切手買取について

切手はバラの状態でも買取可能?高く買取ってもらうコツはある?

切手買取バラ

「余っている切手を売りたいけれど、シートではなくバラでしか持っていない」ということはよくあるでしょう。

バラの切手は買取ってもらえるのでしょうか。

さらに、バラの切手を買取ってくれるのはどんなお店なのか、高く買取ってもらうコツはあるのかなど、今回はバラの切手を売る際に誰もが思うことを取り上げて、その疑問にお答えします。





1枚だけ残った切手……バラで買取ってもらえる?

バラの切手は、1枚からでも買取ってもらえるのでしょうか。

以下で見ていきましょう。

バラの切手の買取について

バラの切手とは、シートから1枚1枚の状態に切り離した切手のことを言います。

金券ショップや切手買取専門店のなかには、バラの切手の買取を行っているところがあります。

ただし、すべてがそうだというわけではなく、お店によって対応が異なるため注意が必要です。

そのためバラの切手を売りたいという場合には、事前に電話などをしてお店に確認したほうがよいでしょう。

なお、シートの切手であれば多くの金券ショップ、切手買取専門業者が買取に応じてくれます。

現在、シートで切手を保管しているのなら、そのまま切り離さずシートのまま売ったほうが高値で引き取ってもらえます。

ただし、これらのお店でシートとして認めてもらえるのは、切手の枠(白ミミ)が四隅に残っていて、切れ、汚れ、糊落ちのないものです。

シートとしてつながってはいても、切れや汚れ、糊落ちがあるとバラ扱いになることがあるので注意してください。

バラの切手は1枚から買取ってもらえる?

バラの切手を1枚からでも買取ってもらえるかについても、事前に業者に確認するのが確実です。

とはいえ、バラ切手の買取を受け付けている業者であれば、大抵、1枚からでも買取ってくれるでしょう。

額面が50円で、バラで1枚となると、さすがに額が少なすぎるということになりますが、基本的には「1枚からでも買取可能」と謳っているところが多いはずです。

逆に注意したいのは、大量のバラの切手を持って行った際に、買取不可とされることがある点です。

大量のバラの切手はどんな種類の切手が混じっているかが簡単にはわからないため、そのままでは買取を嫌がられることがあります。

そのため、通常は事前に切手を同じ額面で仕分けし、50枚ごとなど一定枚数ごとに袋に入れて持ち込むことをすすめられるかもしれません。

仕分け不要で何枚でもOKというお店もありますが、その分、買取価格は安くなるケースになる買取業者もいるようです。

何枚なら受け付けてもらえるか、どのような形で持ち込む(あるいは送付する)のがよいのかという点も事前にチェックしてください。

なお、未使用の切手は、郵便局で1枚当たり5円の手数料を払えば額面以内の好きな切手と交換できます。

合計額が不足していれば、差額を現金で支払うことも可能です。

つまり、バラの未使用切手を集めて切手シートに交換すれば、その切手シートを買取に出すこともできるということになります。

こうした方法があることも覚えておくとよいでしょう。

金券ショップと切手買取専門業者ならどちらを利用するべき?

切手の買取を行っているお店には、おもに金券ショップ(チケットショップ)と切手買取専門業者の2種類があります。

バラの切手を売るときには、どちらを利用したほうがいいのでしょうか。

それぞれの特徴と違いについてご紹介します。

金券ショップ

金券ショップは通常、買取などで切手を仕入れて、切手を大量に使用する人や会社向けに販売しています。

そのためメインの商品は「普通切手」です。

したがって普通切手を売るなら、金券ショップに持ち込んだほうがスムーズに売れます。

普通切手に比べると、「記念切手」はビジネスで使いづらい傾向があるため、やや安く買取られる傾向にあります。

また古い切手も歓迎されません。

金券ショップは新しい普通切手をメインに買取ってもらうお店と考えておきましょう。

切手買取専門業者

一方、記念切手や、昭和30年代以前の古い切手は切手買取専門業者に持ち込むほうが適しています。

記念切手とは、国家的な行事を記念して発行される切手のことで、普通切手と異なり、一定枚数のみ印刷されます。

なかには販売される郵便局が限定されていたり、使用できる期間が制限されていたりする記念切手もあります。

こうした記念切手や古い切手のなかにはコレクター向けのプレミアのついている切手が存在する点がポイントです。

それらは切手買取でなければ適正な価格をつけてもらえません。

切手買取専門業者は記念切手、古い切手をメインに買取ってもらえるお店だと理解しましょう。

ただし、最近では切手買取を専門としているお店のなかにも、金券ショップと同じように普通切手の買取を行っているところがあります。

しかも、なかには金券ショップよりも高値で普通切手を買ってくれる切手買取専門業者もあります。

したがって、金券ショップと切手買取のどちらが高価買取をしてくれるのかは、自分自身で確認してみるのが確かです。

切手を売る際は、金券ショップと切手買取専門業者という2つの選択肢があることを理解したうえで、両方を天秤にかけてみるべきでしょう。

コレクションで集めた切手は切手買取専門業者の買取がおすすめ!

