岡山県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら岡山県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

岡山県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 岡山県地域
  • 岡山県内(市)

    岡山市、 倉敷市、津山市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、浅口市

    岡山県内(郡)

    和気郡和気町、都窪郡早島町、浅口郡里庄町、小田郡矢掛町、真庭郡新庄村、苫田郡鏡野町、勝田郡勝央町、勝田郡奈義町、英田郡西粟倉村、久米郡久米南町、久米郡美咲町、加賀郡吉備中央町

岡山県のお客様の声

  • 切手の買取をしてもらいました

    出張買取 | 岡山県倉敷市 | 50代 | 男性

    岡山県倉敷市在住の主婦です。切手って買ったは良いけど、使わなくて余ったりすることがよくあります。私も今回切手を買取ってもらいました。結果は満足のいく価格でした。家から一歩も出る必要がなかったのもよかったです。

  • 切手の価値におどろきました

    出張買取 | 岡山県笠岡市 | 60代 | 男性

    切手を収集していましたが、その熱が冷めてしまい、処分しようか悩んでいたところ、買取サービスがあることを知りました。昔の切手にここまで価値があるのかと驚きました。処分せずに買取してもらって良かったです。

  • 長年のお年玉記念切手を買取ってもらいました

    出張買取 | 岡山県玉野市 | 50代 | 男性

    母が教職で、お正月になると1000枚以上の年賀状をもらっていました。私は、年賀状の整理をする代わりに当たりをもらえるということで小学生から20年以上、お年玉記念切手をもらっていました。500枚以上の記念切手が手元にあるのですが、郵便で利用するくらいでほとんど消化していませんでした。切手も買取ってくれる業者があると知り、電話したところ、すぐに来てくれました。枚数も多かったので結構な金額になりました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|岡山県の豆知識

  • 切手色々
  • 岡山県で切手の買取先を探す

    岡山県はおよそ191万5千人ほどの人口があります。 特に県庁所在地の岡山市は72万人ほどの人々が暮らす、中国地方でも有数の大都市です。 余談ではありますが、歴代の内閣総理大臣を排出した数でいえば都道府県のうち1位を誇るのもまた岡山県であります。 同市には日本最大名園の一つである後楽園があります。数ある岡山県の観光地でも後楽園にが多くの観光客が県内、県外問わず集まります。 また備前市の周辺では古来より伝統工芸の備前焼が製造されています。備前焼は小学生の社会でも学ぶくらい全国的によく知られている伝統工芸の一種で、岡山県が誇る職人たちの手によってこの伝統が守られています。 このように岡山県は経済や政治だけではなく優れた文化を持つ地域です。 古美術などを扱う店舗も多数存在し、切手やコインなどの買取も積極的に行われています。 一般的に切手は郵便局や金券ショップなどで引き取ってもらうことが多いものです。 一方で切手専門の買取を行っている事業者も存在しますので状況に応じて適宜利用してみてはいかがでしょうか。

  • 切手買取のコツ

    切手にはシート状のものとバラになっているものがあります。 それぞれ買取における査定の方法も違いが出てきますので切手買取を少しでもお考えの方はしっかりとその違いを理解するようにしておくと損をせずに済みます。 一般的にシートバラか、切手の額面が50円以上かそれ未満かで買取価格が異なるということを頭に入れておくことが重要です。 ごくまれに額面以上の価格で買い取ってもらうことのできるいわばプレミア切手と呼ばれるものもあります。 岡山県内には骨董品店や金券ショップ、切手専門の買取事業者が多数存在します。 それぞれ扱う商品にも得意なものとそうでないものがあります。ですのでもし上記のプレミア切手をお持ちの方で買取の依頼を検討中でしたら切手買取専門店を探すことがまず第一優先となるでしょう。 さらにいいますと実際の査定結果は各店舗によっても大きな差が出ることもあるため、買取希望者は様々な事業者の比較検討をした上で最終的に最も満足度の高い業者を選ぶことが必要です。

  • 中国切手
  • 切手の数々
  • 岡山県の切手買取

    岡山県内で切手買取を希望する場合には様々な事業者のサービスを利用することができます。 例えば出張買取サービスを行っている事業者があります。 出張買取サービスとは業者側がご自宅まで出向いて、直接目の前でお持ちの切手を査定してくれるサービスのことを指します。 最近では出張費が無料で、さらに買取を依頼しなくても無料で査定だけしてもらえるような業者も増えてきているとのことなので、利用者としてはお店に足を運ぶ必要もなく、無料ですべての流れが済んでしまうので、この上なく便利なサービスでしょう。 やはり自宅に居ながらにして買取査定を行ってもらえることはありがたいですよね。 また一般的には買取を行っていないような切手でも査定してもらえる事業者も中には存在します。 過去の切手収集について振り返ると、日本における切手収集は1950年代後半から60年代にかけてブームとなりました。 現在ではその切手収集への熱は以前に比べて冷めており、熱心に切手の収集を行う人の数もかつてほど多くはありませんが、それでも日本のオタク文化から来る根強い人気があります。 押入れの奥に眠っている昔集めた記念切手などが思わぬ高値で査定されることもあり得ますので一度査定に出すことを検討することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

  • 様々な切手の買取

    第26回世界卓球大会組合せ 小型シートは人気のある中国切手の1つです。 世界卓球選手権は1926年にロンドンで第1回大会が行われました。世界大戦が一時落ち着いている時期にこの世界卓球選手権が始まりました。 卓球の人気はさらに加速し、その後世界各国で開催されるようになり1961年の第26回大会は卓球大国とも呼べる中国の北京で開催されました。 このとき1位から3位までを独占したのがやはり卓球大国中国の選手たちです。 そこで第26回世界卓球大会組合せ 小型シートは卓球王国中国がその世界大会を記念して発行したものです。 外国切手なので日本国内で実際に手紙などを送る際に使用するということはできませんが、希少価値が高く国内にも多くのファンやコレクターがいます。 岡山県には国内の切手だけではなく、海外で発行されたものの買取を行っている事業者も多数存在します。 ですので、もし自分では価値のわからないような切手が手元にあった場合は首をかしげてそのまま放置しておくのではなく、無料査定だけでもすることでその真の価値を知ることができますので是非お気に入りの業者を見つけてみてください。

  • 切手アニメ

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について