切手買取について

切手買取のすべてがこれで分かる!

  • 切手と封筒
  • 切手を買取ってもらうというのはあまりピンとこないかもしれません。しかしブランド品や貴金属などの買取と同じく、価値のある切手は思いがけない値がつくことも多々あります。特に希少価値のある切手は想像以上の査定金額がつき、驚くことでしょう。
    しかも切手と一口に言っても、普通切手、記念切手、中国切手、プレミア切手と様々な種類がありますし、年代によっても価値が違うこともあります。
    そこで切手を買い取ってもらう際に知っておくべきこと、さらには知っておいた方が得をすることをご紹介したいと思います。切手買取でこれを知っておけばもう安心です。

    切手の買取相場を知ろう!

    • 切手

    切手の買取相場とは実際どのようになっているのでしょうか。 切手を売る前にはまず買取相場について知っておくべきですし、今どれぐらいの価格で買取してくれる切手なのか知っておくと業者選びの際にも役立つと思います。そういった意味でも今現在の買取相場を知っておく必要があるでしょう。
    最近は切手の相場は年々下落している傾向があるようです。なぜなら昔に比べて切手の収集をやめる人が増えている一方で、最近は何でもメールでやりとりでき、切手を貼って手紙やはがきを出すこともあまりなくなったため、切手そのものの利用もかなり減っているからです。
    とはいえ現在でも切手をコレクションしている方はたくさんいますし、切手によっては希少価値があり、プレミア価格がつく場合もあります。 逆に現行切手のように、プレミア価格が付く切手以外の買取相場については、金券ショップや切手買取業者のホームページなどが参考になります。

    しかしそもそも切手の買取相場には特に決まったものがあるわけではないのです。ポイントとなるのはその切手を高いお金を出してでも欲しいと思う人がどのくらいいるのかということです。買取業者もサービスで買取をしているわけではなく、買い取った切手をまた販売します。その差額により利益を出しているので、高く売れそうな切手でないと高い値段はつけてもらえないのです。
    例えば古いレアもの切手であればあるほど高くなる傾向があります。手に入れにくいものは希少価値がつき、おのずと高い金額でも欲しいと思う人が多いからです。 それ以外にも保存状態も関係してきます。状態がきれいなものほど高く売れるので、自分が持っている切手をどれだけよい状態で保管しておけるかが重要になってきます。 切手を売る前には、まず自分の切手がどれぐらいの金額で売れるのか、相場をある程度確認しておくことが大事です。
    ※切手買取相場の参考ページはこちら

    切手の買取価格について

    • 切手色々

    切手買取の際に、誰しも気になるのが買取価格です。できるだけ高く買取してもらえる業者に売りたいですし、もしも買取価格が安いなら、売らずにそのまま取っておくという選択肢もあります。買取価格によって売るかどうかを決めるのは当然といえます。そうなると、どの切手買取業者が切手を高く買取してくれるかが気になるところです。 世の中には様々な切手があります。切手に限らず価値が高いものは買取価格が高くなりますし、逆にあまり価値がないものは安く買取されます。 希少な切手も世の中には存在します。昔発行されて今は手に入れにくい切手は現在でも高い価値がついています。

    このような希少な切手は十分高く買取してもらえます。それほど期待していなかった切手が思わず高く売れた、という話もよく聞きます。 しかし、世間的な流れとしては、最近は切手ブームが落ち着いてきています。日本で切手ブームが起こったのは、1960年~1970年の間ぐらいです。切手ブームが落ち着いてくると、全体的に切手買取価格は下がってしまうため、高く売りたいのであれば早めに切手を売ることがおすすめです。 さらに切手ブームが来る以前の切手は現在でも希少といわれており、高い価格がつく可能性があります。買取価格については切手によって違いがありますが、希少な切手はできるだけ色々な業者の買取価格を見る方が良いでしょう。 中でも切手の専門買取業者に査定してもらうのがベストです。
    ※切手買取価格の参考ページはこちら

    切手の価値を決める基準とは?

