日本切手

【戦前切手買取】未使用品なら驚きのプレミアも?気になる買取相場とは

  • 戦前切手
  • 「戦前切手」とは、戦前に発行された切手を指し、その種類も豊富です。戦前切手は使用済みの切手でも価値の高いものも多く、過去には初期発行の戦前切手で数百万円で取引されたという種類もある切手です。
    「家の片付けで見つけた」「知人から譲り受けた」などでご自宅に戦前切手が保管してあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
    ここでは切手ブームが過ぎた今も高額で取引されている戦前切手について、有名な種類や買取の際のポイントをご紹介します。

    戦前切手とは

    戦前切手は、明治時代に前島密が英国の切手料金制度にならい、東京〜大阪間の郵便事業を発案して創業した際に発行された切手です。

    初めて日本で発行された切手は「竜切手」とよばれる4種類で、図案に雷紋と七宝の輪郭文様の中に向かい合った竜が描かれていることにちなんでいます。竜切手はサイズが19.5ミリの四方の正方形であり現在のように目打ちや糊もなく額面は四十八文、百文、二百文、五百文でした。
    当時の日本では印刷技術まだ粗く、銅板に一つ一つ手彫りで削られた板を使用して印刷されていました。
    この手彫り切手は、手作業で印刷されるためにどうしても微妙な差異が生れ、特に五百文のがエラー切手は使用済みでもオークションで3,500万円で取引されるくらいのプレミアムの付く品でした。

    大正時代になると切手のデザインを公募したり、偽造防止のためにすかしを採用し、印刷される紙にも繊維が入った毛紙を使用するなど大きく変化をしていきます。

    1923年に起こった関東大震災によって東京にあった印刷局や逓信省が被災し、倉庫にあった切手も焼失してしまったために全国的に切手が不足し、大阪市内の民間の印刷会社で切手を印刷することになりました。
    この時に製造された切手は「震災切手」と呼ばれています。

    これは暫定的にその時をしのぐための物でしたので、印刷は平版印刷と簡潔なもの、用紙のすかしも「震災すかし」と呼ばれる簡単なもの、規則的な目打や裏のりが省かれた状態で販売されました。戦前に発行された切手の図案の特徴として、天皇や皇族に関するものや、皇室にゆかりのある神社、はたまた飛行機をモチーフにしたものが多く、航空機の発展の助成を目的とした切手は「愛国」の文字が入っていることから、通称「愛国切手」と呼ばれています。

    戦後はGHQにより、愛国主義のある図案の切手は「追放切手」とされ、使用が禁止となりました。

    戦前切手の買取相場は?買取に出す前に抑えておきたい査定のポイント

  • 戦前切手
  • 今でこそ下火ですが、かつて切手の収集は一世を風靡し、国内ではコレクター向けに多くの記念切手が発行されました。切手の収集ブームは昭和30年代に起こったとされています。
    つまり、それ以前の切手は流通数も少なく希少性が高いため、買取相場も高くなります。加えて戦前切手は、第二次世界大戦の戦火や関東大震災などで多くの切手が消失してしまったこともあり、現在プレミアの付く切手として買取市場でも人気の切手となっているのです。

    そんなプレミア価格での買取の可能性も十分の考えられる戦前切手ですので、買取に出すときには後悔したくないですよね。それでは戦前切手の買取をお考えの方はどのように売るのが適切なのでしょうか。

    最も重要なポイントはズバリ、「業者選び」といえます。戦前切手は現在有効なものが少なく、金券ショップなどで買取してもらうと、全く金額をつけてもらえないというケースも考えられます。戦前切手の買取に対応しているか否かは、査定を受ける前に買取業者に確認するのが得策といえるでしょう。

    また戦前切手は、1871年(明治4年)に日本で初めて発行された「竜切手」、プレミア切手として名高い「桜切手」、「儀式のかんむり」などを始めとして、「飛行郵便試行記念」「第一次国立公園切手」など、非常に多くの種類が存在します。 また戦前切手は逆刷りや目打ちエラー、印字ミスなどで買取金額は大きく変わることもあります。