古い切手のなかには、コレクター向けの切手もたくさんあります。

コレクションで集めた古い切手を売りたいという場合は、金券ショップではなく、切手買取専門業者に持って行きましょう。

プレミア切手と呼ばれる切手は、金券ショップでは買取ってもらえないことがほとんどです。

あるいは買取ってもらえたとしても、本来の価値より低い値でしか引き取ってもらえない恐れがあります。

最近は、50代、60代の人がかつてコレクションしていた切手が、大量に出てきたというケースが増えています。

あるいは持ち主が亡くなってしまって、それらの切手が買取店に持ち込まれるということもあります。

いわゆる切手ブームがあったのは昭和30~40年代のことです。

当時からよく知られていた昭和23年発行の「見返り美人」は、現在ではバラでもいまだに根強い人気で、高い買取価格がつけられる傾向です。

同じく人気を集めていた昭和24年発行の「月に雁」も同様の人気です。

ほかにも「えび蔵」「ビードロを吹く娘」などもプレミア切手と呼ばれ、いまも一定の人気を保っています。

切手の保存状態にもよりますが、これらの切手を切手買取専門業者に持って行けば高く売れる可能性があります。

記念切手、プレミア切手の評価額を知りたいときには、現在でも日本郵趣協会が毎年4月に発行している「さくら日本切手カタログ」などの切手カタログを参照しましょう。

評価額=買取価格とは言えないものの、おおよその各切手の価値を把握できます。

まずは事前にコレクションの価格を調べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

バラの切手をより高く売るポイントは?

バラの切手が大量にある際は、そのままの状態で売るよりも高く売るための方法があります。

そのひとつが、先述した「同じ額面の切手を仕分けして50枚ごとに袋に入れて持ち込む」というものです。

これ以外にも以下のポイントがあります。

台紙貼りにする

台紙貼りとは、A3、A4などの決まったサイズの紙に、同じ額面の切手を50枚など、数を決めて貼ったものです。

この台紙貼りを行うと、買取価格がバラの切手の場合よりも高くなります。

なぜ台紙貼りだと高く買取ってもらえるかと言うと、台紙貼り切手は郵便局での料金別納郵便の支払いに使用でき、料金別納郵便をよく利用する会社からの需要があるためです。

なお、切手買取専門業者によっては特段加味されない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

台紙のサイズ、1枚当たりの枚数、切手の貼り方などは事前に確認してくだい。

記念切手・プレミア切手は保管状態がポイント

記念切手やプレミア切手は、状態が発行時のものに近いほど価格が高くなります。

逆に言えば、切手の状態に劣化が見られれば大きく買取価格が落ちてしまいます。

ヤケ、カビ、シミ、黄ばみは大敵です。切手コレクターなら、保管のためのストックブック、切手アルバム、先端が平らになったピンセットなどをご存じでしょう。

ただし、それらに入れて保管してあったとしても、保管場所が悪ければ切手は簡単に劣化してしまいます。

湿気が少ない日陰に保管してあることが何よりも大事な条件です。

プレミア切手が見つかったけれど、しばらく家に置いておこうと思っている人は、くれぐれも保管場所に気を配ってください。

また将来売ろうという気持ちがあるのであれば、劣化する前に売ってしまうという考え方もあります。

バラの切手の買取相場はどれくらい?

もっとも気になるのは、バラの切手の買取相場がどれくらいかということではないでしょうか。

おおよその目安となる相場を見てみましょう。

普通切手の買取相場

普通切手の場合、バラの切手の買取価格はシート切手の価格を下回ります。

切手買取専門店の基準(買取可否)にもよりますが、お店によっては、額面200円以上なら標準よりも高まることもあります。

反対に、額面50円以下だと下がってしまう場合もあるのでまずは買取業者ごとに設定されているレートを確認しましょう。

また、紙貼りをすると、貼らない場合のレートに上がる場合もあるようです。

記念切手の買取相場

記念切手の場合、バラの切手の買取価格は同様に額面よりも下回ります。

こちらも仕分けした切手の場合で、額面によって価格差が生じることがあります。

なお、台紙貼りすると普通切手と同じ買取相場になります。

シートの記念切手の買取相場は、バラよりも高くなり、台紙貼りならさらに上がる可能性があります。

これはシートで売るよりも高くなることになります。

また、多くのお店では、台紙貼りは普通切手と記念切手を混在させて貼ることが可能です。

ただし、前述したように、記念切手は切手買取専門業者の切手買取だと、もっと買取価格が高くなる場合があります。

どれくらい高くなるかは切手によるため一概に言えませんが、古い記念切手であればその確率も高くなります。

記念切手は金券ショップに持って行くより先に、切手買取の専門業者に持ち込んで見てもらうのがおすすめです。

バラの切手は賢く売ろう!

ここまで、バラの切手の買取について見てきました。

一般的に、切手はシートで売るのがもっとも高く売れますが、バラでも売れること、そして台紙貼りなどの一手間をかけることで買取価格をアップできる可能性があることがおわかりいただけたと思います。

家のどこかに未使用の切手がしまってあったり、余っていたりするのなら、ここに挙げた内容を参考に、買取に出すことを検討してみてはいかがでしょうか。

また、古い切手のコレクションがあるという場合は、ぜひ状態がどうなっているか確かめてみてください。

きれいなまま保管されていたら、高値で売れる可能性があります。

その際は切手買取専門業者の利用がおすすめですよ。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!