愛知県で切手買取ならお任せください!

大切な切手、眠っていませんか?スピード買取.jpなら愛知県全域で切手を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く切手を買取させていただく事を信念としております。切手を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 切手を売るなら今がチャンスです!

    切手収集家の減少により、切手の価値は日に日に下がっています。

    有価証券だから…という理由で郵便局に持っていっても換金することもできません。

    ですが、一部では収集ブームが再来したり、

    中国では1970年代の文化大革命前後に発行された切手が貴重なものとして、
    国外での切手ブームを狙い日本まで買い付けに来るバイヤーも多い現状です。

  • 確かな鑑識眼が安心

    近年、切手の売買はオンラインオークションなどのインターネット市場でも頻繁にやり取りがみられますが、インターネット上での取引は保存状態を含め、トラブルが相次いでいます。

    インターネットより、対人で確かな鑑識眼のある査定による買取が一番安心だと言われています。

    買取不可能になる前に、そして安心、安全に取引が出来るように、

    無料出張査定でお売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

愛知県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 愛知県地域
  • 愛知県内(市)

    名古屋市豊橋市岡崎市一宮市瀬戸市半田市春日井市豊川市、 津島市、 碧南市、 刈谷市豊田市安城市西尾市、 蒲郡市、 犬山市、 常滑市、 江南市小牧市稲沢市、 新城市、 東海市、 大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市

    愛知県内(郡)

    愛知郡東郷町、愛知郡長久手町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村、知多郡阿久比町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、知多郡武豊町、幡豆郡一色町、幡豆郡吉良町、幡豆郡幡豆町、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村

愛知県のお客様の声

  • 切手を査定してもらうことなんてできるんですね

    出張買取 | 愛知県豊橋市 | 50代 | 男性

    大量に余った50円切手ですが、捨てるのはもったいないということで貴社の買取サービスを利用することにしました。一枚一枚の切手に満足価格をつけてもらえるとは思わなかったので、ぜひ次回も貴社にお願いします。

  • 最初は半信半疑でした

    出張買取 | 愛知県春日井市 | 40代 | 女性

    そもそも切手が売れるなんて思っていなかったので、最初は半信半疑でしたが、自宅まで買取に来て一枚一枚査定してくれる姿を見て安心しました。予想外の臨時収入を得ることができ、大変満足しています。友人にも教えようと思います。

  • 足腰が弱いので助かりました

    出張買取 | 愛知県名古屋市 | 60代 | 男性

    まさか切手の出張買取サービスがあるとは思っていなかったので、驚きました。私は足腰が弱いので、自宅まで買取に来てもらうことができ、とても助かりました。相当の枚数がありましたが、最後まで丁寧に査定してもらうことができました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

切手買取|愛知県の豆知識

  • 切手色々
  • 切手買取が盛んに行われている愛知県

    愛知県は県庁所在地に名古屋市を持つ、太平洋に面した開放的な土地が特徴です。 人口も中部地方では一番多く、産業も活気があります。 また、愛知県の大きな特徴として、文化、自然、観光、歴史といった3つの要素が際立って存在していることが挙げられます。 例えば、自然ならば、愛知は著名な山に囲まれているというのもあり、歴史、観光という面で見れば名古屋城など他多数の城が存在しているというのもあります。 このことから切手のデザインに愛知県の山や城が使われていることもあり、切手産業が盛んに行われていることも特徴で、切手買取が盛んに行われているのは、愛知県の特徴が関係しているのです。

  • 切手産業が盛んだった愛知と切手の関係

    愛知では切手産業が盛んということでしたが、そんな切手を使っていく上で、いつ頃から使われるようになったのか気になったことは無いでしょうか。 切手の歴史は1840年のイギリスにまで遡ります。 実際はそれより前に料金前納という切手の考え方は各国であったようなのですが、実際に実用化させたのはイギリスが初めてなのです。 それから日本に渡ってきたのは明治4年で、竜文切手という名称で発行されましたが、明治初頭だったこともあり、円ではなく文であり、48文、100文などという種類で販売されていました。 それから翌年に改革され、竜銭切手という名称に変更、そして50円切手など今と同じ形に変更されたのです。 ちなみに現在この竜文切手および竜銭切手は非常に高値で買取されています。お持ちの方は検討してみてはいかがでしょうか。

  • オリンピック切手
  • 切手とはがき
  • 愛知の長閑な風景に通じる中国切手の風景

    中国切手とはご存知でしょうか。 中国切手とは日本で流通している切手とはまた違う種類の切手で、大きさもデザインも、その価値も違います。 使われ方は日本と同じように郵送料の前納という使われ方なので、本来の切手としては何ら変わりませんが、文化的側面を交えると少し変わってくるのです。 中国では古来から目上の方の訪問に際して相手にお土産品として切手を渡す、という文化があります。 その為、一般的に使われる切手とは別にお土産用の切手というものも作られました。 そういったお土産用の切手はプレミア切手と呼ばれていて、代表的なものは中国の山々を美しく描いた黄山シリーズなどがあり、コレクターからも人気を集めています。 さらに中国切手で描かれている風景は愛知の田舎風景にも通じるところがあります。そんなプレミア切手は非常に価値のある物で、日本の買取店、もちろん愛知でも高値で取引されるケースが多いのです。

  • 愛知県で切手買取してくれる買取店はどれぐらいあるのか

    愛知県で切手買取に対応している買取店は、40件以上にも登ります。 県内にたくさんあるのですが、買取の際に注意すべき点がいくつかあるのです。 まず一つ目は、中国切手の買取に対応しているかどうかというところです。 中国切手である黄山シリーズは確かに高い価値を持っているのですが、日本の切手にしか対応していない買取店の場合、値を付けてもらえない場合もあります。 その為、買い取って貰う前にしっかりと調べておくことをおすすめします。 また、査定は複数の業者に取ってもらうことが重要です。 切手は金や銀などのようにそのものの価値というのは殆どありませんから、買取価格が業者によって大きく変動するケースが比較的多いのです。 ですので、査定は1つの業者だけでなく、複数の業者に頼むようにすることが得策でしょう。中には出張買取という形態をとっている業者もありますので検討してみるのもよいでしょう。

  • 見返り美人




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について