日本切手

【普通切手買取】相場と需要が高い傾向の理由とは

  • 皆さんの中にはご自宅に切手が余っているという方もいるのではないでしょうか。昨今インターネットの普及に伴い、基本的にこれまでの手紙の役割は、Eメールが担うようになりました。手紙やハガキが主流だった時代は、切手を購入することも多く、だいたいの家庭では切手をストックしていました。
    しかし現在、使い道も減ってしまった切手を家に眠らせているという方も多く、またせっかく購入した切手ですので、買取に出して現金に換えたいという方も少なくはないようです。

    そこでここでは、普通切手の売却を考えている方に、普通切手とはどのような切手なのか、また普通切手の種類や買取についてご紹介したいと思います。

    普通切手について

    普通切手は手紙やハガキなどに貼付され使用される、郵便料金の納付を目的とした切手のことを指します。基本的に販売期間や製造・発行枚数は定められていませんが、普通切手の中には、今は未使用品の入手が困難なものもあり、記念切手より高く買い取りをされるケースもあります。
    発行枚数の上限がない普通切手は、欲しい時に欲しい枚数を郵便局で入手可能なものですが、その分郵便局から姿を消した場合などはコレクション用のストックができていないという事態があるからです。

    それでは切手が郵便局から姿を消す。これはどのような場合でしょうか。それは、郵便料金の改正や図案の変更がでた場合です。大幅な図案の変更となればまだ準備が出来るのですが、細かい図案の変更の場合は大きく告知されずにそっと変更されることも多く、判明した頃には価値が高くなることもしばしばあるようです。

    例えば、10年前まで販売していた2円切手の秋田犬が描かれた図案は、1953年8月25日に発行された後1989年4月1日にローマ字国名切手が発行されるまで実に36年間も販売されていましたが、2001年の省庁再編により大蔵省が財務省になったことで、シート地の記載が変更になりました。
    この変更が加えられた財務省銘柄の秋田犬図案2円切手は、翌年需要減少に伴い発行中止となってしまいます。つまり、省庁再編後の発行枚数が非常に少ない切手となってしまったのです。
    こうしたもの以外で希少性が付随するのは、印刷版の消耗やミス発行。いわゆる「エラー切手」です。
    切手の印刷版に異物が付着しているのに気付かず印刷されてしまった、なにかしらのトラブルで色が抜けてしまった、ずれてしまったなどのものです。

    定常変種の有名なものにはプレミアとしての価格がついている場合が多いですが、ぱっと見ただけでは見付けづらい、通常のものと違う点をルーペで発見するのを楽しむ蒐集家は意外と多いのです。

    普通切手の種類や買取相場

    普通切手は古くは明治時代から発行されており、日本で初めて発行された切手は1871年に発行された「竜文切手」であるといわれてます。当時は通貨制度が江戸時代の同じだったため額面が「文」の表示となっています。
    当時の普通切手は、現在の印刷とは異なり手彫りで発行されていました。手彫切手は現在、コレクターの間ではアンティーク切手としての価値があるようです。また種類にもよりますが、バラでも一枚数十万円の値が付くこともあるようです。

    続いて普通切手の買取相場ですが、記念切手の買取に比べると比較的高値が付きやすいようです。というのも普通切手は、主に趣味で収集する記念切手に比べると買い手が多く、需要が幅広いのです。ここでいう買い手とは個人だけでなく、法人も含まれます。企書簡やハガキに使う切手を、切手買取業者からまとめて購入することで経費の削減を行っている企業は多く存在します。ニーズの幅広さがが普通切手の買取相場に大きく影響を与えているといえます。

    また普通切手は、他の中国切手や記念切手、同様に「シート」の方が相場は高くなる傾向があるようです。シートとは複数の切手が切り離される前の状態のことです。また切手が一枚も切り離されていなくても、外枠に破れや切れがあった場合はバラとみなされてしまうようです。
    それではバラだとなぜ買取相場は低くなってしまうのでしょうか。
    これはやはり先ほどの法人からの需要が強いということが要因として挙げられます。企業のような規模になると購入時も大量に購入しますし、保管する際もシートの方が枚数などの管理が容易なのです。
    普通切手をシートでお持ちの方で買取に出すことをお考えなら、可能な限り切り離さず、また破れたり切れたりしないように丁寧に取り扱い、査定を受けることをおすすめします。

