福井県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら福井県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

福井県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 福井県地域
  • 福井県内(市)

    福井市、敦賀市、小浜市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市

    福井県内(郡)

    吉田郡永平寺町、今立郡池田町、南条郡南越前町、丹生郡越前町、三方郡美浜町、大飯郡高浜町、大飯郡おおい町、三方上中郡若狭町

福井県のお客様の声

  • 切手って買取ってもらえるんですね。助かりました

    出張買取 | 福井県敦賀市 | 50代 | 男性

    昔集めていた切手を買取してもらいました。切手を買取ってもらえるかわからなかったのですが、電話で対応してもらえたので色々質問もできて安心できました。非常に満足しています。是非また利用したいと思いました。

  • 集めすぎた切手シートを売りました

    出張買取 | 福井県福井市 | 40代 | 男性

    私の趣味は切手集めです。始めて10年経ちます。発売される切手を毎回買っていたら数が相当なものになっていました。整理も大変なので思い切って買取してもらうことにしました。以前も訪問買取をしてもらったことがあったのですが、前回と同様に迅速な対応でした。

  • 使わない切手の買取依頼をしました

    出張買取 | 福井県鯖江市 | 50代 | 男性

    はがきを送る場合に必須となる切手ですが、プレミアの付いている切手も中にはあります。私も使わない切手をたくさん持っていましたので、インターネットにて貴社へ買取を依頼してみました。とてもスピード感のある対応で、あっという間に買取をしてもらえました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|福井県の豆知識

  • ポスト
  • 豊かな自然に恵まれた福井県の切手買取事情

    北陸地方にある福井県は人口約78万人の県で、県庁所在地は福井市になります。 福井県の特徴は、日本海や若狭湾などに面していて、豊かな自然が多く残されていることです。 県内には東尋坊や三方五湖といった景勝地があり、それぞれ国の名勝にも指定されています。 また、飛鳥時代には律令国の越前国が置かれるなど、福井県は歴史の古い地域です。万葉集の時代から歌人や貴族たちとの関わりも深く、多くの和歌に県内の風物や土地などが詠まれています。 福井県には切手の買取をしてくれる店舗がいくつかあり、買取対象となっている切手の中には、県に縁のある事物や歴史などをデザインしたものもあります。

  • 福井県にある切手買取店の特徴とは?

    福井県では、切手の買取をしてくれるお店が9軒ほどあります。 その内の半分ほどは福井市内にあり、その他の店舗も周辺の自治体に集まっていることが特徴です。 県内で切手買取を取り扱っている業者としては、ブランド品の買取チェーンやリサイクル・ショップなどがあり、質店でも切手の買取をしてくれる場合があります。 中国切手の買取に力を入れている店舗もあり、切手の鑑定についても確かな査定力を持っている所が多くなっています。 切手を買い取ってもらう場合には、直接店舗へ持ち込んでもらうことが基本です。また、中には自宅まで鑑定士が出張して切手の買取を行ってくれるお店もあります。

  • 封筒
  • 切手
  • 福井県に縁のある切手が沢山あります

    福井県に縁の深いデザインがされた切手も多く、オークションや買取店などで取引されています。 地方自治法施行60周年記念シリーズ 福井県は、2010年にふるさと切手として発売された切手シートです。 永平寺の写真を背景にして、越前水仙や三方五湖など、県内の自然を写した写真やイラストをプリントした切手が5枚1セットで収められています。 また、日本郵政の北陸支社からは、地域限定のオリジナル・フレーム切手も販売されています。 その中の一つが、52円と82円二つのバージョンが発売されている福井県立恐竜博物館です。福井県勝山市では、1988年に小型の肉食恐竜の歯の化石が出土していて、このオリジナル・フレーム切手もそれに因んだものとなっています。

  • 福井県で過ごした紫式部の源氏物語を題材とした切手趣味週間シリーズ

    福井県は、平安時代の歌人である紫式部が少女時代を過ごした土地でもあります。紫式部は、越前国の国府が置かれていた武生市で、父である藤原為時とともにおよそ2年間暮らしています。 1964年に発行された切手趣味週間シリーズ の「源氏物語絵巻 宿木」は、紫式部が書いた長編小説である源氏物語に題材を取った特殊切手です。 この切手には、源氏物語の主要な登場人物である匂宮が、恋人である中君に琵琶を演奏する場面が描かれています。 1947年から発行されている切手趣味週間シリーズ は、他にも菱川師宣の「見返り美人」や歌川広重の「月に雁」などがあり、切手買取店ではプレミアが付くことがあります。

  • 便箋と羽

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について