切手買取について

未使用の切手は郵便局で買取ってくれる?その他の方法は?

  • 切手の買取で査定対象となる切手の多くは郵便局などで販売されていた新品が使われないまま時間が経過し、買取専門店へ出されるというケースが多いです。切手買取に関する質問の中で、未使用の切手は郵便局で買取ってくれるかについてちょっと気になる疑問にお答えします!

    切手の使用期限はいつまで?

    切手には有効期限がありません。古いものであってもいつでも使用できます。たとえば年賀切手には発行年や干支が記載されていますが、その発行年を過ぎた場合でも使用可能です。
    また、郵便局から発行されているはがきには切手部分がすでに印字されていることが多いですが、そうしたはがきにも使用期限はありませんので、いつ使っても大丈夫です。たとえば、年賀はがきやかもめ~るなど、季節のくじ引番号付き郵便はがきなども、季節や年に関係なく使用できます。

    未使用の切手は郵便局で払い戻し・換金できる?

    未使用の切手は、郵便局で払い戻し・換金ができません。ただし所定の手数料を払えば、その他の切手やはがきなどに交換してもらえます。また、汚れたり破れたりしている場合は交換できないため気を付けましょう。では、交換例について具体的にみていきましょう。

    はがきに交換

    切手で交換できるはがきには、通常はがきのほか、絵入りはがきやインクジェット紙のはがき、くぼみ入りはがきなどがあります。たとえば、52円の切手で52円のはがき1枚に交換可能です。ただし、くじ引番号付き郵便はがきには交換できないため注意しましょう。切手をはがきに交換する場合は、はがき1枚につき現金で5円の手数料がかかります。なお、往復はがきにも交換でき、手数料は10円です。たとえば52円の切手2枚で往復はがき1枚に交換できます。

    郵便書簡に交換

    郵便書簡とは封筒兼用の便せんです。はがきの3倍書くスペースがあるため、短めの手紙を送る際に適しています。郵便書簡は1枚62円ですから、たとえば52円の切手1枚と10円の切手1枚などと交換が可能です。切手を郵便書簡に交換する場合は、郵便書簡1枚につき10円の手数料がかかります。

    特定封筒と交換

    特定封筒とは、レターパック封筒やスマートレター封筒のことで、信書も送れる点が特徴です。レターパック封筒とは、4キロ以内のものを全国一律料金、追跡サービスつきで送れる封筒のことです。料金は以下のとおりです。

    〈レターパック封筒料金〉

    厚さ3センチまでで、郵便受けに投函してもらいたい場合:360円
    厚さ3センチ以上で、対面で配送してもらいたい場合:510円
    と、なっています。

    スマートレター封筒とは、A5サイズ、2センチまで、1キロまでのものを全国一律180円で送れる封筒です。たとえば360円のレターパックを切手で交換しようと思った場合であれば、52円の切手7枚が必要です。おつりはでません。なお、切手を特定封筒に交換する場合は手数料が41円かかります。

    切手を無料で交換できる場合

    親戚の不幸などによって年賀切手を利用できなくなった場合は、年賀切手を通常切手や弔事用切手に手数料無料で交換できます。また、くじ引番号付き郵便はがき以外のはがきや郵便書簡、特定封筒にも無料で交換可能です。

    そのほか切手を買取ってもらう方法は?

    以上のように郵便局で行ってもらえるのは、あくまで交換であり、切手の買取ではありません。では、どこに切手の買取を依頼すればよいのでしょうか?以下でみていきましょう。

    金券ショップ

    金券ショップに持ち込み、または送付すれば買取ってもらえます。買取相場は、たとえば普通切手 20面シートで額面(切手の値段)が52円の場合、平均で89.5%~90%程度、バラ切手であれば60.0~65.0%程度となっています。また、ほとんどの金券ショップでは、バラ状態になっている切手を台紙に貼ってまとめることで高価買取をしてもらえます。たとえば台紙1枚に50枚の切手を貼った場合、切手の額面が50円以上であれば、買取レートをアップしてくれるところもあるようです。

