切手買取について

オリンピック記念切手の現在の買取価格は?プレミアは期待できる?

オリンピック記念切手

オリンピック記念切手は、日本でオリンピックが開催されるたびに発行されてきました。

発行されるたびに当時の雰囲気が感じられる様々な図柄は見ていて飽きませんね。

2020年には日本での開催が決定し、日本をはじめ世界中で注目が集まっています。

ここでは過去に発行されたオリンピック切手の現在の買取価格やプレミア品があるのかなど、オリンピック切手の魅力に迫ってみましょう。





オリンピック記念切手とは?

オリンピック記念切手は、日本国内でのオリンピック開催に合わせて発行される切手です。

過去にオリンピックは過去に3回開催され、その度に記念切手が発行されてきました。

1964年に開催された東京オリンピック、1972年開催の札幌オリンピック、1998年開催の長野オリンピック、2020年開催予定を入れると合計で4回となります。

2020年の開催はオリンピック事業の節目となる大会ですから、かなりの人気が見込まれ、あっという間に完売されることが予想されています。

オリンピック切手の買取相場は?

オリンピック切手の買取相場について、人気の記念切手ですから高値が付くのでは?とお考えの方もいるでしょう。

しかし残念ながらオリンピック記念切手は発行枚数がかなり多く、過去のオリンピック切手でさえも美品で保管している方がとても多いため、買取相場は高いとは言い難い現状があります。

それでは、過去に発行され多くの切手コレクターを魅了した東京オリンピック・札幌オリンピック・長野オリンピックについて見ていきましょう。

東京オリンピック記念切手の現在の買取価格

東京オリンピックは1964年の開催に合わせて発行されました。

日本で初めてのオリンピックが開催されるということで日本は空前のオリンピックブームが沸き起こり、東京オリンピック記念切手を手に入れようと切手コレクターが郵便局に長蛇の列を作りました。

当時発売された東京オリンピック切手の種類は「日本武道館」「駒沢体育館」「国立代々木競技場」「聖火台と競技人物」「国立競技場」が発行されました。

また、寄付金付き切手も発売され、第一次から第六次まで発行されました。

当時とても人気があった東京オリンピック記念切手ですから、今も保有している方もいるでしょうし、中には高値やプレミアを期待される方もおられるのではないでしょうか。

しかし発行枚数が多かったことやいまだに買取市場で見かけることもあり、基本的には他の切手と同様に額面よりも下回ると思って良いでしょう。

札幌オリンピック記念切手の現在の買取価格

1972年の開催を記念して発行された切手です。日本で初めて開催される冬季オリンピックということで夏季オリンピックとは種目も異なり、スキ―・ボブスレー・スケートいった冬季ならではの、躍動感溢れる図案が特徴です。

また、ハンガリーで発行された札幌オリンピック記念切手には日本国旗が右側に配置され、中央にはスキージャンプを行う選手の図柄が描かれているという切手も発行されました。

札幌オリンピック記念切手の買取価格は他の切手同様にプレミア評価とはなりにくい傾向が強いのですが、切手は枚数が多ければ多い程、それだけ値段もアップします。

そういった意味では当時集めていたコレクターの中には未使用で美品をお持ちの方は買取価格を調べてみても良いかもしれませんね。

長野オリンピック記念切手の現在の買取価格

長野オリンピックは1988年に開催された冬季オリンピックで、20世紀最後のオリンピックという点が特徴です。

発行された図案は「アルペンスキー」「スノーボード」「カーリング」「スピードスケート」「クロスカントリー」という札幌オリンピックとはまた異なる図案が特徴です。

アルペンスキーの図案を例にすると躍動感溢れるアルペンスキーの選手にカタクリという花が描かれています。

発行枚数は1シート10枚で5000万枚発行されました。

長野オリンピック記念切手の買取価格を見ると、状態の良いものであっても単体での高値は難しいです。

そのため長野オリンピック記念切手を買取に出すコレクターの中には単体ではなく多数でまとめて査定する方もいるようです。

オリンピック記念切手買取の注意点

切手全般に言えることですが、切手は紙でできていますので保存状態に注意しましょう。

古い切手の中には保管状態があまり良くないことで傷や汚れがついてしまうということもあります。この場合買取に出した際に値段の低下を招く原因になります。

オリンピック記念切手の注意点がもう一つ、それは切手そのものの価値です。

これまで挙げたようにオリンピック記念切手は発売当時は人気が高く買い求めるコレクターも多かったのですが、発行枚数は膨大だったことや今も美品を持っている方もたくさんいるので単体での高値は難しいといえます。

だからといって値段は付かないわけではありませんし、昔に比べてそこまで需要があるとはいえない切手の状況を見ると、この先今以上に買取価格が下がってしまう可能性もあります。

そのため、もし売却を検討しているならば、思い切って査定に出して見るのも良い方法といえるでしょう。

オリンピック記念切手の現在の買取価格は?まとめ

いかがでしたでしょうか。オリンピック記念切手は今も切手買取市場に出回っている種類です。

発行数と所持しているコレクターが多いがために、人気にも関わらず買取価格は高くないというのが現状です。

人々の生活の変化に伴いハガキや郵便を使う機会が大幅に減りました。

その結果オリンピック記念切手をはじめ、多くの切手が使われなくなり買取市場に出回るようになりました。

この流れが今後さらに加速した場合、今以上に切手買取価格が安くなってしまう可能性もあるのです。

使わない切手や切手収集をやめて眠っているオリンピック記念切手をお持ちなら、今のうちに売却を検討してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!