    • 切手

    切手の価値は何を基準にしてつくものなのでしょうか。 切手によって価値はかなり差があり、希少性の高い切手ほど価値があります。現存数が少ないと判明している切手や、もともとの発行枚数が少なかった切手などは希少性が高くなります。 このように切手によっては発行時期や発行枚数、さらには発売エリアなどが限定されているため希少性が高くなる場合があります。 その時しか発行されないと分かっている記念切手などは、おそらく発売と同時に並んで買ったりしたこともあるコレクターの方もいることでしょう。

    希少価値のある切手の中には額面の何倍もの金額で、額面以上の価値で取引されている切手もあります。 買取時に評価してもらえるポイントはいろいろあるにせよ、希少価値の高い切手は買取業者もそれなりの金額で買い取ってくれることでしょう。 昔発行された古切手は、切手にもよりますが特に価値が高くなりやすい傾向があります。

    古い切手は、今と比べると印刷技術も未熟で、変色したり、かすれたりしてる可能性も高いです。しかし古切手の場合はその古さ、さらには経年劣化の具合にコレクション価値が出る場合もあるのです。 また一方で、使用済み切手を好むコレクターの方もいらっしゃいます。最近の使用済み切手ではそこまでの価値は見込めませんが、使用済みの古い記念切手などであれば、封筒ごと査定してもらうことで価値が上がったり、消印があることで価値が上がったりすることもあります。いつの時代のどのような手紙に使われたか、またはどこからどこに送られたのかといった、額面とは違う付加価値が評価されたりすることもあるようです。

    切手の買取方法は3種類ある

    • 出張買取

    切手を買い取ってもらおうと決めても、実際には買取業者がどのように買取を行っているのかがわかりません。 昔からある質屋や金券ショップのように、直接店舗に持ち込むことぐらいしか考えつかないでしょう。
    昨今インターネットが発達し、インターネットで気に入ったお店や業者を見つけ、そこで買い取ってもらおうと決めたとします。
    しかし自分が住んでいる近所に、売ろうと決めたお店や業者がなかった場合、わざわざ遠方まで出向くのは非常に大変です。そこで最近では先に述べた「店頭買取」のみならず、「出張買取」「宅配買取」を行っている業者が増えてきました。そこで、その買取方法を具体的にご紹介します。

    出張買取は自宅にいるだけで簡単

    最近多くなってきているのが出張買取という方法です。電話一本、あとは自宅にいるだけで、査定員が自宅まで査定をしに来てくれます。 直接店舗に持ち込むことに比べたら、持ち込む手間は省けますし非常に楽です。しかも自分の目の前で査定してくれるので安心できます。確かに査定員とはいえ、自宅に知らない人を入れるのは抵抗があるかもしれませんが、そこは査定員の教育や専門性を高め、安心してもらえるように買取業者も人材育成に力を注いでいます。 さらには査定結果もその場で聞けますし、その場で現金の支払いもしてくれます。

    宅配買取は時間がない人には便利

    宅配買取は、宅急便を使って買取業者へ依頼を行う方法です。査定してもらいたいものをダンボールへ詰め郵送し、買取業者に品物が到着後、査定が行われます。自分の都合が良い時に発送できますので、時間がない方には非常に便利なサービスです。しかし郵送という手段は買取業者に届くまでには時間がかかります。
    査定が終わったら、電話やメールで結果を連絡してくれます。 買取額に納得すれば振り込みにて代金が支払われます。 もし売りたくなければ、切手は再びダンボールに詰められて返送されます。

    店頭買取で直接店舗に持ち込む

    買取業者まで直接切手を持ち込み、買取してもらう方法です。自宅の近くに店舗がある場合は良いですが、離れた場所にあった場合は品物をわざわざ持っていかなくてはなりませんし、買取金額に納得せずにキャンセルした場合にはまた自宅まで持ち帰らないといけません。査定してもらいたい品物が多い場合は大変です。

    切手の換金は郵便局ではできない

    • 切手とポスト

    切手は料金前納を証明する証紙である、ということですのでお金と同等の価値があります。さらに郵便局で切手は購入できます。そのため、家にある使わない切手は郵便局で売ることができると思っている方も多いようで、実際に郵便局に切手を換金してもらいに行くという方も少なからずいるようです。 しかし残念ながら郵便局で切手を売る(払い戻し)ことは不可能で、切手の換金は郵便局では行なっておりません。 つまり切手の換金は郵便局では行なっていないということです。

