切手買取について

切手買取の相場や高く買い取ってもらうためのコツをご紹介

切手買取の相場や高く買い取ってもらうためのコツをご紹介

手持ちの切手が不要になったら、捨てるのはもったいないので買取に出すことを選択肢の一つに挙げているかと思います。

切手を売る際には、「切手を買取に出したら、相場はどのくらいだろう」「どんな切手の種類なら買い取ってもらえるのだろう」と疑問に思う方もいることでしょう。

今回は切手の買取相場や、高く買い取ってもらうための工夫についてご紹介します。

また、買取対象となる切手の種類や、おすすめの買取業者についても解説します。

切手買取について

切手買取について

切手買取とは、コレクション等で集めていた切手や使おうと思って保管していたバラ切手やシート切手など、何かしかの理由で保管している切手を売ることを指します。

近年では昔に比べて切手の需要が落ち込んでおり、背景としては郵便や手紙を使う機会が減ったことが挙げられます。

その結果、使われなくなった切手や持て余した切手を手放す手段として切手買取が活発化しています。

切手の種類と切手の一覧

一言で「切手」と言っても、その種類はとても多いです。

そして日本だけでなく世界中に郵便事業があり、その種類は日本だけで数百種類存在しています。

代表的なものをいくつか紹介しましょう。

普通切手、記念切手(特殊切手)、年賀切手(お年玉切手)、戦前切手、ふるさと切手、ゆうペーン、小型シート切手、など。

下記に一部作家のさらに深い情報を掲載しているページもありますので是非ご覧下さい。

参考記事:普通切手について

参考記事:記念切手(特殊切手)について

参考記事:戦前切手について

参考記事:年賀切手(お年玉切手)について

参考記事:ふるさと切手について

参考記事:ゆうペーンについて

参考記事:小型シート切手について

切手買取が可能なところ

こういった切手は様々な場所で買取に出すことができます。

元々コレクタ―間での売買というのもありましたが近年ではオークションで出品したり、商品券など購入できる金券ショップ、そして切手を専門で査定・買取してくれる切手買取専門店などあります。

特に切手買取専門店はインターネットの発達により、電話1本で経験豊富な査定員が切手を自宅まで買取に来てくれるなど、切手を買取に出したいと考えている方にとってはとても便利な時代になったといえるでしょう。

買取られたあとの切手はどうなる?

買取られた切手の行き先はいくつかあるのですが、これはどこに売却したのかによって大きく異なります。

例えばオークション等の個人間取引であれば、コレクション目的で収集されますし、切手の需要が減ったとはいえ、いまだに切手収集を行っているコレクターは存在しますし、そういったマニアが探している切手は稀少価値が高いのです。

次に郵便物を発送するために使用される場合です。

例えば購入された商品を利用者へ発送する時に郵送で送る事業会社もありますが、こういった場合一度にたくさんの商品を郵便で発送するため、たくさんの切手が必要になります。

切手も一枚一枚は値段は安いものの、一度に大量に使用するとなるとコストがかかります。

このような時にコストを下げるため、買取された切手を入手して、使用することがあります。

一度買取された切手は比較的安く入手できることもあるので重宝している事業会社もあります。

このように切手は需要が減ったとはいえ、まだまだ必要とされていますし、需要やニーズはあると思って良いでしょう。

だからこそ、使わないのに眠らせたままの切手を保管しておくのはもったいないですね。

切手買取の相場一覧

切手買取の相場一覧

そんな切手の買取相場が気になるところですが、切手の買取相場は切手の種類にもより大きく異なります。

切手買取において様々な切手が買取市場に出回りますが、その中で比較的多く目にする種類としては「普通切手」「記念切手・特殊切手」「お年玉切手」「プレミアム切手」です。

これは需要があるとともに、切手をお持ちのお客様が多く持っている切手だからという理由もあるようです。

まず押さえておきたいのは、切手はプレミアム切手を除き、買取価格は基本的に額面価格よりも下回ってしまいます。

これは金券ショップで商品券を売った時と同じと言えばイメージしやすいかもしれませんね。

この理由としては、もしも額面と同じもしくはそれよりも高く買取された場合、買取した側の利益がなくなってしまうからです。

この種類に該当する切手は上記で挙げた「普通切手」「記念切手・特殊切手」「お年玉切手」の中にも該当する切手があります。

たとえば、切手コレクターが探し求めている切手や中古市場で人気が高まっている切手など様々です。

切手の買取相場は切手の買取業者ごとに異なる部分もありますので一概には言えないところもあり、そして個人間取引で切手を入手しているコレクターによっても様々です。

買取相場は自分の持っている切手の価値を知る一つの方法ですから、もし価値を知りたい・買取価格を知りたいと思う方は切手買取の専門業者に確認してみるのが良いでしょう。

切手は多種多様ありますから、もしかしたらあなたが気付かない切手の隠された価値を知ることができるかもしれませんね。

特に買取値が高くつく切手の種類と買取相場

特に買取値が高くつく切手の種類と買取相場

前項でお伝えした「プレミアム切手」もここに該当しますが、ここに紹介した切手がもしも自宅に眠っていて、もしも必要としていないならば今すぐ買取の相談をおすすめします。

