切手買取について

シートの状態で切手が残っていた場合の買取価格はいくらになる?

シートの状態で切手が残っていた場合の買取価格

部屋の整理をしていたら父親が集めていた切手がシートの状態で出てきたけれど、使う予定もない・・・。

そんな時は切手買取サービスを利用してみるのはいかがでしょうか。

シート切手は買取需要もあり、不要だと思っていた切手が思わぬ高値になるかもしれません。





切手買取について

切手買取とは、不要な切手を現金で買取してくれるサービスです。

郵便局などで購入できる切手は、購入した後は未使用であっても郵便局では換金してくれず、コレクション目的などで購入した場合は良いですが、使う予定がない切手の場合ですとそのまま自宅で眠らせておく他方法がありません。

 

切手買取ではどんな切手が取り扱い対象?

切手は用途によって普通切手という郵便送付用に使うものや、各種イベントなどを記念して発行される記念切手などがあります。

普通切手や記念切手以外にも数えきれない種類の切手が発売されており、中には希少価値のあるプレミア切手などは切手買取に出すと額面よりも高く買い取ってくれる場合があります。

切手買取で高値になる切手の種類

基本的には希少価値の高い切手が高値になります。

切手における希少価値の有無というのは発行枚数が少ないため、欲しがっているコレクターが多くいる場合、買取市場で高値になる傾向が強いです。

切手買取でこれまで高値がついた種類ですと、切手が日本で流通し始めた頃に発行された切手や、その後起こった収集ブームにコレクターが集めていた切手、さらには中国切手と呼ばれる中国の切手などがあります。

切手シートの買取について

切手買取ではシート状の切手はとても需要があります。

切手はシート状で郵便局で売られており、同一の額面の切手が複数枚単位で収められて売られています。

シート切手は周りを囲うように白いフチで覆われており、シートの中に納められている切手を一枚でも切り離してしまうとバラ切手と呼ばれ、価値が下がってしまいます。

また、台紙貼り切手といってバラ切手にシート切手と同じ枚数を張り付ける方法もありますが、シート切手の買取評価よりは価値が下がってしまいます。

切手シートを買取に出す時に注意したいポイント

切手は紙でできていますので取り扱いには注意が必要です。

また、シート内に納められた切手が一枚でも欠けてしまうとシートとはみなされず、全てバラ切手と判断されてしまうので注意してください。

しかし、コレクターは価値のある切手をできるだけ安く買いたいと考えています。

切手は汚れやシミ、折れといった内容であれば価値を下げるだけで済みますが、もしも額面部分に敗れなど発生した場合は価値がなくなってしまいます。

ただしシートを囲う余白部分の破けであれば買取対象としてくれる場合もあるようです。

これは買取業者によって判断が分かれるところでもあるのでまずは確認してみましょう。

切手シートの買取価格は?バラ切手と査定額に違いについて

切手シートとバラ切手の査定額の違いはどのくらいあるのでしょうか。

これも買取業者によって判断が分かれるところではありますが、いずれにしてもバラ切手はシート切手に比べて価値は下がってしまいます。

買取業者の中にはシート切手で査定に出すとプラス評価をしてくれるところもあるようです。

切手買取で切手を高く売るためのコツ

切手を高く売るためのポイントは、なんといってもバラではなくシートの状態で買取に出しましょう。

シート切手の方が需要は高く、バラ切手よりも枚数が多いこともプラスになり合計額面が高くなります。

また、切手の状態には注意が必要です。

古い切手の場合、劣化しているものが多く、価値の低下に繋がる恐れがあります。

手元にある切手が古い場合は、取り扱いは極力手で触らないようにするのもコツです。

このように切手はシート状で買取に出すとメリットが多いということがご理解頂けたかと思います。

加えて切手の状態というのも買取価格を決める上での大事なポイントとなりますから忘れないようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!