岩手県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら岩手県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

岩手県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 岩手県地域
  • 岩手県内(市)

    盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市


    岩手県内(郡)

    岩手郡雫石町、岩手郡葛巻町、岩手郡岩手町、岩手郡滝沢村、紫波郡紫波町、紫波郡矢巾町、和賀郡西和賀町、胆沢郡金ケ崎町、西磐井郡平泉町、東磐井郡藤沢町、気仙郡住田町、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡山田町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代 村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、九戸郡九戸村、九戸郡洋野町、二戸郡一戸町

岩手県のお客様の声

  • いらない切手は買取ってもらうのがいいですね

    出張買取 | 岩手県花巻市 | 30代 | 男性

    父親のコレクションしていた切手ですが、お正月記念やオリンピックの切手まで幅広くありました。けれども最近はコレクション熱も冷めたようで、買取をお願いしたところ、スピーディーな対応で買取まで時間もかからず助かりました。

  • 切手の処分なら買取が楽ですね

    出張買取 | 岩手県盛岡市 | 50代 | 男性

    昔からコレクションしていた正月やオリンピックなどの記念切手を最近見なくなったので、どうしようか処分に困っていたところ、買取について知ったのでお願いしました。ネットで申し込みができる上に買取に来てくれるので、手間がかからずとても良かったです。

  • 不要な切手は買取に依頼しました

    出張買取 | 岩手県宮古市 | 50代 | 男性

    昔から旅行先で記念切手を買って集めていたのですが、今は旅行にもいかずコレクションも見ることがなくなったため買取をお願いしました。ネットで申し込み手続きができるうえに、自宅まで買取にきてくれたので手間がかからずとても良かったです。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|岩手県の豆知識

  • 切手色々
  • 岩手県の切手買取はネット買取が便利です

    岩手県の人口は2016年10月現在約127万人です。 2010年の人口は約133万人で、年々人口は減少傾向にあります。 遺品整理を行った時に、大量の切手が遺品の中から見つかり、それを切手買取のお店に査定を依頼した所、高額な値段が付いたと言う口コミをネットの中で見かける事も多いのではないでしょうか。 故郷を岩手県に持つ人の中には、こうした場面で切手買取を利用するケースも多くあり、現在はネットを利用する事で、切手買取を依頼出来る業者を見つける事が出来ますし、近くにお店がないエリアでも宅配便を利用すれば切手を売却出来ます。

  • 第71回国民体育大会のふるさと切手

    岩手県の中で開催された「希望郷いわて国体」は、第71回国民体育大会の別名です。 希望郷いわて国体が開催されたことを祝し、10種類の切手を1シートに収めたふるさと切手が発行されました。 日本切手の中には国民体育大会の記念切手が数多くあり、国体シリーズとして発行されています。 国民シリーズ切手の中には、岩手県のふるさ切手のように、別シリーズで販売が行われているものもあります。 例えば、第45回国体は福岡県、第46回国体は石川県のふるさと切手としてそれぞれ別シリーズで発行が行われています。 ふるさと切手や国体シリーズ切手は、買取の時にはそのままの状態で査定に出すのがお勧めです。

  • 切手
  • 切手と封筒
  • 田型の国体シリーズ切手はそのままで

    国体シリーズの切手は第二回国体から発行が行われている記念切手の一つです。 第二回国体は1947年10月25日に発行が行われたもので、ハードルやダイビング、円盤投げ、バレーボールと言った競技種目がデザインされています。 この4つの競技デザインが田の形に並んでいるものを田型と言いますが、バラ品で買取に出すよりも、田型の状態で査定を受ける方が高価買取して貰えます。 田型になる国体シリーズは、第二回国体から第五回国体までの4種類があります。 尚、岩手県の中には国体シリーズなどの記念切手を買取して貰えるお店が盛岡市などに多数ありますが、お店に行く時間がない場合には、ネット買取が便利です。

  • 儀式のかんむりは希少価値が高い切手の一つです

    岩手県の切手買取を利用する場合、買取実績をチェックする事が大切です。 切手の中にはプレミアが付くものが多数あり、買取実績をチェックし、価値を見出してくれる鑑定士がいるお店を利用するようにしましょう。 日本切手の中に、「昭和立大子礼」と言う記念切手があります。 この切手は1916年11月3日に発行されたもので、「昭和立大子礼」には「おしどり模様」が2種、「儀式のかんむり」が1種の計3種類が発行されました。 3種類とも希少価値が高い切手ではありますが、「儀式のかんむり」の発行枚数が少ない事や額面が10銭などの理由から高価買取になる切手の一つになっています。

  • 切手たくさん

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について