    日本郵便の公式サイトにも「現金での払戻は行なっておりません。」という記載があります。 郵便局では違う券種への交換のみ行ってもらえます。
    具体的にいうと、一定の手数料(1枚に付き5円)を支払って通常切手や郵便はがき、郵便書簡、特定封筒などとの交換となっています。ただし額面の部分が汚れていないもの、破れていないもの限定です。そして、年賀状などのくじ付きハガキにも交換できません。さらには外国切手は日本の郵便局の管轄外なのか、交換すらできないようです。

    とはいえ切手は換金ができない代わりに有効期限がありません。 どんなに古い切手であっても、封筒に貼って使用することが可能です。
    基本的に郵便局で売られているものを郵便局で換金してもらうことはできない仕組みになっているようです。 そうなると、切手を現金に換える方法は切手の専門買取業者で買取をしてもらうということになるでしょう。 もう使用しない切手ならずっと持っていても仕方がないですし、だからといって捨てるのはもったいないです。現金化したいのであれば、切手の専門買取業者にまずは相談してみましょう。その中にはもしかしたら、額面以上の金額で売ることができる価値のある切手があるかもしれません。

    切手を高額買取してもらいたい

    • 切手アルバム

    せっかく切手を専門の買取業者に売るのであれば、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいと誰しも思うのではないでしょうか。そこで高額買取を実現するための秘訣をご紹介します。

    バラ売りよりもまとめ売りがオススメ

    一枚のみの単価では値段を付けることができない切手でも、まとめて売ることによって値段を付けてもらえる可能性があります。 買取業者によってはまとめ売りで査定額が上がるということを公表しているところもあります。
    切手シートなどは特に買取額が上がるようです。同じ額面で同じ枚数なら未使用のシート状の方が高く売れます。 ただし、切手の種類にもよりますが、バラであってもプレミア切手ですとその限りではありません。なぜならたとえ一枚のみでもその切手事態に希少価値がついていることがあるからです。

    保存状態は大切

    破れたり、折れ曲がってよれよれだったりしていない方が高く売れます。日に焼けていたり、裏糊が落ちていたりしても査定額に影響します。保護をしておいたり、切手ファイルに入れて保存していた切手の方が高く売れる傾向にあります。切手をアルバムのようにして保管しておくのもよいでしょう。 なるべく空気に触れないようにしておくなど、メンテナンスがされているきれいな切手はやはり高く売れるのです。色落ちなどのように状態が悪いと査定額が下がる可能性があります。美品であるということは大切なことです。

    記念切手を買取ってもらう

    • 切手と羽ペン

    記念切手とは何かの行事の際に発行される、その名の通り行事や祝典の記念として発行される切手です。 最近は記念切手の話題を聞くことはあまりないですが、切手ブームの時代には様々な記念切手が発行されていました。その中でも、どのような記念切手が高く買取してもらえるのでしょうか。世の中にはいろいろな記念切手がありますが、すべての記念切手が高額査定になるわけではありません。
    中にはほとんど額面通りの価値にしかならない記念切手もあります。皆さんも記念切手を持っていましたが、思ったより高く売れなくてがっかりしたという経験をお持ちの方もいると思います。

    記念切手の中で高額となるものは、昭和40年代以前の記念切手です。その時代の記念切手は現存している数自体が少ないため高額になります。額面が1円のものでも数万円になることはよくあります。
    そして記念切手が人気の秘密はその美しさです。色々な行事の記念として発行しているというだけあって、見た目がとても美しいです。コレクションとして買い集める理由の一つが、その見た目に魅了されるからです。 記念切手には、切手趣味週間、国際文通趣味週間などのシリーズで発売されているものもあり、その中でも見返り美人などはたいへん人気のある逸品です。 記念切手の中でもいくつかご紹介します。

    • 明治銀婚記念切手
    • 明治銀婚記念切手

      日本で初めて発行された記念切手は、明治天皇・皇后の結婚式を記念して発行されたものでした。 明治27年3月に行われた明治天皇・皇后の結婚25周年の祝典を記念して発行された「明治銀婚記念切手」です。額面は2銭と5銭の2種類が発行されました。2銭切手が赤色、5銭が青色の単色印刷で、雄雌の鶴と菊花紋章があしらわれています。
      当時、日本には記念切手の概念はなく、祝典を記念する切手を望んだ在留外国人の新聞投書によって政府が動き、当時の逓信大臣である黒田清隆の命令で急遽発行されることとなりました。