    台紙の貼り方は、A3の用紙に同じ額面の切手を、10列×5行=50枚で並べるのが一般的なルールです。このとき、切手の大きさや絵柄が異なっていたり、切手と切手のあいだに隙間が空いていたりしても問題ありません。ただし、50枚未満だとバラ扱いになってしまうため注意しましょう。A3の用紙がない場合は、A4の紙2枚をセロハンテープなどでくっつけて使ってもかまいません。

    余ったバラの切手を売る際には、切手の額面ごとにファスナー付きのビニール袋などに入れて仕分けしておきましょう。その際、袋の中に枚数のメモも同封しておくとよいでしょう。

    インターネットオークション

    インターネットオークションでは、金券ショップより高い相場で買取ってもらえることが多くなっています。プレミア切手でなくても、スタート価格は約75%~80%で設定され、場合によっては落札価格が90%を超えることもあります。インターネットオークションに出す場合も、台紙に貼ったり袋に仕分けしたりして、落札者が入札しやすいように工夫しておくとよいでしょう。

    買取専門業者

    こちらについては、次の項目で詳しくご紹介します。

    買取専門業者なら切手の買取が可能!

    買取専門業者を利用するメリットは、査定技術の高さにあります。確かな鑑識眼を持った専門家に査定してもらえるため、納得の価格で売れることが期待できるでしょう。買取専門業者に売る場合、以下が切手の価値を決めるポイントになります。

    糊(のり)落ちの有無

    切手の裏面における糊の粘着力が落ちていると、状態が悪いと判定されて値段が下がる可能性が高いです。また、一度はがきや手紙に貼ったものを、使わずにはがしたり切り取ったりした切手も糊落ちとして扱われます。買取専門業者に売る際には、糊のついた状態のものを優先的に売ることを考えるとよいでしょう。

    ヒンジ跡の有無

    ヒンジとは、スタンプブックなどに切手を保管する際、切手を固定するために裏に貼りつけるテープのことです。このヒンジを使っていると切手にヒンジ跡が残り、価値が下がる可能性があります。

    シミや汚れの有無

    切手をシートや袋に入れずに保管していると、色落ちしたり、汚れたり、湿気で劣化したりすることがあります。そうした場合にも査定額が下がってしまうことがあるため注意しましょう。特にプレミア切手を保管する場合は、ほかの切手と重ならないようスクラップブックを使い、扱うときには手で直接さわらずピンセットを使いましょう。さらに湿気対策として、乾燥剤の使用もおすすめです。

    プレミア切手かどうか

    記念切手ブームがあった1960年代ごろに発行された希少性の高い切手は、プレミア切手として扱われることが多く、高く買取ってもらえる可能性があります。

    たとえば、図柄は同じで色違いが発行された記念切手のなかには、その色によって発行枚数が大きく異なるものがあります。その場合、発行枚数の少ない色にプレミアがつくといった具合です。さらに古い戦時中のものであれば、より高いプレミアがつく場合もあります。また、中国切手もコレクターに人気の切手として人気です。

    査定の際には上記のようなチェックが行われます。汚れなどがあっても買取ってくれる買取専門業者もありますので、まずは査定に出してみてはいかがでしょうか。

    買取専門業者は使用済みの切手も買取ってくれる?!

    買取専門業者のなかには、使用済みの切手を買取ってくれるところもあります。特にプレミア切手など価値のあるものは、使用済みでも買い取ってもらえる可能性があるため、一度査定に出してみてもよいかもしれません。使用済み切手の価値を決めるポイントには以下があります。

    紙からはがしてあるかどうか

    封筒やはがきからはがしてあったほうが査定額は高くなります。水につけて、丁寧にはがしてから査定に出してみましょう。

    消印の位置や鮮明さ

    使用済み切手の場合は、日付や郵便局名が鮮明に残っているほうが、価値が高くなります。たとえば消印が切手の上に丸く残っているものは「満月」と呼ばれ、人気の高い消印のひとつです。このような使用済み切手がある場合には、ぜひ買取専門業者に相談してみましょう。

切手買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報