過去に買取相場の高かった切手

ここに該当する切手は今でも需要はあるものの、例えば「ビードロを吹く娘」「月に雁」「見返り美人」などは切手収集ブームの頃にとても人気がありました。

しかし今は当時のようにバラ一枚程度では極端に高い買取価格とは言えません。

しかしながら美品や固まった枚数でのシートであれば買取相場も高い傾向が見られます。

では、今現在買取相場の高い切手はどのような種類があるのでしょうか。

特に今高い人気や需要があるのは中国切手

なんといっても今最も買取相場が高い可能性がある切手は中国切手です。

中国切手はその名前の通り中国で発行された切手を指しますが、中国には今もたくさんの切手が発行されていますので、現行の中国切手という意味ではありません。

ここで挙げる中国切手は「文化大革命時代」に発行された中国切手です。

通称「文革切手」とも呼ばれ、流通している枚数が極端に少ないことと、中国の富裕層が投機目的で需要が高まっていることが理由に挙げられます。

日本の切手の中にも買取相場の高い切手がある

日本の切手の中にもいまだに買取価格が高い切手があります。

それは昭和30年代以前に発行された切手で、有名なのが竜文切手・竜銭切手と呼ばれる切手です。

この切手は明治時代に発行された切手の中で最も買取相場が高い種類の一つで高値が期待できます。

この切手に限らずこの周辺に発行された切手は今の切手とは見た目も異なりますので、もしも見つけたら迷わず買取の相談をおすすめします。

切手買取はどこにお願いするのが良い?

切手買取はどこにお願いするのが良い?

切手を買取に出す方法はいくつかあり、どのように買取に出せばいいのかわからないということもあるかもしれませんね。

ここではそんな切手を買取の方法について紹介します。

買取専門店での切手買取

切手買取店の営業形態はいくつかあります。ひとつは店舗型の場合です。

店舗がメインの買取を行っている場合ですと、自ら切手を店舗へ持ち込む必要があるので、もしも大量に切手を保有していたとしたら運び出すのが手間に感じるかもしれません。

また、自宅から比較的近場でしたら良いですが、遠方の場合は同じく持ち込むのも大変かもしれませんね。

ここで注目したいのが、出張買取や宅配買取を実施している買取専門店です。

これは切手を買取してほしいと思う利用者の利便性に特化したサービスを実施しており、電話やメールで申込みを行い、出張買取であれば専門のスタッフが自宅への査定を行い、宅配ならば利用者が買取専門店へ切手をダンボールに詰めて送る方法が一般的です。

オークション等の個人間取引での切手買取

オークション等においても切手買取は活発に行われています。

とても便利な方法ではあるものの、個人間取引のため、やりとりの中でトラブルも見受けられる場合があるので注意しましょう。

切手買取の対象にならない切手とは?

切手買取の対象にならない切手とは?

切手の中には、残念ながら買取対象にならない切手があります。

それはズバリ「切手の状態」です。

切手の買取はコレクター需要とも関係しており、例えば同じ切手だとしても片方は綺麗な状態、片方は破れや汚れが多く見受けられる切手があったとします。

もしあなたがその切手を探していたとして、どちらが欲しいかといえば、結果は一目瞭然ですね。

そして切手は紙で作られているため古い切手などは劣化が激しく、場合によっては価値の低下が気になります。

いざ買取に出そう!と思っても、状態が悪いため本来の買相場よりも下回ってしまうのはとても辛いことですね。

では、ここで注意すべき点は、どういったことが挙げられるか、いくつか紹介します。

買取対象にならない切手の状態

切手は表面がどんな状態かというポイントが最も重要視されます。

その上で、表面に「破れ」と「剥がれ」があった場合は残念ながら買取対象外となってしまいます。

切手の素材は紙でできているので保管ケースに入れないままの保管ですと切手同士がこすれたり何かに引っかかって表面の破れや剥がれという致命的なダメージを受けてしまうことがありますので注意してください。

