中国切手

毛沢東の切手の買取なら高額に

毛沢東切手

  • 毛主席の長寿を祝う
  • 毛主席の長寿を祝う

    中華人民共和国の初代主席であり建国の父である毛沢東は、現代においても様々な評価がありますが、総じて中国の英傑として掲げられます。

    1967年に発行された「毛主席の長寿を祝う 語録(文1)」は11種完。毛主席をモチーフにした中国切手の中でも代表的なプレミアム切手です。11種の内「謁見する毛主席」の1種のみがイラストで描かれ、残り10種は思想家の顔も持つ毛沢東語録より抜粋された文章で構成されています。

  • 毛主席の最新指示
  • 毛主席の最新指示

    「毛主席の最新指示 5種完(文10)」も、毛沢東シリーズの中で価値が非常に高いものです。

    1968年に発行されたこの切手は、1枚ずつに毛主席の肖像画と文字を組み合わせたデザインで構成されており、まるでメッセージカードの様なレイアウトも特徴的です。5種連刷のそれぞれを通じ、社会主義への強い思いと大衆を幸福へ導く姿勢、不正を排除する姿勢を掲げています。没後も彼の思想が大切にされ、人々から崇拝される理由がここに垣間見えるようです。

     
     

    毛主席のプロレタリア文化大革命により中華人民共和国として新しいスタートを切った際、中国内ではあらゆることに変化が起こりました。

    切手の編号も新しく(文)になり、それまで1949~1967年に発行された物についていた(紀)や1951~1966年発行された物についている(特)は廃止されました。(文)の編号は1967~1970年という短期間の発行分だけで、その次は(革)へと変化します。1974年以降は記念切手には「J」特殊切手には「T」が編号として採用されましたので、お手元に中国切手があるならば、試しに切手買取業者や金券買取店に見せずとも年代がおおよそ判断できるのもおもしろさの一つかもしれません。この時期は、文化大革命により実用以外での切手の収集は禁止されていたのも希少性を高める大きな原因となりました。外貨獲得手段として海外へ切手を輸出することも許されてはいませんでしたので、国外からの入手方法は極めて難しく、数少ない持ち出し手段は外国人旅行者が入手したものを国外へ持ち出すくらいだったようです。このため世界的に見ても並大抵ではない希少性の高さが生まれ、一頃は1枚に100万円以上の値を付ける収集家すら存在しました。現在では切手類の買取業者だけではなく、中国国内でも投機の対象として文化大革命およびそれ以前の切手が注目をされています。中には逆輸入のような形で、外国の収集家から購入する中国の方も珍しくはありません。査定額は時代や状態によって波があるものの、未使用美品であれば買取手次第でかなりの価値が見込めます。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報