切手買取について

「台紙貼り切手」とは?切手を高額買取してもらうテクニック

切手買取台紙貼り切手

「台紙貼り切手」という言葉を聞いたことがありますか?

台紙貼り切手は、買取専門業者や金券ショップに切手を売る際に、ぜひ知っておきたいテクニックのひとつです。

今回は台紙貼り切手について、作り方や注意点などをまとめてご紹介しましょう。





「台紙貼り切手」とは?

台紙貼り切手とは、切手を一定のサイズの紙に、額面をそろえて複数貼ったもののことを指します。

たとえば52円の切手を50枚並べて貼り、切手2,600円分として扱うといった具合です。

台紙貼り切手は、金券ショップやインターネットオークション、フリマアプリなどで、額面の合計金額よりも安く売られています。

たとえば52円の切手50枚の台紙貼り切手であれば、額面合計の2,600円の90%程度、つまり2,340円前後で売られていることが多いです。

なお、台紙に貼らずに、ビニール袋などに仕分けしただけの切手は「バラ切手」といいます。

金券ショップや買取専門業者でもバラ切手の査定や買取を行っておりますのでご安心ください。

台紙貼り切手やバラ切手も買取対象ですが、「シート切手」と呼ばれる複数枚がセットになった切手、こちらと比べた時に台紙貼り切手やバラ切手は枚数が欠けていることなどが理由で買取価格を下げてしまう要因になります。

シート切手、台紙貼り切手、バラ切手という順でより買取額は高くなる傾向があるようです。

バラの切手と台紙貼り切手の買取査定額はどのくらい違う?

たとえば金券ショップであれば、ショップによってもレートが違うので一概には言えませんが、切手買取の専門店と比べて低い傾向が見られます。

これは金券ショップの性質上、商品券やチケットなどをメインに扱っており、切手買取専門店と比べてそもそもレートが異なるという事情もあるようです。

バラ切手と台紙貼り切手のレートを比べたとき、どちらかといえば台紙貼り切手の方がレートが高い傾向のある買取業者も存在します。

業者によって買取レートの違いや基準が見られるとはいえ、一定数のバラ切手が集められているからという理由もあるかもしれません。

郵便局では切手を買取してくれるの?

台紙貼り切手、バラ切手、シート切手のいずれの場合も、残念ながら郵便局では買い取ってもらえません。

郵便局に切手を持ち込む際は、他の切手やはがきなどと交換する形になります。

交換の際には手数料が必要になりますが、手数料も切手で支払うことが可能です。

交換してもらう切手は、汚れや破れのないものにしましょう。

なぜ台紙貼り切手は需要があるの?

台紙貼り切手は、特に料金別納郵便の支払いに便利です。そこで大量の郵便物を料金別納郵便で送る事業所などからの需要があり、バラ切手の場合よりも重宝されます。

料金別納とは、同一料金の郵便物や荷物を10個以上同時に出す際、まとめて料金を支払える郵便制度のことを指します。

特に郵便物については1つひとつ切手を貼らなくて済むのがメリットです。利用の際には「料金別納郵便」の表示が必要になります。

なお、新特急郵便物(午前中の差し出しで、午後5時頃までに郵便物を届けられる郵便サービス)、ゆうパック、空港ゆうパック、ゴルフゆうパック、スキーゆうパック、電子郵便物(レタックス)、国際小包、EMSは、1通(個)でも料金別納にすることが可能です。

料金別納郵便の料金は現金で支払えるほか、切手で支払うこともできます。

切手は金券ショップなどから額面合計より安く購入できるため、送料の節約になるとして需要が高いです。

料金別納郵便は荷物量が多い分料金が大きくなりがちですので、料金を切手で支払う場合、バラだとそれだけ扱いに手間がかかってしまいます。

たとえば大量のダイレクトメールを送ろうとする企業が、何万円分もの切手をバラで郵便局に持ち込み、数えて支払う場面を想像してみるとわかるでしょう。

これに対して台紙貼り切手は、額面ごとにある程度の金額がまとまっており、扱いやすいといえます。

また、各台紙には「台紙1枚2,600円」などとはっきり明記されていることが一般的であるため、枚数を数えたり、金額合計を計算したりする手間も省けます。

以上のことから、台紙貼り切手は、必要とされる側からのメリットがあるといえるでしょう。

台紙貼り切手は額面をそろえて!

