切手買取について

切手の買取価格はどれくらい?高く売るための注意点とは?

切手の買取価格はどれくらい?高く売るための注意点と

切手は普段の生活で使う機会も多く、家で保管している方や昔集めていたという方も多いのではないでしょうか。

今はもうほとんど使わずに眠らせている切手は買取ってもらうことができるのをご存知ですか?

昨今のリサイクルブームで使わなくなった切手を買取に出す方が増えています。

せっかく売るなら少しでも高く売りたいですよね。

ここでは切手の買取価格や高く売るための注意点を紹介します。





まずは切手の価値を知る

切手を買取に出す前に、まずは家にある切手がどのくらいの価値があるのかを知っておいた方が売る時の目安になりますね。

切手の価値を知るには日本郵趣協会が発行している「さくら日本切手カタログ」を見るのが良いでしょう。

このカタログは日本で切手が発行されてからの全種類を網羅しており、この1冊があれば十分と言えるくらい参考になる書籍です。

ここには切手ごとに発行された年や切手の名前、額面金額が全て掲載されています。

ただし、ここには当時の販売価格が掲載されているのみになるので、切手買取におけるプレミア価格はかかれていませんので注意下さい。

手元にある切手に価値がある場合がある

ご自宅に眠っている切手の中には、昔集めていた切手もあるでしょう。

古い切手の中にはコレクターが探し求める切手がたくさんあります。

ちなみに切手の価値を決めるポイントの概要として、コレクターから人気を集める切手は価値が高くなる傾向が強まると思って良いでしょう。

価値のある切手は日本だけでなく世界中に存在しており、中には海外のオークションでたった1枚の切手に億を超える価値がついた事例もあります。

ここまでとはいかないまでも、家に眠っていた切手がもしも価値のある切手だったとしたら、夢がありますね。

切手の価値はどれくらいなのか調べる方法とは?

切手の価値はコレクターの人気や需要が影響しているとお伝えしましたが、切手の価値を調べる方法はたくさんあります。

インターネットの普及に伴い、切手の価値を調べるとすぐに出てきます。

加えてたまにテレビで古い切手などの価値を鑑定している番組もあったりしますね。

インターネットやテレビ番組でよく見かける切手の多くは価値の高いもの、いわゆるプレミア切手がメインとなるので、自宅にある切手の価値を知るにはやや適さないかもしてません。

そんな時に使いたいのが切手専門店で査定してもらうという方法です。

切手買取専門店は切手の価値や需要を網羅し尽くしていますから、持ち込んだ切手を瞬時に価値を見定めてくれることでしょう。

切手は売り方によって買取価格が変わることもある

切手を買取に出す用意はできているのに価値を見極めてくれる場所を知らない、もしくはわからないなんて悲しいですね。

切手はどのように売るかによって買取価格が変わります。

特に古い切手では価値を知ってるかどうかで大きく変わることもあります。

ここでは売る場所を見ていきましょう。

買取業者を使う場合の切手買取について

買取業者の多くはインターネットで検索するとすぐに出てきます。

買取業者は切手を専門で買取しているので、切手の価値に詳しくすぐに値段を出してくれます。

一見便利に見えるのですが、切手の買取価格は各業者によっても買取レートというものがあり、多少なりとも変わってきますので、少しでも高く買い取ってもらうお店であるとともに、切手の価値に詳しい買取業者を選びましょう。

また、このような買取業者は利用者に対しての利便性も高く、出張買取といって電話1本ですぐに買取に来てくれるところもあります。

それ以外にも宅配買取といって切手をダンボールに詰めて買取業者に査定してもらうなど、買取業者それぞれに特色がみられます。

金券ショップでの切手買取について

金券ショップとは、商品券やギフト券など、いわゆる金券を全般的に取り扱う形態の業者です。

ここでは買取だけでなく販売も行っているので手軽に金券を入手したい方にはおすすめですね。

金券ショップでの切手買取においては、取り扱い可能なお店と不可能なお店もあり、事前に調べておくのも良いでしょう。

金券ショップでの切手買取においては、どちらかといえば新古品を多く扱う傾向があるため、どちらかといえば切手専門業者に比べて古い切手の価値を見抜けるか、適性価値を出してくれるかという点においてはやや弱いかもしれません。

