日本切手

【小型シート買取】相場や買取の際に知っておきたいこと

  • 小型シート切手買取
  • 日本で初めて発行された小型シートは1934年に発行された「逓信記念日制定記念」であるといわれています。そして現在もお年玉切手シートを代表にさまざまな小型シート切手が発売されています。ご自宅に小型シートの切手が保管してあるという方も多いのではないのでしょうか。
    ここでは小型シート切手の買取をお考えの方に、そもそも小型シートとはどういった切手を指すのか、そして買取相場などにスポットライトを当てご紹介したいと思います。

    小型シートとは

    「小型シート」と聞いて、こちらのページをご覧のあなたはどんな切手を想像されましたか?切手の収集が盛んだったといわれる1960年代頃であれば、この名前を聞いて誰もが小型シートがどのようなものなのか想像できたと言われ、当時は手紙を送るためとしての切手の流通や需要が多かった時代でした。
    しかし最近では小型シートという名前を聞いてもピンとこない人の方が多いのではないでしょうか。

    切手は大きく分けると「シート」と「バラ」といった2種類に分けられます。シートとは何枚かが連続したものを指し、郵便局で購入できます。一方、一枚ずつばらして使えるという言葉から一枚だけの切手を「バラ」と呼びます。

    小型シートは名前にもありますように、形状が小さなものが多く、枚数としては1枚~10枚未満のシートのものを指す方が多いようです。

    世界で一番初めの小型シートは1921年にルクセンブルクで皇太子の誕生を祝して記念として作られたものと言われています。現在でも小型シートは発行されていますが、最近の小型シートはデザイン性に優れ、思わず収集したくなるような動物などをはじめ可愛い図柄など趣向を凝らしたものが多く、20枚綴りなどの通常の切手シートとは少し異なる位置づけで収集するコレクターの方もいらっしゃいます。

    小型シートは上記で挙げた理由から根強い人気があるといえるでしょう。コレクションした小型シートをお持ちで、もし収集するのをやめてしまったものをお持ちなら、一度査定を受けてみることをおすすめいたします。

    小型シートの買取相場と査定時のチェックポイント

  • 小型シート切手買取
  • 小型シートは1934年の「逓信記念日制定記念」以来、これまでに多くの種類の切手が発行されてきました。普通の切手シートに対して、主に記念として発行されてきたという特性から買取市場にも比較的状態が良好なものが流通しています。買取査定の際にも小型シートの状態によって買取相場の変動が見られるでしょう。

    とはいえ年代の古いものも数多くございますので、状態が芳しくないからと査定に出すのをためらうのはおすすめしません。というのも小型シートの中には使用済みの方が買取相場の高い切手も存在するのです。
    代表的なところでは、「立太子礼小型シート」が挙げられます。1952年に発行されたこの小型シートは、専用の収納袋が硫酸紙でできておりシワができやすく、経年による使用感が色濃く出ます。また使用済みのものは額面によっては数万円の相場での取引となることもあるプレミア切手です。

    そして小型シートといえばやはり年賀小型シートです。「応挙のとら」と呼ばれる年賀小型シートは、日本で初めて発行されたお年玉切手シートです。買取相場は切手収集ブームのときと比較すると若干下降気味ですが、未使用であれば1シートで1~3万円ほどが相場であると言われています。

    このように小型シートの中には買取市場でもプレミアの価値が付く切手も多く存在します。小型シート切手をお持ちの方はぜひ一度、査定に出して価値を把握してみることをおすすめします。
    最近では出張買取を行っている買取業者の数も増えています。ほとんどの業者が手数料無料で買取サービスを展開しているようですので、積極的に利用してみてはいかがでしょうか。

小型シート切手を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 男性
    小型シートの切手を買い取って貰いました
    以前実家に帰省したときに、父が集めていた切手のアルバムを数冊見つけました。普通切手や小型シートの切手があり、全体的に古そうなものばかりだったので買取に出してみました。
    小型シートのものはレアな切手だったらしく、良い値段をつけてもらうことができました。価値についても詳しく教えてもらえたので安心して売却を決めることができました。ありがとうございました。
    第一次国立公園切手の小型シートをお売りいただきました
    この度はスピード買取.jpの切手買取サービスをご利用いただき誠にありがとうございました。
    今回査定させていただいたのは、お父様が収集されていたという切手です。1930~50年台に発行された切手が多く、現在希少価値も高まっているものも多かったこともあり、今回のお値段つけさせていただきました。第一次国立公園切手の富士箱根国立公園の小型シートは日本で初めてのシリーズ切手で、ファンも根強く付いている切手です。
    この度は貴重な切手の数々をお売りいただきありがとうございました。また買取をご検討の際は是非スピード買取.jpまでお気軽にご相談ください。
  • 60代 男性
    紅楼夢切手の小型シートを満足価格で買い取ってもらえました
    紅楼夢切手は1981年に発行された切手です。中国の小説「紅楼夢」を図案に作られた切手で、挿絵が大変美しく、精緻なデザインや淡い雰囲気から、多くのファンを魅了し続けている切手です。
    今回のお品は、小型シートでお売りいただき、裏面に多少のヤケは見られたものの希少性も高く大変人気も高い逸品ですので、今回の買取金額提示させていただきました。
    金額の方ご満足頂けたようで嬉しい限りです。この度は大切な切手をお売りいただきありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。
    プレミア切手紅楼夢切手の小型シートをお売りいただきました
    紅楼夢切手は1981年に発行された切手です。中国の小説「紅楼夢」を図案に作られた切手で、挿絵が大変美しく、精緻なデザインや淡い雰囲気から、多くのファンを魅了し続けている切手です。
    今回のお品は、小型シートでお売りいただき、裏面に多少のヤケは見られたものの希少性も高く大変人気も高い逸品ですので、今回の買取金額提示させていただきました。
    金額の方ご満足頂けたようで嬉しい限りです。この度は大切な切手をお売りいただきありがとうございました。またのご利用心よりお待ちしております。
  • 40代 男性
    親戚から譲り受けた切手を買取に出しました
    昨年親戚から切手を数種類譲り受けたのですが、使う機会も無く蒐集の趣味も無いので買取に出すことにしました。小型シートの切手に思わぬ金額がつき驚きました。
    出張査定に来てくれたスタッフは、切手の知識が豊富な方で一枚ずつ丁寧に説明してくれました。誠実な方でしたし親切な対応も好印象でした。また何か売りたいときは利用したいと思います。
    郵便創始75年記念切手を買い取らせていただきました
    この度はスピード買取.jpをご利用いただき誠にありがとうございました。
    今回は譲り受けた切手ということで、小型シートの郵便創始75年記念切手含む記念切手や普通切手を買い取らせていただきました。郵便創始75年記念切手は初版と2版の2種類が発行されており、初版ですと数十万円で取引されることもあるプレミア切手です。今回のお品は2版のものでしたが、保管状態も良好でしたので歴史的価値や希少性を考慮し今回の査定額となりました。お値段の方、ご満足いただけたようで何よりです。
    この度は貴重な切手をお売りいただきありがとうございました。またのご利用心からお待ちしております。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報