者さんの評判が良かったため、依頼しました。結果、想像以上の高値が付いて嬉しかったです。

他の切手買取ご利用者様の声はこちら▶︎

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「ゆうペーン切手買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは普通切手や記念切手、特殊切手から、中国切手などのプレミア切手まで切手の買取に特化した買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい切手でも確かな価値を見極めることができるのです。

  • 安心無料のサービス

    普通切手などの切手にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。ぜひお気軽に無料査定をご利用ください。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用の際のご意見や疑問はすぐにご相談ください。

  • 満足買取

    普通切手の買取でご満足いただける買取価格を目指します。切手の査定に特化した買取専門店だからこそ満足買取を実現します。

  • スピード対応

    「普通切手を売りたい!」というすべての方のご要望にすぐにお応えできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    普通切手を始めとしたあらゆる切手の査定に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、切手買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

ゆうペーン切手買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
切手の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

ゆうペーンの買取相場は?気になる査定ポイント

1986年に切手収集家の組織「日本郵趣協会」が切手展の記念品の切手帳の愛称としてゆうペーンという愛称を用いて以来、全国各地の郵便局がさまざまな記念品、お土産品としての「ゆうペーン」を発売してきました。

今でも各地で美しい表紙のゆうペーンが多くのファンに愛されています。ゆうペーンはほとんどの買取業者が買取の対象としています。

それでは買取に出すときにはどのようなポイントが査定対象となるのでしょうか。

ゆうペーンはなんといってもその楽しい表紙のデザインが魅力的な切手です。ですので買取においては、やはりデザイン性が高く、コレクターから人気のあるシリーズが高値で取引されやすいようです。

1979年から毎年発行されている「ふみの日にちなむ郵便切手」、北海道の「クリオネ」などはファンが多く比較的高値での買取が期待できるでしょう。

またその他の記念切手や普通切手も、ゆうペーンの状態だとバラやシートで売るよりも高い換金率での買取をおこなっている買取業者も多いようです。

ご自宅にゆうペーンをお持ちの方はぜひ一度買取業者に依頼して価値を確認してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!