    • 日清戦争勝利記念切手

      日本で2番目の記念切手が、日清戦争の勝利を記念して明治29年に発行された「日清戦争勝利記念切手」です。 日本の切手史上初めて肖像が採用された切手であり、戦争で活躍した後に病死した有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王と北白川宮能久(きたしらかわのみやよしひさ)親王が描かれています。戦勝の記念のみならず、皇族の顕彰と追悼の意味も含んだ特別な切手です。

    • 日清戦争勝利記念切手
    • 東京オリンピック切手
    • 東京オリンピック切手

      1964年の「オリンピック東京大会にちなむ寄附金つき郵便切手」は、水泳や柔道、レスリング、バレーボールなど種目別に発行され、さらにシートでも発行されました。 オリンピックの記念切手は発行枚数も多く、プレミア切手とまではいえませんが、2020年に東京オリンピックの開催が決定して以降、この1964年の東京オリンピックの記念切手が再び売れるようになってきており、今後も価値が上がる可能性があります。

    • 大正天皇銀婚記念切手

      大正天皇が皇太子であった時代の婚礼を記念して大正14年の5月10日に発行された記念切手が「大正天皇銀婚記念切手」です。
      額面は4種類存在します。日本全国で祝賀行事が行われました。3銭と20銭の切手には鳳凰が印刷されており、銀婚を祝したたいへんおめでたい図柄となっています。さらに額面の4種類のうち、1.5銭と8銭の発行枚数は500万枚ほどで、20銭の切手となると発行枚数は20万枚と非常に少ないです。

    • 大正天皇銀婚記念切手

    切手の見返り美人は有名な記念切手

    • 見返り美人切手

    江戸時代を代表する有名な画家である菱川師宣の代表作である「見返り美人」が描かれている記念切手です。 1948年に切手趣味週間シリーズとして発行されました。
    切手趣味週間の図案を浮世絵をに使ったのはこれが初めてで、発行枚数は150万枚と非常に少なく、当時はハガキに貼られると郵送の途中で剥がされ盗まれてしまう事件も多発したほどの圧倒的な人気がありました。 さらに当時、浮世絵が切手の題材になることは非常に珍しく、その絵柄の美しさもあって国内のみならず外国からも注目された切手でした。見た目が非常に美しく、芸術面においても評価の高い切手です。 ちなみに、見返り美人は今までに2回発行(1948年と1991年)されています。 違いは1948年の方はセピアカラーですが、1991年の方はフルカラーです。 当然、1948年の方にプレミア価格がついています。

    よく「見返り美人」と並んで名前が出てくる切手としては「月に雁」があります。 歌川広重の浮世絵が元になった絵です。1949年に発行されました。
    「見返り美人」が150万枚発行されたのと同じく「月に雁」も200万枚しか発行されませんでした。

    昭和30年代から40年代にかけて空前の切手ブームが起こり、「見返り美人」や「月に雁」の切手の価値も高騰しました。大卒の初任給が2万~3万だった時代に、金額が1万円を超えていたこともあったようです。
    人気となった原因の一つに、当時は過去に例をみない巨大な切手だったことがあります。今ではさほど珍しくない大きさですが、「見返り美人」が6.7㎝×3㎝、「月に雁」が7cm×3cmというのは当時ビッグサイズでした。 さらに構図が見事で印刷の美しさもあって、小さな芸術品と呼ばれていたようです。 当然のことながら現在でも非常に希少価値のある切手です。

    中国切手買取の現状とは?

