日本切手

【戦前切手買取】未使用品なら驚きのプレミアも?気になる買取相場とは

戦前切手とは

戦前切手は、明治時代に前島密が英国の切手料金制度にならい、東京?大阪間の郵便事業を発案して創業した際に発行された切手です。

初めて日本で発行された切手は「竜切手」とよばれる4種類で、図案に雷紋と七宝の輪郭文様の中に向かい合った竜が描かれていることにちなんでいます。

竜切手はサイズが19.5ミリの四方の正方形であり現在のように目打ちや糊もなく額面は四十八文、百文、二百文、五百文でした。当時の日本では印刷技術まだ粗く、銅板に一つ一つ手彫りで削られた板を使用して印刷されていました。

この手彫り切手は、手作業で印刷されるためにどうしても微妙な差異が生れ、特に五百文のがエラー切手は使用済みでもオークションで3,500万円で取引されるくらいのプレミアムの付く品でした。

大正時代になると切手のデザインを公募したり、偽造防止のためにすかしを採用し、印刷される紙にも繊維が入った毛紙を使用するなど大きく変化をしていきます。

1923年に起こった関東大震災によって東京にあった印刷局や逓信省が被災し、倉庫にあった切手も焼失してしまったために全国的に切手が不足し、大阪市内の民間の印刷会社で切手を印刷することになりました。この時に製造された切手は「震災切手」と呼ばれています。

これは暫定的にその時をしのぐための物でしたので、印刷は平版印刷と簡潔なもの、用紙のすかしも「震災すかし」と呼ばれる簡単なもの、規則的な目打や裏のりが省かれた状態で販売されました。

戦前に発行された切手の図案の特徴として、天皇や皇族に関するものや、皇室にゆかりのある神社、はたまた飛行機をモチーフにしたものが多く、航空機の発展の助成を目的とした切手は「愛国」の文字が入っていることから、通称「愛国切手」と呼ばれています。

戦後はGHQにより、愛国主義のある図案の切手は「追放切手」とされ、使用が禁止となりました。

切手買取をご利用のお客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 出張買取

    切手

    神奈川県

    60代

    無類の切手好きだったのですが、保管するのが困難になってきたので売ることを決意しました。すべてスタンプブックに保管しており、数量としては30冊程です。店舗まで持って行くのが大変だと思い、出張買取をやっているところを探した結果こちらを選びました。査定員さんの対応は非常に丁寧でしたし、30冊のスタンプブックは重たいと思ったのですが笑顔で買取をしてくれました。こちらを選んで良かったです。

  • 出張買取

    切手

    広島県

    30代

    父から不要になった大量の古い切手をもらいました。もらった切手の中には、「明治天皇銀婚記念切手」、「大正婚儀記念切手」などがありました。ネットで調べると状態によっては高額の買取になるみたいだったので、こちらの査定員さんに査定してもらいました。結果、想像以上の金額を提示されたのでその場で売りました。ありがとうございました!

  • 出張買取

    切手

    京都府

    50代

    父親が昔から切手を集めていて、古いものを合わせると200枚以上ありました。売却した場合、いくらくらいになるのか知りたかったため、とりあえず査定してもらう事にしました。インターネットで検索したところ、こちらの買取業者さんの評判が良かったため、依頼しました。結果、想像以上の高値が付いて嬉しかったです。

他の切手買取ご利用者様の声はこちら▶︎

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「切手買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは普通切手や記念切手、特殊切手から、中国切手などのプレミア切手まで切手の買取に特化した買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい切手でも確かな価値を見極めることができるのです。

  • 安心無料のサービス

    戦前切手などの切手にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。ぜひお気軽に無料査定をご利用ください。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用の際のご意見や疑問はすぐにご相談ください。

  • 満足買取

    戦前切手の買取でご満足いただける買取価格を目指します。切手の査定に特化した買取専門店だからこそ満足買取を実現します。

  • スピード対応

    「戦前切手を売りたい!」というすべての方のご要望にすぐにお応えできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    戦前切手を始めとしたあらゆる切手の査定に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、切手買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

切手買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
切手の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

戦前切手の買取相場は?買取に出す前に抑えておきたい査定のポイント

今でこそ下火ですが、かつて切手の収集は一世を風靡し、国内ではコレクター向けに多くの記念切手が発行されました。切手の収集ブームは昭和30年代に起こったとされています。

つまり、それ以前の切手は流通数も少なく希少性が高いため、買取相場も高くなります。

加えて戦前切手は、第二次世界大戦の戦火や関東大震災などで多くの切手が消失してしまったこともあり、現在プレミアの付く切手として買取市場でも人気の切手となっているのです。

そんなプレミア価格での買取の可能性も十分の考えられる戦前切手ですので、買取に出すときには後悔したくないですよね。

それでは戦前切手の買取をお考えの方はどのように売るのが適切なのでしょうか。

最も重要なポイントは、「業者選び」です。

戦前切手は現在有効なものが少なく、金券ショップなどで買取してもらうと、全く金額をつけてもらえないというケースも考えられます。

戦前切手の買取に対応しているか否かは、査定を受ける前に買取業者に確認するのが得策といえるでしょう。

また戦前切手は、1871年(明治4年)に日本で初めて発行された「竜切手」、プレミア切手として名高い「桜切手」、「儀式のかんむり」などを始めとして、「飛行郵便試行記念」「第一次国立公園切手」など、非常に多くの種類が存在します。

また戦前切手は逆刷りや目打ちエラー、印字ミスなどで買取金額は大きく変わることもあります。

お手持ちの戦前切手の価値が見逃されてしまわれないためにも、切手の買取業者の選定は非常に重要なポイントとなってくるのです。

いくつかの業者に査定を依頼して査定金額を比較してみるのもいいかも知れませんね。

最近では無料で出張買取を行っている業者も増えてきています。

買取ショップに持ち込むのが手間だという方は積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!