秋田県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら秋田県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

秋田県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 秋田県地域
  • 秋田県内(市)

    秋田市、能代市、横手市、大館市、男鹿市、湯沢市、鹿角市、由利本荘市、潟上市、大仙市、北秋田市、にかほ市、仙北市


    秋田県内(郡)

    鹿角郡小坂町、北秋田郡上小阿仁村、山本郡藤里町、山本郡三種町、山本郡八峰町、南秋田郡五城目町、南秋田郡八郎潟町、南秋田郡井川町、南秋田郡大潟村、仙北郡美郷町、雄勝郡羽後町、雄勝郡東成瀬村

秋田県のお客様の声

  • 普通切手の買取をお願いしました

    出張買取 | 秋田県秋田市 | 60代 | 男性

    以前業務で使用していた500円普通切手が10枚残っていました。買取をお願いした業者は、一枚からでも買取に伺いますと言っていましたが、記念切手でもないので、若干気が引けていました。買取は礼儀正しい挨拶から始まり、好感が持てました。やや事務的にことは運びましたが、問題なく終わりました。

  • 祖父の切手の買取を依頼しました

    出張買取 | 秋田県横手市 | 40代 | 女性

    亡くなった祖父が集めていた大量の切手の買取をお願いしました。電話をすると査定員の方が自宅へ来て査定してくれました。重量があったため、この出張サービスは大変ありがたかったです。査定額にも満足でき、また利用させて頂きます。

  • 記念切手を売りました

    出張買取 | 秋田県湯沢市 | 50代 | 男性

    趣味で集めていた記念切手を、自宅にて買取してもらいました。特にキャラクターものを中心に同じシートを複数枚という形で集めており、状態が良かったため、買取額が予想以上に高くて嬉しかったです。また利用したいと思います。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|秋田県の豆知識

  • 切手色々
  • 秋田県にお住まいの人も切手買取を利用して現金化が出来ます

    秋田県は東北エリア、日本海側に位置する人口約100万人(2016年10月現在)の県です。 1980年代には約126万人の人口は年々減少傾向にありますが、切手買取を利用する人が多い都道府県の一つになっています。 秋田県内には切手買取が可能なお店もありますが、宅配買取を利用するケースも増えています。 宅配買取の流れは、お店に連絡、お店から宅配買取キットが送付、宅配キットにストックブック、運転免許証などの本人確認書類の写し、申込書を同封して宅配業者にお店に届けて貰う方法になります。 宅配買取を利用すれば秋田県以外の業者に買取して貰う事も出来ます。

  • 蔵の中から古い切手が大量に発見!

    切手買取を利用する人は秋田県に住む人だけではありません。 故郷が秋田県の人の中には、秋田県に住んでいた身内が亡くなり、遺品整理をしていたところ、蔵の中から大量の切手が見つかり、処分に困り切手買取を利用するというケースもあります。 古い時代の切手の中にはプレミアが付くものも多くあり、高価買取が成立するケースも珍しくありません。 秋田県内には国立公園や国定公園が多数ありますが、十和田八幡平国立公園は青森県・岩手県・秋田県の3県をまたがる国立公園であり、1951年㋆2日に4種類の記念切手が発行されており、4種類の切手を小型シートに収めているものは発行枚数20万枚という発行数の少ない切手です。

  • 封筒
  • 封筒とコーヒー
  • 秋田県のふるさと切手をご紹介!

    切手買取の中でも高く売れる切手の一つにふるさと切手があります。 ふるさと切手はふるさと創生の観点より地方の活性化を図り、地域に密着した郵便サービスを提供すると言う施策の下で、都道府県毎に発行が行われた特殊切手です。 秋田県の場合には、1990年7月2日に「大曲の花火」、1993年2月12日に「男鹿半島・入道崎」などのふるさと切手が販売されました。 ふるさと切手の中には小型シートが発行されたものもあり、表紙付きの小型シートの場合は表紙に収めた状態の方が価値は高いため、そのままの状態で切手買取を利用するのがお勧めです。

  • 切手収集の王道とも言える切手趣味週間シリーズ切手

    切手趣味週間シリーズ切手は日本の切手シリーズの中でもロングセラーを続けている切手の一つで、現在でも毎年1度の割合で切手趣味週間シリーズ切手の発行が続いています。 切手趣味週間シリーズ切手は、江戸時代より近代の日本画家の絵画が図案に起用されているなどの特徴があります。 秋田県内などの切手買取のお店では、1948年発行の「見返り美人」、1949年発行の「月に雁」、1955年発行の「ビードロ」などの切手趣味週間シリーズ切手を高価買取しています。 尚、切手はバラ品よりもシート単位の方が高く売れる事、バラ品の場合は目打ちが綺麗なものほど査定評価を高めてくれます。

  • ポスト

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について