    • 中国切手

    日本と同じように海外にも数多くの切手が存在しており、一般的なジャンルとして外国切手と呼ばれています。 美術品としての価値があり、稀少性が高く、さらに日本に流れてくる機会が少ないというのが外国切手の特徴です。そのため相当な高額で取引されている切手もあります。

    外国切手は本当にあらゆる国の切手を指すことができますが、その中でも特に高額買取の可能性が高い対象となっている切手が中国切手です。 近年まれにみる中国経済の急成長により中国の富裕層がコレクションなどのために中国切手の収集に力を入れていることで中国切手の価値が高騰しており、切手買取市場を活気づけています。さらに1966年~1976年まで続いた文化大革命時代には中国切手は輸出が禁止されていたことで、日本に入ってくる数が極端に少なかったのも稀少価値が非常に高くなっている要因です。
    厳密にいうと、一般的に中国切手と呼ばれている切手は現在の中国である中華人民共和国が発行した切手のことを指します。つまり1949年以降に発行された切手です。新中国切手とも呼ばれます。

    日本においての中国切手の収集は、日本の切手ブームの時に外国切手も一緒に集め出した人が多く、人気がありました。絵柄が美しい切手はコレクションとして、美術品としての価値も見出されたのです。 日本の切手ブームは昔に比べると収束してしまいましたが、現在の中国では今までにない切手収集ブームが起こっており、切手の買取相場は上昇しています。
    ピークは過ぎたようですが、まだまだ高額買取されているようなので、もしも不要な中国切手があるならば、中国のバブルもいつはじけるかは不透明なこともあり、ブームが続いているうちに売ってしまう方が良いかもしれません。 次に中国切手の中でも有名な切手をいくつかご紹介します。

    • 赤猿切手
    • 赤猿切手

      中国切手の「赤猿」は、中国切手をコレクションしている人なら誰でも知っている有名な切手です。 中国で初めての年賀切手で、その年の干支が猿だったこともあり1980年に発行されました。 赤い背景に子ザルが1匹座っている絵柄の切手で別名「子ザル」とも呼ばれています。
      赤猿切手は発行当初から大変な人気がありました。 猿の毛が1本1本判別できるような美しく丁寧な絵柄も人気の理由のひとつです。 もともと発行枚数も少なく発行後すぐにプレミア切手となり、現在でも高額買取されている中国切手です。 郵便配達員が配達中に赤猿の貼られたはがきを盗むというエピソードまであるそうです。

    • 梅蘭芳舞台芸術小型シート

      「梅蘭芳舞台芸術小型シート」は1962年に発行された切手です。「メイランファン」と呼びます。中国京劇の人気女形俳優、梅蘭芳がモチーフとして描かれています。2万枚しか発行されていません。切手と小型シートの2種類があり、全8種類が発行されています。当時の中国は内戦や侵略などが蔓延し、非常に不安定な時代であり、その中で麗しい舞台は人々の癒しとなりました。さらにこの切手は発行枚数が極めて少なく入手が困難で、中国のコレクターの間でも人気があります。

    • 梅蘭芳舞台芸術小型シート
    • 子供たちよ科学を愛そう小型シート
    • 子供たちよ科学を愛そう小型シート

      「子供たちよ科学を愛そう小型シート」は少女が本を読む姿のまわりに科学系のイラスト(宇宙と海中模様)が入っており、可愛らしい絵柄が特徴です。 1979年発行の切手です。10万枚しか発行されていません。

    • 全国の山河は赤一色

      1968年に発行された、「全国の山河は赤一色」中国切手の中でも最も高額で取引されている切手です。 中国の地図が赤一色で塗られている一方で、台湾だけは白い色をしており、中国政府が、台湾は中国の領土ではないということを認めているという、非常に珍しい切手です。 しかし図柄が問題となり、発行後まもなくして発売停止になってしまいました。 その後、ごく一部のみ誤って発行されてしまい、価値が高くなりました。

    • 全国の山河は赤一色
    • オオパンダ(2次)6種完

      1973年に発行されたさまざまなパンダの絵が描かれた切手で、全6種類あります。 中国の画家で「現代中国画壇の第一人者」との呼び声高い呉作人が描いた水墨画です。子供を抱っこしたり、笹を食べたりしているパンダを描いた水墨画です。中国美術家協会副主席に就任するなどの活動でも知られている呉作人は、日本でも高く評価されています。

