切手買取について

琉球郵便切手ってどんなもの?買取価格はどれくらいになるの?

琉球郵便切手ってどんなもの?買取価格はどれくらいになるの?

手元に古い沖縄の切手を持っている方はいませんか?

ひょっとすると、その切手は珍しい琉球郵便切手かもしれません。

今回は、琉球郵便切手とはどのようなものなのか、価値はどのくらいになるのかなどについて詳しくご紹介しましょう。





琉球郵便切手や沖縄切手とは?

琉球郵便切手(琉球切手)とは、広義には、沖縄が1945年にアメリカ軍に占領されてから1972年5月14日に本土へ復帰するまでに、沖縄で発行された切手のことです。

沖縄切手とも呼ばれ、「琉球郵便」という文字が入っています。

狭義の沖縄切手は、1945年におけるアメリカ軍占領から1953年6月までに、アメリカ軍統治下の沖縄と奄美群島で発行された切手のことを指します。

1948年7月1日からは、沖縄独自の文化を反映したデザインと「琉球郵便」が表示されている切手が発行されるようになりました。

一方、狭義の琉球切手は、1953年7月1日~1972年5月14日まで、琉球政府の郵政局によって発行されていたものです。

初期の金額表示はB円(アメリカ占領下の沖縄や鹿児島の奄美群島などで流通した疑似紙幣)建て、後期の金額表示はドル・セント建てとなっています。

本土復帰後の1972年6月3日限りで使用が停止されました。

琉球郵便切手は、使用停止となるまでに259種類が発行されています。

内訳は、普通切手と記念切手を合わせて228種類、航空切手30種類、速達切手1種類です。

「沖縄西表政府立公園4セント」「平良市・下地町合併記念」「日米琉同記念植樹祭記念」の3種類の不発行切手も存在しますが、「沖縄西表政府立公園4セント」切手のみ、通貨確認証紙や廃棄処分時に横流しされたことで、現在も市場に出回っています。

琉球郵便切手には、1971年から1973年にかけ、「本土復帰により切手の発行がされなくなる」と本土の一部の業者が煽ったことで、新規発行される切手を投機目的で購入しようという人たちが行列を作ったというエピソードもあります。

この時期に発行された琉球郵便切手では、郵便として使用されたものは少なかったそうです。

なお、世界中の切手コレクターが使用しているスコットカタログには、琉球切手はアメリカの切手の一部として掲載されています。

アメリカの統治下時代の切手であることやドルとセントが表示されていることがその理由です。

琉球郵便切手の価値は?コレクターの注目度について

琉球郵便切手の実際の価値はどのくらいなのでしょうか。

現在、切手コレクターの減少に伴い、切手の相場も下がっています。

そのなかでも琉球郵便切手は、コレクターからの注目度も低いのが実情です。

特に、1958年以降に発行された切手(ドル建てに切り替わったあとの切手)に関しては、業者による買取が難しい場合があります。

とはいえ、すべての琉球郵便切手の価値がないわけではありません。発行年によっては、ドル表記の切手でも買取が可能になる場合があります。

1958年以降に発行された琉球郵便切手のなかでも買取されている切手には、以下の琉球郵便切手が挙げられます。

・「天女航空加刷5種完」(1959年)

・「第1次動植物5種完」(1959年)

・「米ドル改訂加刷5種完」(1960年)

・「組踊り小型シート5種完」(1970年)

