日本切手

普通切手を買取ってもらうには

普通切手

  • 普通切手の中には、今は未使用品の入手が困難なものもあり、記念切手より高く買い取りをされるケースもあります。通常、普通切手は発行枚数の上限がなく、欲しい時に欲しい枚数を郵便局で入手可能なものですが、その分郵便局から姿を消した場合などはコレクション用のストックができていないという事態がままあるからです。切手が姿を消す。それは、郵便料金の改正や図案の変更がでた場合です。大幅な図案の変更となればまだ準備が出来るのですが、細かい図案の変更の場合は大きく告知されずにそっと変更されることも多く、判明した頃には価値が高くなることもしばしばです。例えば、10年前まで販売していた2円切手の秋田犬が描かれた図案は、1953年8月25日に発行された後1989年4月1日にローマ字国名切手が発行されるまで実に36年間も販売されていましたが、2001年の省庁再編により大蔵省が財務省になったことで、シート地の記載が変更になりました。この変更が加えられた財務省銘柄の秋田犬図案2円切手は、翌年需要減少に伴い発行中止となってしまいます。つまり、省庁再編後の発行枚数が非常に少ない切手となってしまったのです。こうしたもの以外で希少性が付随するのは、印刷版の消耗やミス発行。いわゆる「エラー切手」です。切手の印刷版に異物が付着しているのに気付かず印刷されてしまった、なにかしらのトラブルで色が抜けてしまった、ずれてしまったなどのものです。定常変種の有名なものにはプレミアムとしての価格がついている場合が多いですが、ぱっと見ただけでは見付けづらい、通常のものと違う点をルーペで発見するのを楽しむ蒐集家は意外と多いのです。

    普通切手一覧

  • 普通1円切手

  • 普通2円切手

  • 3円普通切手
    シマリス

  • 5円普通切手
    ニホンザル

  • 10円普通切手
    トキ

  • 20円普通切手
    ニホンジカ

  • 30円普通切手
    キタキツネ

  • 50円普通切手
    ニホンカモシカ

  • 52円普通切手
    ソメイヨシノ

  • 82円普通切手
    ウメ

  • 92円普通切手
    スミレ

  • 100円普通切手
    サクラソウ

  • 120円普通切手
    フジ

  • 140円普通切手
    ヤマブキ

  • 205円普通切手
    屋久島国立公園
    (縄文杉)

  • 280円普通切手
    吉野熊野国立公園(那智の滝)

  • 310円普通切手
    利尻礼文サロベツ
    国立公園(利尻島)

  • 500円普通切手
    十和田八幡平国立
    公園(奥入瀬渓流)

  • 1000円普通切手
    富士図

  • 慶事用52円
    普通切手
    扇面に梅文様

  • 慶事用82円
    普通切手
    扇面に竹文様

  • 慶事用92円
    普通切手
    扇面に松文様

  • 弔事用52円
    普通切手
    花文様

    旧デザイン普通切手の一覧

    ※下記シリーズは複数種類あり、代表的なものを掲載しております。

  • ローマ字入り切手

  • 印字コイル切手

  • 円単位切手

  • 菊切手

  • 産業切手

  • 手彫切手

  • 小判切手

  • 昭和切手

  • 新昭和切手

  • 震災切手

  • 台湾数字切手

  • 田沢切手

  • 日本の自然切手

  • 富士鹿切手

  • 風景切手

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報