    • オオパンダ切手
    • 毛沢東関連の切手
    • 毛沢東関連の切手

      中国切手の中でも、毛沢東(毛主席)関連の切手は高額買取の対象となります。 毛沢東は文化大革命時代に活躍した政治家です。中華人民共和国の政治家であり、軍事戦略家、思想家でもあります。中華人民共和国を建国し、中国共産党を創立した人物で、有名な指導者です。文化大革命や大躍進政策といった過激な政策を実行した人物で、賛否両論ありますが偉人という評価は変わりません。 毛沢東を尊敬している人は中国でも非常に多いです。その毛沢東の切手は種類も豊富で、プレミア切手も多いのが特徴です。
      1967年に発行された「毛沢東の長寿を祝う」や「毛主席像」「毛主席 詩詞」、1968年に発行された「毛沢東の最新指示」や「毛主席の長寿をたたえる」は非常に有名です。この中でも「毛沢東の長寿を祝う」と「毛沢東の最新指示」の2種類は希少価値が実に高く、買取市場でもほぼ出回っていない超プレミア切手です。

    • 文シリーズ

      文化大革命時に発行されたものの中でも、特に1967年~1970年までに発行された切手です。 文1から文20までの全80種類が発行されています。 発行中止になった切手もいくつかあり、それらはほとんど市場に流通していません。

    • 毛沢東切手

    プレミア切手の豆知識

    • プレミア切手

    プレミアのつく切手の条件として、発行された年代、発行枚数や流通量が少ない、非常に人気がある、エラー切手である、はたまた中国切手にみられるように、文化大革命の影響で発行当時の社会的な情勢が影響している・・・などなど様々な理由が挙げられます。これらの切手は希少価値が生まれ、プレミア切手となりました。ある行事を記念して発行された記念切手の中にもプレミアがつくものはたくさんあります。

    日本の切手で、明治・大正・昭和初期などに発行され、枚数が少なくさらにシート状で残っている切手となると、プレミア価格になります。 「昭和立太子礼 10銭 かんむり」、「昭和すかしなし切手」や「震災切手」、「見返り美人」などもプレミア切手と呼ばれます。 他にも毎年年賀状の番号で当選するともらえるお年玉切手シートでも、1956年頃までに発行された切手であればプレミアがつきます。
    外国切手の中でも中国切手は特にプレミアのつく切手が多いことで有名です。 1964年に発行された「牡丹 小型シート」、「中国画唐美人 小型シート」、毛主席関連の切手・・・挙げたらきりがありません。

    中には日本の「桜切手(二十銭・赤紫色)」や中国切手の「全国の山河は赤一色」のように、数千万円の価値がついている切手も存在します。 ここまでくると枚数も少なく、ほとんど世の中に出ていない切手になりますが、さすがにここまでの金額はいかないまでも、数十万の価値のある切手はざらにあります。

    エラー切手もプレミアがつく条件の一つです。エラー切手とは製造段階で何らかのエラーが発生したものの、そのまま流通してしまった切手です。例えば、印刷が上下逆だったり、色が薄かったり、もしくは正規の色とは違う色でプリントされてしまったりと状況は様々です。流通量が非常に少ないということも高値がつく理由です。
    これらは切手にもよりますが非常に高いプレミアがつけられていることが多く、買取においても高価買取が期待できます。有名なエラー切手として「逆さまジェニー」と呼ばれるエラー切手があります。1918年にアメリカで発行されました。 額面は24セントです。「カーティス・ジェニー」という複葉機が、誤って上下逆さまに印刷されました。現在約100枚現存しているらしいのですが、アメリカのオークションで1枚、数千万円の値がつきました。

    切手買取のまとめ

    • 切手

    切手の買取において知っておくべき基本的な事柄から、知っておいた方が得をする事柄、さらには具体的な切手もいくつかご紹介しました。最近は、大人から子供まで切手収集をしていた、以前の切手ブームの時ほど切手の話はあまり聞かなくなりました。とはいえ、根強い切手コレクターもまだまだたくさんいますし、日本国内のみならず、先に述べた中国をはじめ世界中に切手を愛する切手コレクターは存在します。さらに世界中には約50万~60万種類の切手が存在し、毎年1万種類以上の切手が発行されています。

    そのため切手の世界はたいへんに奥が深く、思いもよらない希少価値のある切手もたくさんあるのです。
    もしかしたら、所有している切手の中にもプレミア切手があるかもしれません。もしくは今お持ちの切手も、将来プレミアのつく切手になるかもしれません。 所有している切手を買い取ってもらう際には是非参考にしていただければありがたいです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報