    加えて普通切手は明治時代から発行されているため多くの種類があります。中には高額で取引される普通切手も存在しますので買取に出す際は、お手持ちの切手の価値を正確に判断してもらえる業者に買取を依頼することをおすすめします。

    最後に日本でこれまで発行されてきた普通切手の中で、代表的なものを一覧でご紹介したいと思います。

普通切手を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    手紙も出さなくなり使い残していた普通切手を買い取ってもらいました
    最近は手紙を出すことも無くなり、昔買った切手を使い切れずにいました。バラの切手ばかりで、不揃いでしたが無事すべて買取ってもらうことができました。買取金額も思った以上でとても満足しています。いつか使うだろうと売却をためらっていましたが、売ることができスッキリしましたし、もっと早く売ればよかったと思っています。
    どんな切手でも精一杯査定させていただきます!
    今回は弊社の切手買取サービスをご利用頂きありがとうございました。 普通切手はなかなか使う機会も無く、ご自宅に眠らせたままという方は実は少なくありません。今回はなかなか処分できなかった切手ということもあり、ご自宅の整理のお役にも立てたようで何よりです。
    スピード買取.jpでは不要な普通切手の買取に力を入れています。お持ちの切手がバラで枚数も分からないという方でも、査定員が一つ一つ丁寧に査定いたします。ご自宅に不要な切手があるという方はお気軽にご相談くださいませ。
  • 40代 男性
    実家で見つけた普通切手が驚きの額になりました
    実家の片付け中に本棚で切手を見つけ、少しでもお金に換えれたらと思い、スピード買取さんを利用させて頂きました。
    実家は田舎でアクセスも悪いところですが、電話をしたその日のうちに出張して頂けたので、片付けもはかどり大変助かりました。 切手も量が多かったのですが手際よく査定していただき、またレアな切手も混ざっていたようで査定金額が高額で驚きました。少しでもお金になればと思っていたので、思わぬ副収入になり嬉しい限りです。
    査定金額に驚かれて 
    この度はお忙しい中、弊社のサービスを利用いただきありがとうございました。スピード買取.jpは日本全国、お問い合わせから最短30分で出張買取を行っています。切手は量が多いと持ち運ぶのも一苦労ですので、今回は出張買取がピッタリだったかもしれませんね。
    買取らせて頂いた切手は全体的に保管状態も良好で、シートで残っている切手も多くありました。また中には1940年代に発行された第一次新昭和切手もあり、査定も高値を付けさせて頂きました。
    査定額に満足して頂けたようでよかったです。またの機会がございましたら是非ご利用お待ちしております。
  • 30代 女性
    祖父の残した普通切手を買取ってもらいました
    今回は祖父の遺品整理で利用させて頂きました。祖父は昔から、手紙やハガキを出すことが多く切手にもこだわっていたようでした。
    私は全く切手の知識が無く、古そうな切手も価値が分からず買取ってもらえるか心配でしたが、査定員の方が一つ一つ丁寧に説明してくださり安心して売却することができました。
    査定額も予想以上で、切手にはこんなに価値があるのだと驚きました。
    ご祖父様のこだわりが感じられる切手の数々でした
    この度はスピード買取に切手の査定をご依頼頂きありがとうございました。
    切手を収集されていたご祖父様の切手の買取依頼ということで、大変こだわりの感じられる切手の数々でした。中には、現在は発行されていない旧デザインの普通切手もあり、満足して頂ける買取金額になりよかったです。
    昔の普通切手は思いもよらない額で買取されることも少なくありません。
    スピード買取.jpでは、切手の知識が豊富な査定員が多く在籍しています。また今後も査定員一同、査定技術の向上に取り組んでまいりますので、価値の分からない切手や古い切手をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報