日本切手

【年賀切手・お年玉切手シート】気になる買取とその相場

    年賀切手とお年玉切手シートという言葉を過去に耳にしたことのあるとういう方は多いのではないでしょうか。
    年賀切手は郵便局で購入することができ、基本的に年賀状のやりとりに使用されます。皆さんの中には実際に年賀切手を貼って年賀状を出した経験があるという方もいらっしゃるかと思います。
    またお年玉切手シートも、お年玉年賀状の当選品とし広く知られており、日本人には馴染みが深い切手です。
    ところが一年に一回しか出番が無いことや、切手を貼り手紙を出すことも少なくなった現在、これらの切手を持て余し、売りたいと考えている方も多いようです。

    年賀切手・お年玉切手シートですが、実は状態や年代によっては、額面をはるかに上回る高額で取引されることもあるようです。
    そこでここでは、現在年賀切手やお年玉切手シートをお持ちで売却をお考えの方に、買取市場で人気の年賀切手、お年玉切手シートの代表的な種類や相場についてご紹介します。



    年賀切手には高額で取引される切手も存在する!

  • 年賀切手は、年賀葉書のように新年の特定期間にやりとりされる郵便物に貼るために発行されたものです。
    日本の他にも韓国、中国、台湾などの東アジアの国々で発行されています。世界で最初に年賀切手を発行したのは南米のパラグアイで1931年に1932年用の年賀切手として発行されたものとされています。

    それに次ぐ形で、日本は1935年12月1日に「昭和十一年年賀用切手」を発行します。この年賀切手の額面は1銭5厘で、渡辺崋山の「富嶽図」に松竹梅の枠を配した普通切手と同じサイズのものでした。発行枚数は当時としては大量である3億3163万枚で、その中の約2億5000万枚がその年のうちに販売されました。
    年賀切手は翌年の1936年にも発行されましたが、1937年の盧溝橋事件をきっかけとして虚礼廃止運動が起こり、年賀状の取り扱いも1938年で一度廃止になります。
    戦後になり、改めて年賀切手が発行されたのは、1948年12月13日の「昭和24年用年賀切手」です。翌年の「昭和25年用年賀切手」は1950年2月1日と新年が明けたあとの発行であったため年賀のあいさつには使えないものでした
    。1989年からは年賀はがきと同様にくじが付いた封書用の年賀切手が発行され、1990年からは私製葉書用の額面のくじ付き切手が発行されるようになりました。1992年以降から現在に至っては葉書用、封書用の他に、寄附金付き切手の封書用と葉書用の4種類が発行されています。
    また、2014年より海外在住の方々への郵便による年賀状やクリスマスカードなどの季節のあいさつに使用できる差額用18円海外グリーティング切手が発売されるようになりました。



    お年玉切手シートは希少価値が高いものにはプレミアの価値が付くことも

  • お年玉切手シートのはじまりは、昭和25年お年玉付郵便はがきのくじの景品からです。
    昭和25年は寅年ということから、図柄は、円山応挙「龍虎の図」(応挙のとら)で赤の単色刷りで発行されました。この切手シートは景品数に合わせて400万枚用意されましたが、実際に引き換えられたのは90万枚弱ほどしかなく、現存数もきわめて少ないため、大変希少で蒐集家の中でも評価の高いお年玉切手シートとなっています。

    現在ではお年玉切手シートのデザインというと干支をモチーフとした図柄が一般的ですが、初めのうちは、「おきなの面(昭和27年)」「三番叟人形(昭和28年)」や「こぼし(昭和30年)」、「鯛えびす(昭和34年)」など、必ずしも干支にちなんだものではありませんでした。昭和35年(子年)の「米くいねずみ」以降から、干支の図柄が連続して採用されるようになります。またこれら切手の価値としては、シミや汚れ、焼けなどの状態が大きく影響するため、古ければ高い価値がつくというわけではありませんが、初代から昭和30年前後ぐらいまでの初期のものが比較的高額で取引される傾向があるようです。
    ご存知の通り、お年玉切手シートはお年玉付き年賀はがきのくじの景品として引き換えできるもので、最近では100本に2本の確率で当選しますが、年始のあいさつをメールなどで済ます人が増えてきた昨今では、一時期よりむしろ当選しにくくなってきたのかもしれません。



    年賀切手・お年玉切手シートの買取相場

    年賀切手、お年玉切手シートは買取において、普通切手や、記念切手などのその他の切手と同様に、バラかシートかによって相場は変動する傾向があるようです。 バラの切手の買取相場は基本的に高額買取となることは少ないようです。とはいえ多くの買取業者がバラの切手の買取にも対応していますし、中にはバラであっても高額で買取してくれる業者も存在します。近年では買取や査定の手数料がかからない業者がほとんどですし、いくつかの業者に買取を依頼し、買取金額を比較してみるのも一つの手といえるでしょう。

    また買取相場が高くなるものとして、全ての収集と呼ばれる趣味には共通していえますが、年賀切手、お年玉切手シートにおいてもやはり希少性の高いものは、買取相場も比例して高くなるという傾向があります。 「応挙のとら」と呼ばれる、昭和25年に発行された年賀切手は当時の発行枚数が90万枚と少なく希少価値が高くプレミアの価値が付くこともあり、買取相場も高いようです。(見返り美人図の発行枚数は150万枚)
    またプレミア価値の付く年賀切手には、「応挙のとら」以外では、「夫婦岩」「少女とウサギ」なども非常に有名です。

    こういった切手は、普通の切手と間違って処分したり、使ってしまうと損をしてしまうことになるかもしれません。 「もしかしてこれはレアな切手かも」という年賀切手やお年玉切手シートをお持ちの方は、高額買取のチャンスですので、しっかりと相場をチェックし買取に出してみてはいかがでしょうか。

年賀切手買取のお客様の声

  • 年賀切手を出張買取してもらいました

    年賀切手買取 | 40代 | 男性

    昔購入した年賀切手が家にたくさん保管してあり、最近では使う機会もなくなっていたので、スピード買取さんで買取をして貰うことにしました。ネットで依頼するとすぐに日程をこちらの都合で調整してくれました。買取完了まで難しいことはなく、対応も親切丁寧な印象を持ちました。出張買取なので手間を時間も取ることもなく便利でした。価格も期待以上の満足価格で買取っていただけて良かったです。

  • 年賀切手に思わぬ価値が

    年賀切手買取 | 50代 | 男性

    兄の遺品から切手のコレクションを譲り受けたのですがあまりに量が多いので年賀切手や記念切手の一部を買取っていただきました。交通アクセスの不便な場所に自宅があるため、出張買取サービスは我が家のニーズにぴったりでした。買取金額は、年賀切手が思わぬ金額となり家族みんなで驚いてしまいました。スピード買取さんでは、着物や毛皮も買取っていただけるらしいので、次の機会にまた依頼します。スタッフの方の対応に信頼感がある業者さんでした。

  • お年玉切手シートにいい値段がつくとは意外でした

    年賀切手買取 | 40代 | 女性

    私は子供の頃から切手集めが趣味でした。集めた数多くの切手は大切に保管していましたが、引っ越しの際に不用な切手の処分に悩み思い切って買取に出しました。すぐ電話してみると査定も早く大変満足できました。査定員の方も親切で相談しやすく切手にも詳しい方でした。お年玉切手シートにいい値段がつくとは意外でした。大切に保管しておいて良かったです。今後また整理する時にも利用しようと思います。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について 

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報