切手買取について

天皇陛下記念切手の価値が知りたい!切手買取で高価買取してもらうには?

天皇陛下記念切手

昔から多くの人を魅了してきた切手のなかには、一枚数百万円もする、とても高価なものがあることをご存じでしたか?

押し入れの中で眠っている、古くて汚れている切手や使用済みの切手が、実は貴重なプレミア切手である可能性もあります。

「もう使えないから」と処分する前に、切手買取について考えてみるのはいかがでしょうか。

今回は、これまでに様々な種類が発行されてきた「天皇陛下記念切手」の価値や、切手買取の注意点をご紹介します。





天皇陛下記念切手とは?

まずは、天皇陛下記念切手について、その概要をご紹介しましょう。

記念切手とは?

「記念切手」とは、国家的行事などを記念して特別に発行される切手のことです。

印刷数や販売する郵便局、販売期間が決まっており、郵便に使用できる期間が制限されている場合もあります。

皇室に関わる行事から、外交やサミット、オリンピックやワールドカップなどの各種スポーツイベントまで、さまざまなイベントを記念する切手が発行されてきました。

日本最初の記念切手は1894年に発行され、現在では毎年さまざまな記念切手が発行されています。

当初は「紀念切手」と表記されていましたが、昭和3年(1928年)に発行された「昭和大礼記念」から「記念切手」という表記に統一されています。

天皇陛下記念切手とは?

「天皇陛下記念切手」とは、天皇陛下に関わる慶事を記念して発行された切手です。

立太子や天皇即位記念、御成婚や銀婚記念などを代表に、1894年以来、数々の種類の天皇陛下記念切手が発行されてきました。

なかには、スコットランド政府など日本以外で発行されたものや、準備は整っていたものの関東大震災のために発行が中止された幻の記念切手もあります。

おめでたい模様の切手や天皇陛下の御肖像が使用された切手、郵便局に長蛇の列ができるほど人気となった記念切手もありました。

天皇陛下記念切手の種類

天皇陛下記念切手にはさまざまな種類があります。

以下でその一覧を見ていきましょう。

立太子記念切手

皇太子を正式に定める皇室の儀式である「立太子礼」を記念した切手です。

1916年に裕仁親王(昭和天皇)の立太子を記念して発行された「裕仁立太子記念切手」は、記念切手のなかでもコレクターから強い人気を持ち非常に高い価値のある切手として有名です。

