切手買取について

記念切手の買取価格を左右する「適切な方法」とは?

記念切手の買取価格を左右する「適切な方法」

近年、切手の買取に注目が集まっているようです。中でも昭和の切手ブームの頃に人気を博した記念切手を中心とした切手類が多く切手の中古市場に出回るようになってきました。

記念切手は種類により買取価格にも幅がありますが、実はちょっとしたコツで高値にする可能性が高まります。

ここでは切手買取の価格を左右する「適切な方法」について追ってみましょう。





記念切手の買取について

記念切手とは、日本国内での行事において国内外へ周知すべき事項に関する大々的な催しの際に発行されている切手です。

日本では1894年3月9日の明治天皇銀婚を祝した切手が日本で最初の記念切手とされています。

それ以降様々な機会で度々記念切手が発行され、皆さんの記憶に新しい記念切手といえばオリンピック記念切手ではないでしょうか。

過去には東京・長野・札幌でのオリンピックを祝して発行されています。

記念切手の発行が始まった明治時代には現在と同様に国内行事はそれまでも数多くありましたが、明治天皇銀婚から昭和初期までは数年に一度だけの発行でした。

しかし第二次世界大戦後、毎年多くの記念切手が発行されるようになっています。

記念切手の種類や買取価値について

ここから紹介するのは日本で最初に発行された明治天皇銀婚の記念切手から昭和の切手ブームが起こる以前の昭和35年以前の切手にスポットを当てて紹介します。

この年代の記念切手は高値が期待できる種類ではあるものの、現存枚数がかなり少ないため、もし見つけたら切手買取に出して現在の価値を知るのも良い方法と言えるでしょう。

また、下記リストに記載されていない昭和35年以降の切手は発行枚数が極端に多くなったこともあり、極端な買取価値を見込むのは難しいです。

明治時代に発行された記念切手

発行年 記念切手名
明治27年 明治天皇銀婚、日清戦争勝利、大正婚儀、日韓通信業務合同、日露戦争凱旋観兵式

大正時代に発行された記念切手

発行年 記念切手名
大正4年 大正大礼
大正5年 裕仁立太子
大正8年 世界平和記念、飛行郵便試験
大正9年 郵便創始50年、第一回国勢調査、明治神宮鎮座
大正10年 皇太子帰朝、皇太子台湾訪問、大正天皇銀婚

昭和時代に発行された記念切手

発行年 記念切手名
昭和2年 万国郵便連合加盟50年
昭和3年 昭和大礼
昭和5年 伊勢神宮式年遷宮、第二回国勢調査、明治神宮鎮座10年
昭和9年 逓信記念日制定、第15回赤十字国際会議
昭和10年 満州国皇帝訪日
昭和11年 関東局始政30年、帝国議会議事堂完成
昭和12年 愛国切手
昭和14年 赤十字条約成立75年
昭和15年 紀元2600年(一次)、紀元2600年(二次)、教育勅語50年
昭和17年 シンガポール陥落、満州国成立10年(一次)、満州国成立10年(二次)、

鉄道70年、大東亜戦争1年
昭和19年 靖国神社75年、関東神宮鎮座
昭和21年 郵便創始75年
昭和22年 日本国憲法施行、東京切手展記念、貿易再開、京都切手展、司法保護記念日
昭和25年 放送25年周年記念、郵便創業80年記念、郵政記念日制定記念、

第5回国民体育大会記念
昭和26年 児童憲章制定記念、平和条約調印記念、第6回国民体育大会記念
昭和27年 万国郵便連合加入75年記念、日本赤十字社創立75年記念、

東京大学創立75年記念、第7回国民体育大会記念、立太子礼記念
昭和28年 電燈75年記念、皇太子帰朝記念、第8回国民体育大会記念、

東京天文台創立75年記念
昭和29年 男子スピードスケート世界選手権記念、日本国際見本市記念、

フリースタイルレスリング世界選手権記念、第9回国民体育大会記念、

国際電気通信連合加盟75年記念、切手趣味週間

記念切手の売り方のポイント

不要な記念切手が出てきたら買取に出す形になるのですが、売り方のポイント見ていきましょう。

切手は売り先によって提示される買取価格に違いが出る

切手を買取してくれる先は切手を専門的に買取している業者や、商品券の販売も行っている金券ショップです。

どちらの場合も切手の買取金額の算出方法は「額面の何%」という形で算出され、基本的には額面よりも下回る値段が提示されるものの、昭和30年代前半に発行された切手や中国切手はプレミア切手に該当し、額面以上の値段が期待できるケースもあります。

持っている切手の総額面を知っておこう

前項に付随するポイントですが、記念切手をコレクションされていた方の多くは大量の切手をお持ちだと思います。

何年にも渡り集めていた切手ですと数百枚から数千枚もの大量の切手を集めていた方も多いでしょう。

その場合、自分が持っている切手の額面の総合計を計算しておきましょう。

加えて額面の総合計からどの程度の買取価格が提示されたのかを見ておきましょう。

記念切手の高額買取のために

せっかく集めた記念切手は少しでも高く買取って欲しいですね。ここでは少しでも高い買取価格を実現するための方法をまとめました。

記念切手の発行年数をチェック

他の項でも紹介していますが、記念切手は昭和の切手ブームを境に発行枚数が大幅に増えてしまいました。

そのため、誰でも簡単に欲しい切手を手に入れることができるようになりました。

その結果、プレミア切手の条件である希少価値がなくなってしまい、買取に出しても額面を超える値段が付きづらくなってしまったのです。

集めていた記念切手はいつ頃に発行されたものかを調べておくとプレミアがあるかどうかを調べる目安になるでしょう。

切手そのものの状態や保管状況に注意

長年集めていた記念切手は発行年数が古いものや、傷や汚れの付いてしまったものもあるかもしれません。

また、切手の保管方法も大切なポイントで、切手専用のスタンプブックに納めるなりしていた場合ならば傷や汚れも防止できますが、特にケース等に納めず裸のまま保管していた切手ですと湿気で切手同士がくっついてしまったり、折れたり何かに引っかけたことでの破れの恐れもあるので注意しましょう。

消印付きの切手も場合よっては買取対象に

消印付きの切手というのは、切手収集ブームが盛んだった頃にコレクターの間で希少価値の対象とされていた切手類です。

今では残念ながら消印付きの切手に値段がつくケースというのはほぼ見られなくなってきていますが、明治から昭和前半の頃に発行された希少な記念切手の場合は希少性があると判断されて買取対象になる場合もあります。

記念切手の買取価格を左右する「適切な方法」まとめ

過去発行された多くの記念切手にはプレミア価値のある切手が数多く発行されてきましたが、発行枚数の少なさから依然として高値が続いています。

ご自身で集めていた記念切手や、家に昔の記念切手が出てきたらまずは切手買取へ相談してみましょう。

価値の不明な記念切手が思わぬ高値になるかもしれませんよ。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!