ネットオークションでの切手買取について

切手はネットオークションでも盛んに売買がされるようになりました。

切手を手放したい人と欲しがっている人のニーズがマッチしているので、中には古い切手が高く売れたという方もおられるようです。

しかしネットオークションはあくまで個人間でのやりとりになるので、もしも利用者同士でトラブルが起こった場合、利用者同士で解決しなければならないほか、出品に伴う準備も何もかも全て自分で行う必要があるので注意しましょう。

切手買取価格の一例

切手の買取価格はいくらになるのか見ていきましょう。

切手の表面には数字が記されていますが、この数字は額面といい、切手を使用する時にかかる代金と同じ金額がかかってきます。

例えば1円切手であれば額面は1、52円切手なら額面は52というような感じです。

ここでは切手の発行種類やジャンルも豊富な代表的な切手の種類の紹介と、プレミア切手について解説します。

普通切手の買取価格

普通切手の買取価格について先に結論を伝えると、過去に発行されたプレミア品でなければ基本的には額面よりも下回ります。

普通切手は郵便物の郵送やはがきを送る時に使う意味での切手ですので、コレクション目的というよりは実用的な価値に比重があると思って良いでしょう。

一見買取価格が低いように見えますが、普通切手は実用的なニーズがとても高いので需要はあります。

1点補足すると、普通切手のプレミア品の中には初期に発行された普通切手で手彫り切手という稀少価値の高い切手があります。

現存数も少なくコレクターにとても人気が集まっている普通切手です。

特殊切手・記念切手の買取価格

特殊切手と記念切手は近しいジャンルでどちらも集めているコレクターが多いことや買取専門店でも高い需要があります。

しかしこちらも普通切手をはじめ他の切手と同じように買取価格は額面よりも下回ります。

この二つのジャンルは混在される方も多いので、インターネット上の情報の中には、実は特殊切手なのに記念切手に該当する切手が紹介されるなど散見されますが間違いではありませんのでご安心ください。

切手コレクターが多く所有している種類をいくつか挙げると「世界遺産シリーズ(第一次から三次)」「20世紀デザイン切手」「切手趣味週間」「国立・国定公園シリーズ」などが挙げられ、こういった切手は比較的多く買取市場でもよく見られます。

コレクターが多く所有しているということはそれだけ人気を集める切手であるということですね。

プレミア切手の一例

プレミア切手というのは額面以上の価値を持つ切手を指し、過去に発行された切手の中で極端に人気が高まった切手がプレミア切手に該当します。

日本の切手でプレミアに該当するのは見返り美人、月に雁などの切手ブームの頃に人気を集めた切手から、手彫切手という切手ブーム以前に発行されていたものがあります。

プレミアという観点において、もう一つ今人気が高いプレミア切手があります。

それが中国切手で、切手買取において最も高値が付きやすいであろう種類のひとつです。

中国切手は額面よりも何倍もの高値が付く可能性が最も高い可能性があります。

中国切手がなぜ今プレミアが付くのかというと、元々人気があった切手ではありますが中国経済の発展と共に中国の富裕層が投機目的に莫大なお金を投じて中国切手を買いあさり、その結果値段が極端に高騰したといえます。