1952年には、明仁親王の立太子礼を記念し、「立太子礼記念切手」が発行されました。

図柄は、5円切手と10円切手は「麒麟とキク」、24円切手は「皇太子旗」です。

天皇即位記念切手

天皇が皇位を継承されたことを記念して発行される切手です。

1915年に大正天皇が即位された際には、「大正大礼記念切手」が発行されました。

図柄は、1.5銭切手は「儀式の冠」、3銭切手は御即位の際に天皇が座所とされる「高御座」です。

4銭切手(赤)と10銭切手(青)は「紫宸殿と威儀本位の武人」で、天皇即位の礼を見下ろす構図で描かれています。

発行枚数が少ない10銭切手は、より高額で取り引きされています。

1928年には、昭和天皇が即位されたことを記念する「昭和大礼記念切手」が発行されました。

図柄は「鳳凰」と、大嘗祭で使用された「大嘗宮」で、「大嘗宮切手」とも呼ばれます。

1990年の「天皇陛下御即位記念切手」では、「高御座浜床の鳳凰」(高御座の基壇の正面中央に描かれている鳳凰)や「萬歳楽の装束の文様」がデザインされています。

「天皇陛下御在位○年」を記念した特殊切手も、何度も発行されてきました。

天皇御成婚記念切手

天皇(当時の皇太子殿下)の御成婚を記念する切手です。

1900年に大正天皇の御婚礼を記念して「大正婚儀記念切手」が発行されました。3銭切手のみで、結婚式の引き出物がデザインされた華やかな切手です。

日本で発行されたもの以外に、中国など外国の日本領土で発行されたものもあります。

「在外国局切手」と呼ばれ、「支那」や「朝鮮」などの加刷が施されています。

1923年には、昭和天皇の御結婚を記念した「皇太子結婚式記念切手」が準備されましたが、発行されず、幻の不発行切手として有名です。

1959年の天皇陛下の御結婚を記念した「皇太子殿下御成婚記念切手」には、「檜扇」の他に、「天皇皇后両陛下の御肖像」が図柄に使用され注目を集めました。

天皇銀婚記念切手

天皇皇后両陛下の御結婚25周年を記念して発行される切手です。

1894年に明治天皇の銀婚を記念して発行された「明治天皇銀婚記念」は、日本で初めて発行された記念切手でした。

1925年には、大正天皇の銀婚を記念した記念切手が発行されました。

図柄は、1.5銭切手と8銭切手は「松食い鶴」、3銭切手と20銭切手は「鳳凰」が採用されています。

また、天皇皇后両陛下の御結婚50周年を記念した切手も発行されてきました。

1974年に発行された「昭和天皇大婚50年記念切手」は、「二重橋」や「宮殿」の図柄となっています。

2009年には、「天皇皇后両陛下御結婚満五十年」を記念した特殊切手が発行されました。

切手のデザインは、御結婚の際にご祝宴の記念として製作された「ボンボニエール」(銀製の菓子器)と、御結婚の際に皇后陛下が持たれた「檜扇」です。

天皇皇后両陛下御訪欧記念切手

1971年に、昭和天皇・皇后両陛下がヨーロッパ諸国7カ国をご訪問されたことを記念して発行されました。

図柄は「天皇旗に菊花と鳳凰」と、香淳皇后の御作品「海の彼方」(富士山)です。

1975年には昭和天皇の御訪米を記念した「天皇皇后両陛下御訪米記念切手」も発行されています。

「星条旗に桜」と「日章旗にハナミズキ」の図柄です。

また、昭和天皇の皇太子時代にも、海外をご訪問された際に記念切手が発行されました。

1921年に日本の皇太子として初のヨーロッパご訪問の際は、「皇太子帰朝記念切手」が発行されました。

「昭和ご帰朝切手」とも呼ばれる切手です。同切手は、皇太子の帰国に間に合わせるために、日本で初めてオフセット印刷されました。

図柄は、旅行に使われた軍艦「香取」と「鹿島」の1種類のみです。

4銭切手と10銭切手は、さらに高額で取引されることもあります。

1923年に台湾をご訪問された際は、「皇太子台湾訪問記念切手」が発行されました。

「台湾行啓記念切手」とも呼ばれます。図柄は台湾の代表的な山「新高山」です。

この切手は台湾総督府管内で限定発行されました。

1953年に明仁皇太子がエリザベス2世の戴冠式から帰国された際には、「皇太子帰朝記念切手」が発行されました。

5円切手の図柄は「鳳凰」、10円切手は「タンチョウ」です。

天皇陛下記念切手の買取価格

天皇陛下記念切手

天皇陛下記念切手は、どのくらいの価格で買取ってもらえるのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう。

買取価値No.1「皇太子結婚式記念」

1923年に発行される予定だった「皇太子結婚式記念切手」は、「黄丹」に着色した特別な切手用紙や、凸版と凹版のコンビネーション印刷を使用した豪華な切手です。

「霞ヶ浦から見える筑波山」や「東京・霞が関の東宮仮御所」が図柄として採用されていました。

しかし、関東大震災により大半が焼失し、婚儀は延期され、切手の発行は中止されました。

現存するものは、事前に委任統治下にあった南洋庁(パラオ諸島)に発送されていたものです。

希少価値が高く、特に8銭切手はより高額で取引されています。

買取価値No.2「裕仁立太子」10銭

「裕仁立太子記念切手」は「昭和立太子礼」とも呼ばれ、1916年11月3日に発行されました。

1.5銭切手と3銭切手の図柄は「オシドリ」となっています。

また、1.5銭切手は日本初・戦前唯一の3色刷りで豪華なデザインとなっているのも特徴です。

特に人気があるのは10銭切手です。発行枚数が少なく、流通量も少ないため高値がつきます。

「儀式のかんむり」が描かれていることから「かんむり」とも呼ばれ、かなりの高額で取引されるプレミア切手です。

買取価値No.3「明治天皇銀婚」

ある在留外国人の要望から、急きょ日本最初の記念切手が発行されることになりました。

明治天皇・皇后の御結婚25周年の祝典まで1か月弱、という短い期間で準備が進められ、1894年3月9日に発行されました。

普通切手の約2倍の大きさで、額面は2銭(赤)と5銭(青)、図柄は「菊花紋」です。

“IMPERIAL WEDDING 25 ANNIVERSARY”と表記されています。

100年以上前に発行された日本最古の記念切手であるため、切手の状態によって買取価格が大きく左右されます。

美品で、2種類そろっていれば、より高く買取ってもらえるでしょう。

その他の高額買取が期待できる天皇陛下記念切手の種類

通常、額面以上の価格で買取ってもらえるのは1955年頃までの記念切手です。

1900年発行の「大正婚儀」3銭切手の買取相場価格は、シートならかなりの高額で買取ってもらえますが、使用済み切手は価値が下がります。

その他の切手の種類は以下のようなものが挙げられます。

発行年種類
1915年「大正大礼」1.5銭切手と3銭切手
1921年「皇太子帰朝」1.5銭切手と3銭切手
1923年「皇太子台湾訪問」
1925年「大正天皇銀婚」1.5銭切手と3銭切手
1928年「昭和大礼」10銭切手
1952年「立太子礼記念」美品の24円切手
1953年「皇太子帰朝記念」

より高く切手買取してもらうコツ

せっかく価値のある天皇陛下記念切手を買い取ってもらうのであれば、より高く買取ってもらいたいところです。

以下では、切手買取の査定に出す際の留意点について解説します。

保管状態に注意する

希少価値の高い切手を持っているなら、少しでも高値で買取ってもらうために、保管状態に注意しましょう。

紙はとてもデリケートで、古い切手ほどプレミア価値が高くなるため、湿気のない場所で保管してください。破れたり折れたりしないように、丁寧に扱いましょう。

額面違いの同じ切手があるなら、一緒にしておいてください。

すべての額面がそろっていれば、コレクションとして高く評価してもらえる場合もあります。

また、バラ切手ではそれほど価値がなくても、シートなら価値が大きく変わるかもしれません。

2枚以上がつながっている切手があるなら、切り離さずに査定してもらいましょう。

買取業者を選ぶ

業者によっては、切手に詳しい鑑定士がいないために、記念切手の価値を正しく評価してもらえない場合があります。

また、額面に応じた切手買取価格が一律に定められており、切手のプレミア価値を個別に考慮しないリサイクルショップなどもあります。

「天皇陛下記念切手」のようにプレミア価値の高い切手を換金したいなら、切手を専門的に取り扱っている切手買取業者を選んでください。

いくつかの業者に査定を依頼して、一番高い価格で買取ってくれる業者を選ぶのもよいでしょう。

おわりに

今回は、天皇陛下記念切手の価値について、切手買取の注意点とともにご紹介しました。

持っている切手の価値を知ることは、より高く買取ってもらうための第一歩です。

貴重な「天皇陛下記念切手」を持っているなら、ぜひこの情報を活用してみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!