切手買取について

一覧にして紹介!買取対象の切手はどんなもの?

切手買取一覧

切手買取で皆さんが感じること、それは「いくらで切手が売れるのか?」ですよね。

切手はとても種類が多く、もちろん買取価格が高くなるものから安いもの、残念ながら買取不可の判定をされるものまで多種多様です。

切手を買取に出す前に「買取対象になる切手」がどんな切手なのかを知っておけば、いざ買取に出す時に手間を減らすことができます。

そんな買取対象の切手を紹介します。





切手買取とは?

切手買取は郵便局で購入したけれど使われず家で保管しているもの、コレクション目的で集めていたけど手放されたものなど、使う予定のない切手を現金で買取を行ってくれます。

実は切手は郵便局などで購入後、いかなる理由があっても原則返金には応じてくれません。

ですから切手買取専門店のように現金に換えてくれる場所があるのはとても心強いですね。

また、切手は近年の消費者の生活スタイルの変化に伴い大幅に需要が減ってしまいました。

切手の需要が減ったことで切手のコレクターも減り、それまでコレクターが多く所有していた切手が買取市場に出回るようになりました。

買取対象の切手一覧

切手買取で対象となる種類、それは「どれだけコレクター需要があるのか」という判断が重要視されます。

それでは買取対象となる切手をみていきましょう。

普通切手

普通切手はいわゆる葉書や郵便物の送付をメインに使われる切手です。

他の切手のように発売期間が定められてるわけではなく、郵便局でいつでも購入できます。

ただし、過去に発売されていた普通切手で、特に郵政事業が始まった初期の切手はプレミア価値があります。

参考記事:普通切手について

記念切手

記念切手は日本国内の国家的記念行事(天皇陛下御成婚など)の際に発行されます。

次項で紹介する「特殊切手」と混合される方も多い切手で、記念切手を専門で集めているコレクターもたくさんいます。

参考記事:記念切手について

特殊切手

特殊切手は特定のテーマに沿って発行され、有名なシリーズですと「世界遺産シリーズ」「20世紀デザイン切手」「切手趣味週間」「国立・国定公園シリーズ」「戦後50周年メモリアル」「オリンピック記念切手」など豊富なシリーズが発行されています。

特殊切手で注意したいこと、それは記念切手のカテゴリで語られることがあります。

これは間違いではないのですが、厳密にいえば分かれているのでその点だけ注意しましょう。

コレクターが集めている切手や買取需要という点では特殊切手で発行されるシリーズものの需要が高い傾向があります。

参考記事:特殊切手について

戦前切手

戦前切手とは、明治時代に郵政事業を始めた前島密が日本よりも先に郵政事業を始めていた諸外国の郵便制度を始めるにあたり発行した切手です。

後の普通切手の基礎にもなる切手で、この時代に発行された切手の多くはプレミア価値があります。

参考記事:戦前切手について

年賀切手

年賀切手は別名お年玉切手とも呼ばれ、新しい年が始まった一時期のみ発行される切手です。

年賀切手は日本だけでなく諸外国でも同様に新年に発行されます。

この年賀切手を集めているコレクターも多く存在しています。

参考記事:年賀切手について

ふるさと切手

ふるさと切手は、日本全国の各地域をテーマとし、当初は地方切手という名前でしたが後に名称がふるさと切手に変わりました。

これは当時地方切手を集めていたコレクターの間でふるさと切手と呼ばれており、それが定着しました。

参考記事:ふるさと切手について

ゆうペーン

ゆうペーンは数枚の切手シートにカバーがついたものを指し、皆さんが知っている切手とは形状が違います。

「ペーン」という名称は切手コレクターの間で呼ばれていたものが定着し、この名称で呼ばれるようになりました。

形状が特殊ですので専門で集めているコレクターも多いです。

参考記事:ゆうペーンについて

中国切手

中国切手は名前の通り中国で発行・流通している切手です。

特に価値の高い中国切手は1960年代~1980年代前半に発行された切手を指し、高値での買取が期待できます。

高値になる理由はこの時期に流通していた多くの中国切手の発行数が少ないことや、中国富裕層が投機目的で集めており、高値が期待できる種類といえるでしょう。

代表的な種類としては「赤猿」「毛沢東」「牡丹」「梅蘭芳舞台芸術シート」「オオパンダ」

参考記事:赤猿切手について

参考記事:毛沢東切手について

参考記事:牡丹切手について

参考記事:梅蘭芳舞台芸術シート切手について

参考記事:オオパンダ切手について

コレクションを始めるなら揃えておきたいアイテム

切手には様々な種類があり、種類ごとに全く異なる図柄なので見ていて飽きませんね。

ここではそんな切手を集めてみたいとお考えの方へ、コレクションする際に揃えておいた方が良い道具を紹介しましょう。

スタンプブック

スタンプブックはいわゆる切手専用に作られたアルバムです。

切手収集は人それぞれ収集方法も違いますし、例えば市販のクリアファイルに納める方や、箱にそのまま保管する方などいらっしゃいます。

しかし切手は紙でできておりサイズも小さいため、保管が煩雑になるだけでなく切手同士を重ねることで裏糊がくっついてしまうなど問題が発生します。

それを防止し、綺麗に保管することができるのがスタンプブックです。

スタンプブックを開くと、切手をそれぞれ綺麗に収納することができるシートが小分けになっているものや、切手同士がくっつかないようブックの内側に薄い紙で仕切られていたりなど、切手収集に特化したアルバムとなっています。