台紙貼り切手は、同じ額面(切手の金額)の切手だけを集めて貼るのがルールです。

たとえば、52円の切手は52円の切手だけ、84円の切手は84円の切手だけを同じ台紙に貼ります。

そして余白などに「52円×50枚=2,600円」などとメモしておきましょう。

たとえばキリをよくしようとして、10円の切手64枚、52円の切手10枚、84円の切手10で2,000円の台紙を作るのはNGです。

これは、切手を使用する人が管理しやすいかどうかと関係しています。

切手を使う人は台紙貼り切手を1枚ずつ切って使うこともあるでしょう。

その際に、同じ額面の切手だけがそろっていれば、あと何円分残っているかが一目でわかります。

これに対して、額面が1枚1枚異なっていたら、その台紙の残高が何円かを計算するのが煩雑になってしまいます。

なお、台紙貼り切手を作る際、絵柄や大きさは異なっていてもかまいません。

台紙貼り切手を作る際の注意点

台紙貼り切手を作る際には、以下の点に注意しましょう。

台紙のサイズに気をつける

金券ショップや買取専門業者によっては、台紙貼り切手の台紙のサイズが厳密に規定されていることがあります。

A3なのかA4なのか、あるいはB4なのか、金券ショップや買取専門業者に問い合わせて確認してみましょう。

サイズが指定と異なる場合、バラ切手として扱われてしまう可能性もあります。

インターネットオークションなどに出す場合はこの限りではありませんが、いずれにしても購入する人が扱いやすい大きさを考えて作るようにしましょう。

枚数に気をつける

台紙のサイズと同様、金券ショップや買取専門業者によっては、台紙1枚に貼る切手の枚数が決まっていることがあります。

この場合も、同じ額面の切手50枚、20枚といった具合に指定に沿ってないと、バラ扱いになってしまうことがあるため注意しましょう。

また、枚数が少し足りなかったり多かったりしたとき、「50枚の指定ではあるけれど、1枚くらいいいか」という考えで、49枚や51枚の台紙を作ってしまうのもやめましょう。

万が一、中途半端な枚数を買取ってもらおうとする場合には、規定の枚数だけ台紙に貼り、残りはビニール袋などに入れ、バラの切手として持ち込むようにしましょう。

たとえば同額面の切手82枚を売ろうとする場合であれば、まず50枚を貼った台紙を1枚作ります。

そして残りの32枚は台紙に貼らずにビニール袋に入れ、「52円×32枚=1,664円」と言ったメモを同封しましょう。

買取専門業者や切手の使用者がその切手を扱いやすいかどうかを第一に考えてみてください。

台紙は裏紙に貼らない

チラシなどの裏紙を台紙として使用するのはマナー違反です。

柄付きのものも扱いづらくなってしまうため避けましょう。

白い紙であれば特に決まった様式はありません。コピー用紙を使っても問題ありません。

また自分でマスつきの台紙を作ってもいいでしょう。

マスつきの台紙は、切手同士のあいだに適度な隙間を保ちながらきれいに切手を貼れるためおすすめです。

台紙からはがれないようにする

切手は台紙からはがれないようしっかり貼りましょう。

スポンジや、切手に水をつける専門の道具を使って切手の裏をまんべんなくぬらし、のりを効かせてから台紙に貼ります。

もし切手の裏のりが取れかけている場合は、必要に応じて自分でのりを塗り直しましょう。

切手同士が重ならないようにする

台紙に貼った際、切手同士が重なっていると、使用する人が1枚ずつ切り離しづらいため、重ならないよう注意して貼りましょう。

重なっていると業者によっては買取不可とされることもあるため、数ミリ程度隙間を空けて貼るようにしましょう。

先述したマス付きの台紙を使うと重ならずにうまく貼れます。

表面がはがれたり破れたりしているものは避ける

切手の表面がはがれていたり破れていたりするものは、使用済みの消印を隠しているとみなされる可能性があります。

したがって、切手の使用を前提としている台紙貼り切手としては買取不可とされるケースが多いです。

1枚の切手が欠損しているだけで、台紙全体が売れなくなってしまうこともあるため、十分に注意しましょう。

台紙に貼る際やシートから切り離す際、思わず切手が破れてしまった、という事故は多く聞かれます。

せっかく金銭価値のある切手が売れなくなってしまいますので、台紙貼りをやったことがない方や心配は方は無理に台紙貼りをしようとせず、そのままの状態で買取業者へ相談することをおすすめします。

台紙貼り切手にプレミア切手は含めないで!

台紙貼り切手は使用することを前提としているため、コレクションのためのプレミア切手は含まないようにしましょう。

せっかく額面以上の価格で買い取ってもらえるはずの価値のある切手が、普通切手と同様に低価格で買取られてしまいます。

プレミア切手はコレクター需要の高い切手などが該当しますが、以前は「月に雁」「見返り美人」「市川海老蔵」「ビードロを吹く娘」など比較的高値がついていた時代もありました。

また、記念切手ブームがあった1960年代ごろに発行された希少性の高い切手(同じ図柄で色違いの切手など)も、プレミア切手になる可能性があります。

さらに1955年以前に発行されたものや中国切手はさらに高値になることが多くなっています。

思い当たる古い切手を持っている場合は、くれぐれも台紙に貼ってしまわないよう気をつけましょう。

プレミア切手は金券ショップでは売れないことが多いですが、買取専門業者であれば査定のうえ、適切な価格で買取ってくれます。

価値のあるものであれば、汚れていたり使用済みであったりしても買取ってもらえる可能性があります。

古い切手がある場合には、まず買取専門業者に持ち込んでみるとよいでしょう。

プレミア切手の買取には保存状態が大きく影響します。

扱う際にはピンセットを用い、台紙には貼らずにストックブックに保管します。

管理の際には湿気に注意して、適宜乾燥剤を使いましょう。

また切手に負荷を与えないよう、ストックブックは寝かせて置かずに立てて置きます。

そして買取ってもらう際には、ストックブックのまま査定に出しましょう。

台紙貼り切手についてまとめ

今回は台紙貼り切手について、作り方や注意点を中心にご紹介しました。

郵便局で買取ってもらえないからといって、金銭価値のある切手を捨てるのはもったいないですよね。

特に買取専門業者は多種多様な切手を取り扱っていますので台紙貼り切手も買取ってもらえます。

自宅に余っている切手が大量にあるという方は、ぜひ買取専門業者に持ち込んでみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!