東京都で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら東京都全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

東京都内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 東京都地域
  • 東京都内(区)

    千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区

    東京都内(市)

    八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、青梅市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

    東京都内(郡)

    西多摩郡瑞穂町、西多摩郡日の出町、西多摩郡檜原村、西多摩郡奥多摩町

    東京都内(島しょ)

    大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅島三宅村、御蔵島村、八丈島八丈町、青ヶ島村、小笠原村

東京都のお客様の声

  • 切手に詳しい方が査定してくれたので安心でした

    出張買取 | 東京都八王子市 | 40代 | 男性

    実家の本棚を整理していたときに見つけた切手を買取してもらいました。切手に詳しい方が査定してくれたので安心しました。目立った汚れや変色もなかったので、期待以上の金額をつけてもらうことができました。

  • 昔の切手にも価値があるんですね

    出張買取 | 東京都江東区 | 50代 | 男性

    切手を収集していましたが、その熱が冷めてしまい、処分しようか悩んでいたところ、買取サービスがあることを知りました。昔の切手にここまで価値があるのかと驚きました。処分せずに買取してもらって良かったです。

  • 切手を全て買取ってもらいました

    出張買取 | 東京都町田市 | 60代 | 男性

    記念の切手と聞くと、つい買って集めてしまいます。記念の切手なので使うタイミングが難しく、どんどんたまっていきました。さすがに増えすぎてしまい、私一人では使いきれないので買取っていただきました。ありがとうございました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|東京都の豆知識

  • 切手色々
  • 東京の切手買取事情

    東京は日本国内でもトップの人口を誇るエリアであり、切手買取業者も数多く存在します。また、業者によって切手の買取方法も様々です。店舗に持ち込むだけでなく、自宅まで査定に来てもらうこともできます。 切手の中にはプレミアが付き、特に高く買取してもらえる物があります。その土地にまつわるエピソードや歴史と関連したデザインの切手は人気が高く、例えば切手趣味週間シリーズの江戸時代の浮世絵をモチーフにした切手などは特にプレミアが付くことが多いです。 その中でも切手趣味週間シリーズ「見返り美人」は人気が高く、買取価格が上昇し続けています。

  • 多数の切手買取業者がある東京

    東京で切手買取を扱う業者の数は数百件ほどありますが、業者によって切手を専門に扱う店舗のほかに金券ショップなどでも切手の買取を行っている場合があります。ただし、金券ショップは新しいシート状の切手しか買取をしてくれない場合もあるので、基本的に切手買取専門店に持ち込んで査定してもらうのが良いでしょう。 また、ご家族が故人の遺品整理をしていて切手コレクションを見つけたものの、どう扱ったら良いかわからないというケースもあります。そんな時のために自宅まで切手を査定しに来てくれる業者もいます。「切手を売りに行くところを人に見られたくない」「お店まで持って行くのが面倒だ」という方にとっても大変便利なサービスです。

  • 切手
  • 切手と封筒
  • 東京ならではの切手とは?

    東京の切手買取業者において東京に関連した切手は買取価格を高く査定してもらえることがあります。 例えば、江戸時代には多くの浮世絵師が活躍していましたが、その浮世絵をモチーフにした切手などは大変人気があります。毎年4月に発行される「切手趣味週間シリーズ」は1947年から始まり、第一回は葛飾北斎「山下白雨」のデザインの切手でした。その後も菱川師宣や伊藤若冲など、江戸で活躍した絵師たちの作品を使った切手が多数発行されています。 また、1964年の東京オリンピックの記念切手などは、2020年開催の東京オリンピックの影響でオリンピックへの意識が高まると考えられるので、今後、価値が高くなる可能性もあります。

  • 発行枚数が少なく貴重とされる「見返り美人」の切手

    1948年に発行された趣味週間シリーズのうち「見返り美人」はプレミアムが付くほど人気で、東京の切手買取業者にも高く買取をしてもらえる切手の一つです。 縦67ミリ、横30ミリという、日本で一番大きなサイズの切手になります。ちなみにこれと同じサイズの歌川広重「月と雁」も同じくらい大変人気のある切手です。 実は見返り美人の切手は1996年にも「郵便切手の歩みシリーズ」として再度発行されているのですが、初回に発行された物の方が貴重とされています。それは、初回の発行枚数が特に少なく、150万枚しか発行されなかったためです。 見返り美人は初回発行当時の発売期間中から人気が高く、現在までその価値は上がり続けています。

  • 見返り美人

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について