ピンセット

切手を使う時は皆さん手でつかみ使用していますよね。

切手収集においては手でつかむと手に付着した水分が切手の裏糊とくっついてしまうことがあります。

それを避けるために切手コレクターの多くはピンセットで丁寧に取り扱いしています。

また、切手は丁寧に扱わないと表面にも傷がついてしまう可能性があり、価値を落とす原因にもなりますから、いつまでも綺麗な状態を保つなら極力手で触れずにピンセットを使い丁寧にな取り扱いを心がけましょう。

ピンセットは切手専門のもの、というのはありませんので市販のもので大丈夫です。

あなたに合った使いやすいピンセットを選びましょう。

ルーペ

切手は小さいサイズながらもデザインが豊富で、細かく描かれています。

特に小さく記号が記されたものはなかなか肉眼で見るのが難しく、そこでお使いいただきたいのがルーペです。

古い切手を集めているコレクターにとっては傷一つあるだけで価値が変わるものもあります。

そこでルーペを使い細かくチェックできるのでおすすめの道具といえるでしょう。

金券ショップは切手の額面重視の査定価格

切手を手放したいとお考えの方の中には、切手はどこに売ればいいのか?とお悩みの方もいることでしょう。

切手は金券としての価値も有しており、商品券などをメインに取り扱いしている金券ショップでも買取してくれます。

ここでは金券ショップに出すと良い切手と悪い切手について紹介します。

金券ショップで買取した方が良い切手とは

金券ショップは商品券やギフト券など、金券をメインに取り扱いしています。

切手も金券のカテゴリに入るので買取をしてくれるのですが、金券ショップはあくまで額面重視です、よって額面の高い切手で、かつシート状になっているものなどは良いでしょう。

金券ショップではプレミア切手の鑑定が難しい

金券ショップでは古い切手などに含まれるプレミア価値までは見抜くことが難しいケースもあります。

ですから古い切手で価値を見極めるのが難しいものは切手買取の専門店が良いでしょう。

切手の知識に詳しく価値を知っているスタッフが多く在籍しています。

古い切手は査定のプロがいる買取専門店へ

大切に保管していた切手ですから、実際にどのように切手の買取価格が決まるのかは是非知っておきたいポイントですよね。

切手の買取業者はどのようなポイントを見ているのか追っていきましょう。

切手買取専門店は切手の価値と状態を見ている

プレミア価値の有する多くの切手は古く、今はもう販売されておらず入手することが困難なものが多いです。

こういった切手の多くが切手買取を行っている専門店へ持ち込まれますが、切手査定ではまず最初に切手の状態が見られます。

切手は紙でできおり、どんなに価値のある切手であってもボロボロだったり汚れているとマイナス査定になってしまいます。

切手の状態(汚れ・折れ・破れなどの細かいチェック)詳しく見たあと、その切手が価値があるかどうかを見られます。

価値というのは希少性と買取需要がどれだけあるのか、という点です。

切手の買取需要が高いということは、それだけその切手を欲しがっているコレクターが多くいる証拠です。

プレミア価値を有する切手の種類

プレミア価値を有する切手の種類を挙げると大きく分けて2種類で、「中国切手」「昭和40年以前の切手」が該当します。

もちろんここに属さない切手もプレミア価値を有しているものの、この2つは特に高値が期待できる切手が数多く存在しています。

消印付きの切手は買取できる?

過去に切手収集ブームという誰しも切手を集めていた時代がありました。

この頃には消印付きの切手(使用済み切手)にも高値が付いた事例がありましたが、ブームの終焉とともにその傾向は弱まり、残念ながら使用済切手は今は価値が大幅に下落し、買取対象にもならない業者が増えています。

手持ちの切手の価値を知るなら買取査定がおすすめ

切手を使う人が減り、切手コレクター人口も減りました。

その結果、コレクターが所有していた多くの切手が出回るようになりました。

切手買取を利用する方が増えたことで、これまで家に眠っていた多くのプレミア切手が市場に出回ることが多くなってきました。

プレミア=希少価値ということですから、今後家に眠っている切手がたくさん市場に出回ったら今は高値の切手でも価格の下落を招く可能性があります。

そして切手にはたくさん種類があり、保管状況によってもその価値というのは大幅に代わってきます。

手持ちで切手があり、使う予定がなければ今は買取に出す気はなくても査定だけでもしてみるのも良いでしょう。

提示された金額に納得できれば手放せばよいですし、納得できなければキャンセルもできますので、気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!