    お手持ちの戦前切手の価値が見逃されてしまわれないためにも、切手の買取業者の選定は非常に重要なポイントとなってくるのです。いくつかの業者に査定を依頼して査定金額を比較してみるのもいいかも知れませんね。
    最近では無料で出張買取を行っている業者も増えてきています。買取ショップに持ち込むのが手間だという方は積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

戦前切手を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    実家で見つけた切手が戦前切手でした
    先日、実家の片付けを行っていた際に、祖父が集めていたと思われる切手のアルバムが見つかりました。ほとんどが古い切手で家族一同全く価値が分からなかったので、買取査定を受けてみることにしました。見て貰った切手の中には、戦前の切手も多数混ざっており査定員の方も驚かれるような切手もありました。買取金額は予想だにしない額で家族一同驚いてしました。
    処分も考えていた切手だったので買取に出して本当によかったです。ありがとうございました。
    貴重な戦前切手の数々を買取らせていただきました
    この度はスピード買取.jpの切手買取サービスをご利用いただき誠にありがとうございました。
    今回買取らせていただいた切手は戦前に発行された切手で、中には竜文切手もございました。額面200文の竜切手で、上下左右の余白も均整がとれて非常に美しい逸品でした。買取金額にもご満足いただけたようで、私どもとしましても非常に嬉しい限りです。
    また竜切手の他にも希少性の高い切手を多数お譲りいただきました。貴重な戦前切手の数々をご売却いただきありがとうございました。
    また買取をご検討の際は、是非スピード買取.jpまでお気軽にご相談ください。
  • 60代 男性
    桜切手などの戦前切手を嬉しい価格で買取ってもらえました
    切手収集が流行っていたときに集めた記念切手や、生前父から譲り受けた戦前切手などをまとめて買取っていただきました。
    戦前切手の中には、桜切手もあって価値があることは知っていたのですが、予想をはるかに超えるような額で買取ってもらうことができました。
    出張買取も自宅にいるだけで完結して便利なサービスでしたし、利用してよかったと思っています。ありがとうございました
    桜切手含む戦前切手や記念切手を買取らせていただきました
    この度は数ある切手買取業者の中から、スピード買取.jpをお選びいただき誠にありがとうございました。
    今回お見せいただいた切手の中には、戦前切手も数種類含まれており、中には買取市場でも非常に人気のある桜切手もございました。歴史的価値や希少性、状態を考慮し今回の買取額を提示させていただきました。 査定金額だけでなく、弊社の出張買取サービスにもご満足いただけたようで私どもとしましても大変嬉しく思っております。
    またの機会ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。
  • 50代 男性
    買取金額の詳細を説明してくれたのがありがたかった
    切手はしばらく使う機会もなく自宅に置いておくのはもったいないかなと思い、切手の出張買取を利用しました。
    あまり切手には詳しくないのですが、父の代から保管してあった切手には戦前切手もあったようで、額面以上で買取ってもらえるものもあったので得した気分です。
    また訪問査定してくれた査定スタッフの方が丁寧に買取金額の詳細を説明してくれたのがありがたかったです。応対も紳士的で好印象だったので機会があればまた利用したいと思っています。
    震災切手など戦前切手をお売りいただきました
    今回買取らせていただいた切手は、震災切手などの戦前切手と記念切手です。
    震災切手は発行が非常に短期間だったこともあり、現存数が少なくコレクターからの需要も高い切手です。この度お売りいただいたものはコンディションも良好で額面は20銭のものだったため、歴史的な価値も考慮し査定金額を提示させていただきました。
    この度は貴重な戦前切手をご売却いただき誠にありがとうございました。スタッフの接客も評価いただけたようで大変嬉しく存じます。今後もお客様の満足度向上に努めてまいります。またのご利用心よりお待ちしております。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報