また、琉球郵便切手は、新品ではない切手にも価値があるのも特徴です。

すなわち、使用済みの消印のついたものも買取ってもらえる可能性があります。

特に1973年には、投機目的で琉球郵便切手を買い求める人が多数いたため、そのときに郵便で使用した琉球郵便切手は、わずかであったと考えられます。

そのため、この時代のスタンプがはっきりとついた切手は、希少価値がつく可能性があります。

希少価値のある琉球郵便切手の場合、切手コレクターの減少に伴う価格相場に多少の影響は受けているものの、大きく値を下げているわけではありません。

プレミアのつく琉球郵便切手の買取について

プレミアのつく琉球郵便切手の買取について

実際にプレミアがつく琉球郵便切手は、とても少ないというのが実情です。

しかし、そのなかでも、高い評価を得られているものがあります。

以下でご紹介しましょう。

1958年以前に発行された切手

1958年以前に発行された切手については、プレミア切手として評価されています。

「沖縄改訂加刷100円」や「1952年琉球政府樹立」、などは、単品でも高額買取される可能性のある切手です。

不発行切手

「沖縄西表政府立公園4セント」は、市場に出回っているとされている唯一の不発行切手と言われ、高い価値が認められています。

ですが仮に「平良市・下地町合併記念」「日米琉同記念植樹祭記念」という不発行切手が、どこかで出てくるようなことがあった場合、さらに価値のある琉球郵便切手となる可能性があるでしょう。

エラー切手

琉球郵便切手には、印刷ミスなどによるエラー切手が数多く存在し、高値がつく場合もあります。

実際にインターネットオークションなどを見てみると、「琉球大学開校記念」「天女航空加刷」などの多くのエラー切手が、エラーのない切手よりも高値となっています。

シリーズがそろっている切手

1円、2円、5円など、数種類の切手がシリーズ版として発行されている切手は、シリーズをそろえることで買取価値が上がります。

たとえば、「第1次普通切手」について見てみましょう。

同切手には初版と再版があり、グレー色をした紙でできている初版の場合は、高額な買取価格になると言われています。

初版が1948年、再版は1949年の発行です。

初版の目打ちは抜けが悪くばらつきがあり、再版には目打ちがしっかり抜けています。

この「第1次普通切手」の初版で、状態がよく、7種類そろっているものは、数万円で取引されたこともあるようです。

また極めて希少性が高いため、状態が悪かったとしても、そこまで価格に開きが出ないという特徴もあります。

ただし、再版の場合は、状態がよく、7種類そろっていた場合でも、買取金額には大きな違いが出てしまいます。

なお、「第1次普通切手の」の1円は、価値がほかの切手よりも高く、単品でも高値がつくこともあります。

7種類そろわない場合でも、1円切手があった場合は、高価買取を期待してもいいでしょう。

琉球郵便切手のボストークアルバム

切手保存専用のボストークアルバムに全種類新品保存されていた場合には、価値が上がると言われています。

ただし、なかには「沖縄改訂加刷100円」(発行枚数1万枚、未使用が2,000枚前後)など、流通していることすら珍しい切手があり、すべてをそろえた新品ボストークアルバムは難しいかもしれません。

とはいえ、完全にそろっていた場合には、破格のプレミアが期待できるのではないでしょうか。

手元に琉球郵便切手がある場合、どうするべき?

上述したようなプレミアのつく琉球郵便切手は、高く買取ってもらえる可能性もあるため、買取査定に出してみてもよいでしょう。

ただし、そうではない切手に関しては、デザインのよいものはコレクションとするほうがよいかもしれません。

もし、価値がわからない切手がある場合には、無料の鑑定に出し、買取価値を確認するというのも手です。

琉球郵便切手は、アメリカ統治下の切手として額面がセントであるものが多く、通常の日本の切手のように額面どおりに買取してもらうことが難しいというデメリットがあります。

琉球郵便切手を買取しない業者もありますので、どうしても売りたい場合には、インターネットオークションに出すか、切手の価値がわかる切手専門の買取業者に売る方法がおすすめです。

できる限り切手の価値を調べ、業者とのやり取りに役立てましょう。

まとめ

琉球郵便切手は、種類が豊富で価値もさまざまです。新品がよいとも限らず、使用後のスタンプが押されていることで価値が上がる場合もあります。

沖縄から来た手紙の封筒に、もしかしたら、プレミア切手が貼ってあったかもしれません。

一度確認してみるのもよいでしょう。

また、初版や再版、年代、シリーズ、不発行切手など、細かく価値に差が出ています。

手元に沖縄の切手を持っているならば、きちんと調べ、買取がよいのか、コレクションにするほうがよいのか、オークションに出すのがよいのか、見極めることが大切です。

買取を依頼する場合は、業者によって価値どおりに買取しないところもありますので、しっかり交渉をし、複数の買取業者に査定してもらうとよいでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!