茨城県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら茨城県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

茨城県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 茨城県地域
  • 茨城県内(市)

    水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市

    茨城県内(郡)

    東茨城郡茨城町、東茨城郡大洗町、東茨城郡城里町、那珂郡東海村、久慈郡大子町、稲敷郡美浦村、稲敷郡阿見町、稲敷郡河内町、結城郡八千代町、猿島郡五霞町、猿島郡境町、北相馬郡利根町

茨城県のお客様の声

  • 切手を買取ってもらって満足です

    出張買取 | 茨城県水戸市 | 50代 | 男性

    私は今回初めて切手を買取ってもらいました。出張買取サービスは迅速に行われて待ち時間もほとんどなく便利でした。私は普段手紙などに使う50円切手を買取ってもらいました。その他の切手も査定してもらいました。サービスには満足しています。店舗に行くのは面倒なので今後もこのサービスにお世話になろうと思います。

  • 生活費の足しにと集めていた切手を全て売り払いました

    出張買取 | 茨城県土浦市 | 50代 | 男性

    私は若い時から記念切手を集めるようになり、「見返り美人」などの切手も沢山持っていました。以前働いていた会社をリストラになり生活が苦しくなったので持っている記念切手を全部売ることにしたのです。出張で買取業者の方が自宅まで来てくれて、丁寧な対応をしてもらいました。額面金額よりも相当高い金額を提示してくれたのでその場で現金化してもらいました。本当に良い業者にあたって良かったです。

  • 切手の買取で姉に感謝です!

    出張買取 | 茨城県常総市 | 40代 | 男性

    中国に住む姉一家から送られてくる手紙や荷物に貼ってある切手が相当の数になり、インターネットで見つけた貴社に相談し、自宅に来て頂きました。あらためて見る切手のデザインは独特の特徴があり、担当者の方も興味津々で鑑定していました。提示された金額はまずまずの額で有り、姉にお礼のメールを送りました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|茨城県の豆知識

  • 切手色々
  • 茨城県には水戸市などを中心としたエリアに切手買取のお店があります

    茨城県は関東エリアの中でも北東部に位置するエリアで、茨城県の県庁所在地は水戸市になります。 茨城県の2016年10月現在の人口は約291万人、水戸市の人口は約27万1千人で、1990年から2005年にかけての人口は横ばい傾向にありましたが、2010年頃から人口が増加傾向にあると言った特徴を持っています。 人口増加などの影響もあり、水戸市などには切手買取の専門店も多くあります。 水戸市のお店の中には自宅まで買取査定をしてくれる出張買取サービスを行っているお店もあるので、自宅で切手を売る事が出来ると言うメリットもあるのでお勧めです。

  • 茨城県のふるさと切手には童謡でも有名な「七つの子」や観光名所の「袋田の滝」などがあります

    茨城県の郵便局だけで発行が行われたふるさと切手には、「七つの子」や「袋田の滝」などがあります。 「七つの子」は1990年5月1日発行の切手で、20枚シートの他に、1991年1月10日発行の小型シートがあり、小型シートの発行数は100万枚になります。 「袋田の滝」は1993年3月26日発行の切手、20枚シートと10枚の切手をシートに収めたペーンがあり、ペーンの発行枚数は25万枚、発行数が比較的少ないので切手買取でも高く評価されます。 ちなみに、七つの子は日本の童謡で知られている楽曲の一つであり、雨情の故郷とも言われている、茨城県北茨城市の磯原駅では、電車の発車メロディに利用されています。

  • 切手とはがき
  • 切手と封筒
  • 地方自治法施行60周年記念シリーズ切手もあります

    茨城県の中で発行された切手はふるさと切手以外にも、地方自治法施行60周年記念シリーズ切手も発行されています。 この切手は、地方自治法が施行されて60周年を記念して発行されたもので、地方自治法施行60周年記念は切手だけではなく、貨幣も同時に発行されています。 茨城県の切手は2009年11月4日に発行されました。 千円記念貨幣を基にデザインが行われた「H-II ロケットと筑波山」を初め、「袋田の滝」や「徳川光圀」、「霞ヶ浦と帆引き船」、そして「土浦の花火」と言った、茨城県を象徴するデザインが採用されています。 こうした切手も、買取の対象になっており、不要になった記念切手などがある場合には、切手買取業者を利用すれば現金化が出来ます。

  • 年賀切手の始まりはいつからなのかご存知でしょうか

    茨城県の切手買取業者では、比較的新しい切手、古い時代の切手の買取を行ってくれる業者が多くあります。 所で、切手の中でも毎年必ず発行が行われているものに年賀切手があります。 年賀切手は、ハガキに付いているお年玉クジの5当の商品として貰う事が出来る特殊切手です。 年賀切手の始まりは、昭和11年発行の富士をデザインしたものが始まりです。 以降昭和13年までは毎年発行されていましたが、昭和14年から昭和23年は太平洋戦争などの歴史的な事変が生じるなどの歴史を持つ期間であり、切手の中には戦争や震災などにより焼失した切手や昭和ご婚儀切手のように未発行になっているものもあります。

  • 年賀切手

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について