その他、極端に買取相場を下げる切手の状態

ここで紹介する切手の状態は、場合によっては買取対象にならない判断をされてしまう可能性があるほか、買取相場を極端に下げてしまう要因になります。

シート切手の耳紙箇所の破れなら買取対象

先程紹介した破れについて、シート切手のフチを囲む余白部分を通称「耳紙」と呼ばれる部分がありますが、ここの箇所の破れならば、買取不可にはなりません。

ですが買取相場や買取価格の低下の要因になってしまいます。

切手の「折れ」も場合によっては買取不可の要因に

これは切手が折れて表面に折れ線が入ってしまった状態を指します。

これは切手買取を行う業者の判断にもよる部分がありますので一概にはいえませんが、これも切手の買取相場を下げてしまうダメージの一つです。

切手は湿気も買取相場を下げる条件になる

切手の素材は紙ですので、湿気の影響を受けやすい性質があります。

よって、傷がつかないようにしっかりケースに入れて保管したとしても、保管環境が湿気の多い場所だったりすると切手のヨレを招くだけでなく、切手の裏面についている糊がはげるなど切手同士を重ねて保管していた場合は、切手同士がくっついて剥がれや破れの原因になってしまいます。

切手を少しでも高く買取ってもらうために

切手を少しでも高く買取ってもらうために

切手の売却を考えた際、できることなら少しでも高く買い取って欲しいものです。

どうすれば切手を1円でも高く売ることが期待できるようになるのでしょうか。

切手の価値を下げずに買い取ってもらう方法をお伝えしますので、買取を検討している方は確認しておきましょう。

相場を知っておく

相場とは大まかな品物の買取参考価格のことであり、市場では相場を参考にして実際に買取が行われます。

相場は査定に出された品物が、買取市場ではいくらくらいで買い取られる傾向にあるかを示すもので、切手をはじめすべての買取対象品目に存在します。

切手を査定に出す前に相場をチェックしておけば、お持ちの切手がいくらで買い取られる可能性があるか予想が立てられます。

切手の買取相場は「(切手の名前や種類) 相場」とインターネットで検索すれば、誰でも把握することができます。

ただし、大抵の相場は新品と同じくらい状態が良い場合を基準に算出されますので、少しでも切手が色焼けなどを起こしていたり欠損があったりすれば、相場を下回る買取価格となることを念頭に置いておきましょう。

保存状態をよくする

保存状態をよくする

もしお持ちの切手の保存状態が悪かった場合、相場よりも買取額が下回る恐れがあります。

反対に言えば、保存状態が良ければ相場と同等、またはそれ以上の高い買取額がつくかもしれません。

日頃から切手の状態には気を配り、保存方法には充分に気をつけましょう。

切手を劣化させる原因は、指先についた僅かな皮脂や汗、水気や直射日光です。

これらが切手についたり当たったりすると、切手は化学反応を起こしてシミができたり、内側に丸まったり、ちょっとした刺激にも脆くなったりしてしまいます。

そのため、切手をたくさんお持ちであれば、1枚1枚丁寧にストックブックに収納しましょう。

ストックブックは冊子状の厚紙に透明フィルムが取り付けられた、切手をしまうための切手専用のファイルのことです。ストックブックを利用して切手を保管すれば、切手を傷めずに収納できるのでおすすめです。

ストックブックを入手しづらい場合は、100円ショップで売っているピルケースやポストカード入れ、名刺ホルダーなどを活用してみてください。

切手を劣化原因から守って、美しい状態をできるだけ長く保ち、綺麗な見た目のまま査定してもらいましょう。

切手の買取専門店で買い取ってもらう

切手の買取を検討しているのでしたら、買取専門店を利用しましょう。

切手の買取専門店の査定員は、一般に多く出回っている普通切手はもちろん、発行が終了して現存数が少なくなり希少性の高くなったプレミア切手まで、切手についての幅広い知識を有しています。