主要な中国切手には「赤猿」「毛沢東」「牡丹」「梅蘭芳」などがあり、その多くが現存数も少なくプレミアが付きます。

切手を売りに出す前の注意点

切手を売りに出す前に注意すべきことがいくつかあります。

ここのポイントをしっかり押さえることで切手を買取に出した後の結果は大きく変わると思っても過言ではありません。

切手の買取価格を上げるために事前に知っておくこと

まず切手買取で取り扱いされる切手の多くはコレクター所有だったものから自宅保管していたものが該当します。

買取価格を決めるポイントとして切手の状態が大きく関係しています。

もしもあなたが切手を欲しがっているとして、全く同じ切手を見つけましたが片方はボロボロ、片方は未使用だったとします。

どちらが欲しいと思うかは一目瞭然ですね。

手持ちの切手の総額面はいくらになるのか調べておく

冒頭で申し上げたように、切手の買取価格は業者によって見極めるポイントや買取レートも変わるため、場合によっては総額面合計よりも大幅に下回ってしまうこともあります。

査定に出す前に手持ちの切手の額面合計額はいくらなのかを知っておきましょう。

納得できなければキャンセルできますので、不用意に売却してしまうことを防げますね。

あらかじめ切手は仕分けしておこう

持っている切手は少数だったり、そこまで多い枚数でなければ考慮しなくても良いですが、中には長年かけて集めたコレクションだったり、使いかけのバラやたくさんのシート切手が混在してしまうケースもあるでしょう。

切手を査定される時はすべて専門スタッフが手作業で仕分けるので枚数が多ければ多い程時間と手間がかかります。

例えば事前に額面ごとなどで仕分けされていれば査定時間の短縮になり、査定が終わるまでの間の待ち時間を減らすことができます。

消印のある切手でも価値のつくものがある

消印のある切手とはいわゆる使用済み切手のことを指します。

使用済み切手は過去に起こった蒐集ブームの頃に切手コレクターを中心に人気がありました。

今も使用済み切手のコレクターはいるものの、当時の勢いに比べるとやや低下した感はあります。

今でも探しているコレクターの中にはプレミア価値を感じるコレクターもいることでしょう。

切手の保存状態など

切手買取では切手の保存状態が重要です。

とくに切手は材質が紙ですから専用ケースに入れるなどしないと傷がついたり最悪破れたりしてしまいます。

切手は表面部分に致命的なダメージが付かなければ価値があるとみなされますが、

破れや剥がれといった「使用不可」の判断がされると価値がなくなってしまいますのでここは特に注意しましょう。

買取が困難なもの、できないもの

取できない切手について、他の項目でも挙げましたが「致命的なダメージ品」「偽造品」「使用済み」などが挙げられます。

偽造品はどの買取業者でも買取不可ではあるものの、「致命的なダメージ品」「偽造品」は買取業者ごとでの基準もありますので場合によっては大丈夫の場合もあります。

切手の買取価格を高くするためには?

切手の買取価格を少しでも高くするために、これまでにお伝えしたポイントをまとめます。

まずは切手の価値を知る

切手を買取に出す前に、まずは家にある切手がどのくらいの価値があるのかを知っておいた方が売る時の目安になりますね。

売り先によって値段は異なる

主要な売り先は買取専門店、金券ショップ、オークションがあります。

それぞれ特色や注意すべき点もあるのであなたに合った方法を選びましょう。

切手の買取価格は種類によって変わる

切手はたくさんの種類が発行され、その種類ごとで需要やニーズも変わります。

切手を売る時にもっとも考慮すべき点は買取需要の高い切手だと高値の可能性も高まりますね。

古い切手の中にはプレミア品がある

過去に発行された切手の中には額面価格を超えるプレミア価値のつく切手も存在します。

こういった切手は自宅に眠っていることもありますので気になる方は一度探してみましょう。

切手は少しでも高く売るために状態に注意

どんなに価値の高い切手であっても、ボロボロの状態ですと価値の低下は否めません。

切手は紙でできていますから必ず保管は専用ケースに入れて大切に取り扱いましょう。

切手の買取価格はどれくらい?高く売るための注意点とは?まとめ

いかがでしたでしょうか。

切手はとても多くの種類や価値を見極めるポイントがあるのでとても奥が深いのです。

自宅から切手が出てきたら、不用意に扱わず、まずは価値を知っている業者へ相談してみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!