山形県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら山形県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

山形県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 山形県地域
  • 山形県内(市)

    山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市


    山形県内(郡)

    東村山郡山辺町、東村山郡中山町、西村山郡河北町、西村山郡西川町、西村山郡朝日町、西村山郡大江町、北村山郡大石田町、最上郡金山町、最上郡最上町、最上郡舟形町、最上郡真室川町、最上郡大蔵村、最上郡鮭川村、最上郡戸沢村、東置賜郡高畠町、東置賜郡川西町、西置賜郡小国町、西置賜郡白鷹町、西置賜郡飯豊町、東田川郡三川町、東田川郡庄内町、飽海郡遊佐町

山形県のお客様の声

  • ためていた切手を買取してもらいました

    出張買取 | 山形県米沢市 | 40代 | 男性

    引越しの際に、子供の頃ためていた正月や観光名所の記念切手を買取に出すことにしました。インターネットで依頼ができ、自宅まで買取に来ていただけたので手間がかからずスムーズでした。またお願いしようと思います。

  • 切手収集の趣味がついに完結!

    出張買取 | 山形県山形市 | 30代 | 女性

    山形県在住の主婦です。私の父は切手を収集する趣味がありました。しかしそれが最近満足したのか、もういいやと思ったらしく、買取をお願いしようと言いました。枚数が多いということもあって思った以上の値段になりました。

  • 切手の買取は簡単でした

    出張買取 | 山形県新庄市 | 50代 | 男性

    切手の買取を初めて依頼しました。切手ファイルを出張買取で査定してもらったのですが、丁寧に扱ってくれ、スムーズに査定が終わりました。買取って簡単ですね。ありがとうございました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|山形県の豆知識

  • 赤い封筒
  • 自然と文化の香りが高い山形県の切手買取事情

    山形県は東北地方の日本海側にある県です。県内には約110万人程の人が住んでいて、県庁所在地は県の中央部にある山形市になります。 日本海に面しているため、冬は寒く降雪量の多い地域ですが、自然の魅力にあふれ、海と山それぞれに美しい風景が広がっています。 ラ・フランスやサクランボを始めとするフルーツの名産地でもあり、切手のモチーフとしてこれらの果物が描かれることもあります。また、東北三大祭りの一つ花笠まつりなど伝統芸能が盛んなことも特徴です。 切手買取店やオークション・サイトなどでは、山形県の自然を描いた美しい切手も取引されています。

  • 山形県内にある切手の買取店とは?

    山形県内では、山形市や鶴岡市に合わせて6軒ほどの切手買取のお店があります。中には、50年近く切手や古銭の買取をしているという老舗の店舗も含まれています。 切手を買い取ってもらうやり方としては、店頭に直接持ち込む以外にも、郵送で査定してもらうという方法があります。また、無料で自宅まで出張買取に来てくれるお店もあるので便利です。 山形県は、有名な切手アーティストである太田三郎氏の出身地でもあり、切手には縁の深い県となっています。 県内のいくつかの美術館には、広重などを題材とした記念切手も収蔵されていて、こういった場所でも珍しい切手を目にできる機会があります。

  • ポスト
  • 切手
  • 山形県を題材とした様々な切手があります

    山形県を題材にした切手もいくつかあり、名所や自然をモチーフにしたものが多く存在します。 1982年に発行された近代洋風建築シリーズの切手には、山形市の市営病院であった旧済生館本館を描いたものがあり、切手専門店でも買取や販売の対象になります。旧済生館は現在は山形市郷土館となっていて、1966年からは重要文化財に指定されている建物です。 また、ふるさと切手も何度か発行されています。2007に発売された東北の景勝地シリーズには、鳥海山や月山をモチーフとした切手が含まれています。 最近では、地方自治法施行60周年を記念したふるさと切手が2014年に発行されていて、こちらは最上川や羽黒山の五重塔などを写した5枚綴りの切手シートです。

  • 第一次国立公園シリーズの磐梯朝日切手が有名です

    また、山形県の名所を描いた切手としては、国立・国定公園シリーズの磐梯朝日国立公園も有名です。 この切手は、第一次国立公園シリーズに含まれる1952年発行のもので、オークションや切手買取店でもプレミアが付くことがあります。 磐梯朝日国立公園は、福島・山形・新潟という3つの県に跨る国立公園で、小型シートの中に4枚の切手が収められています。 4枚の切手のうち、2枚は山形県内の自然を題材としたものです。高山植物で有名な月山と、新潟県との県境にある大朝日岳の風景が描かれていて、共に日本百名山に含まれる名峰の魅力を伝えるものとなっています。

  • 便箋




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について