また、日本で発行された切手に加え、海外で発行された海外切手(外国切手)にも精通しており、古今東西の切手に対する高い査定力が身についています。

切手の専門知識や買取相場を元に、隅々まで状態をチェックした上で、切手の価値に見合う買取額を算出してくれます。

無論、切手の買取専門店によって買取後の再販ルート・規模・実績などが異なりますので、それぞれで算出される買取額には違いがあるでしょう。

ですが、優良な切手の買取専門店であれば、あまりにも切手の価値に見合わない不当な買取額を提示される可能性は低いと言えますので、安心して査定に出せます。

仕分けしておく

仕分けしておく

1枚1枚切り離されているバラバラな状態にある切手を「バラ切手」と呼びます。

バラ切手を査定してもらいたい場合は、査定に出す前に額面や枚数を仕分けしておきましょう。

もしも貴方が切手の査定員だとして、全くまとめられていない大量のバラ切手の査定を頼まれたら、どのように思うでしょうか。

いくら仕事とはいえ、「少しでも切手が袋に小分けされていたら作業がはかどるのに…」「すぐに査定が終わるように仕分けておいて欲しかったな…」と思うでしょう。

ですから、査定員が効率的に査定できるように、バラ切手は仕分けておいてください。

バラ切手が仕分けられていなかった場合、買取業者によっては査定を断られたり、切手のみの買取額から仕分け手数料を引かれてしまったりするかもしれません。

「切手のデザインや額面ごとに分ける」「50枚あったら袋に詰める」「袋には額面と枚数を油性ペンで記す」など、ちょっとした工夫で良いのです。

査定員がスムーズに査定できるように、買取額を少しでも上げるために作業してみましょう。

シート切手がある場合はバラさない

シート切手とは、切手同士がつながっていて、その周りをパンの耳のようにぐるりと紙が囲っている状態の切手のことです。

シート切手は切手市場で「1枚も切り離されていない未使用品」として扱われるので、同じ額面・枚数のバラ切手よりも高額で買い取られやすいです。

切手市場ではシート切手は重宝される存在ではありますが、その分査定はバラ切手よりもシビアになります。

切手が1枚でも切り離されていたり、目打(めうち・切手を切り離すための細かな穴)同士が少しでも離れたりしているだけでバラ切手として扱われます。

シート切手はバラ切手よりも価値があるので、故意に1枚だけ切り取ったり、目打を切ったりということは絶対にしないでください。

コラム:切手を購入するときに消費税はどうなるの?

コラム:切手を購入するときに消費税はどうなるの?

切手を購入するとき、消費税がかかるのか疑問に思ったことはないでしょうか。

消費税法にある条件や例外などは除きますが、郵便局や簡易郵便局で切手を購入する場合は、消費税はかかりません。

そもそも切手は、配達サービスを利用するための料金(人件費・社用車の維持費や燃料費など)を、現金の代わりに支払うために使われます。

そのため、切手には配達サービス料と、配達サービスにかかる消費税がすでに含まれています。

切手には消費税も含めた額面が記されているので、郵便局や簡易郵便局で購入する際は切手に消費税がかからないのです。

一方で、コンビニや金券ショップなど、郵便局以外の場所で切手を購入した場合は消費税がかかります。

切手には発行枚数や販売期間が限られる「記念切手」や「特殊切手」と呼ばれるものが存在し、プレミア的価値が付随されてコレクションとして切手市場に流通する種類もあります。

配達サービスの利用が目的ではないため、コンビニや金券ショップなどで販売される場合は、切手に消費税がかかるという訳です。

ただし、金券ショップで販売されている切手に消費税が含まれていたとしても、郵便局で購入するよりも割引されている可能性もあり、同じ切手を郵便局で購入するよりも安く手に入る場合もあります。

切手を買取する際に知っておきたいことまとめ

切手を買取する際に知っておきたいことまとめ

切手を買取に出すときに押さえておきたいポイントをまとめました。

以下のポイントを把握すれば、少しでも高い価格で切手を買い取ってもらえる可能性があります。

「せっかく売るなら1円でも高く売りたい」「買取額で損をしたくない」という方は、是非とも注意してみましょう。

切手の基本情報と買取額の算出方法を把握する

まず、「お手持ちの切手がどんな種類なのか」「どんな切手であれば高額で買い取られる傾向にあるのか」など、切手の基本情報を知っておきましょう。

持っている切手がどんな切手なのかが分からなければ、買取額がついてもその価格が適正なのかが分からないからです。

また、切手には古今東西に及ぶ様々な種類があり、保存状態により買取額は変動します。

加えて、同じ切手も切手市場の相場によって買取額は変動しますので、「この切手なら一律〇〇円」という絶対的な買取価格がありません。

切手は種類・状態・相場によって買取価格が変わることを念頭に置いておきましょう。

切手の価値を下げないを高く買い取ってもらうための方法を把握する

切手はちょっとしたテクニックで買取額を上げることができます。

「保存状態に気をつける」「シート切手はバラさない」など、ほんの少し気をつけるだけで買取額が下がることを食い止めることができます。

「切手の買取額を何としても上げたい」「1円も損したくない」とお考えであれば、こうしたコツに注意し、実行してみましょう。

手数料が無料の切手の買取専門店を利用する

切手の買取専門店の多くは、無料で査定や買取などを行ってくれます。

買取業者の中には「査定するだけ」「買取するだけ」でも手数料が発生するところもあります。

二束三文の手数料でも、積もりに積もったら高額になり、切手を買い取ってもらえても損をするかもしれません。

できるだけ損をしないためにも、手数料は無料に設定している切手の買取専門店に査定を依頼しましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!