切手買取について

日本万国博覧会開催記念に発行された万博切手を買取に出すなら

日本万国博覧会開催記念に発行された万博切手を買取に出すなら

1970年3月から9月まで大阪府で開催された「日本万国博覧会」を覚えていますか?今回はこのイベントを記念して発行された切手を紹介します。

当時はそこまで定着していなかった記念切手の発行ですが、この時期を境に様々な国内行事のたびに記念切手が発行される傾向が強まった時期であるといえます。

所持しているコレクターも多い万博切手は切手買取に出したらどのくらいの価値が付くのか、見ていきましょう。





日本初の試みが盛り込まれた大阪万博と万博切手とは?

日本万国博覧会(通称EXPO'70または大阪万博)は1970年3月から9月まで大阪府で開催された国際博覧会です。

「人類の進歩と調和」がテーマとなったこのイベントは高度成長期の日本を象徴し、様々な新しい試みが盛り込まれました。

特に注目を集めたこととして、芸術家の岡本太郎氏による太陽の塔は開催地となった吹田市の万博記念公園に今もあり、見ることができます。

近年では、これまで見ることのできなった内部も公開される予定ということで、開催から40年以上経過した今でも注目が集まっています。

この大阪万博を記念し、万博切手は発行されました。

万博切手の種類や発行日、発行枚数など概要は?

日本万国博覧会記念切手は小型シートと呼ばれる形状で、3枚1シートになっています。

これまでに発行された種類は1次切手シートと2次切手シートがあり、1次切手シートは700万枚の発行で1970年3月14日。額面は15円、50円、7円で図柄には花火や万博を象徴するパビリオンが描かれています。

2次切手シート1000万枚発行で1970年の6月29日でした。デザインは1次と同じパビリオンや竿燈が描かれ、額面は1次と同じ、そして図柄の特徴はやや異なるもののパビリオンや竿燈など方向性は似ている傾向が見られます。

万博切手の気になる買取価格は?

買取需要の関係で過去にはコレクターの間で未使用であれば1次・2次切手シートともに300円という事例も一時期はありました。しかしながら現在は額面を下回ってしまうようです。

要因として考えられることとして、万博切手はいまだに多くのコレクターが所有しているため、高値のポイントとなる「希少価値」はやや弱いことが挙げられます。

しかし最近では万博に展示されていた太陽の塔が注目を集めつつあり、コレクターの間で人気が再燃すれば、状況は大きく変わる可能性も否めません。

万博切手を売るため切手買取を利用するなら

切手を買取に出す方法はいくつかあり、「個人でオークションに出品」「切手買取専門店に買取へ」という方法があります。

個人でオークションに出品

個人でオークションに出品する場合ですとコレクターが利用する傾向もあり、切手を欲しがるマニアがいれば高値で売却できるかもしれません。

しかし出品準備や出品に伴う値段付け、落札後の発送用意など全て自分で行う必要がありますし、必ずしも売れるという保証はありません。

ですから総合的に考えるとそこまで割に合うかどうかは不透明です。

切手買取専門店に買取へ

切手買取専門店とは、名前の通り切手を専門的に買取をしており、切手に関する深い知識を持っています。

強みとしてはなんといっても「切手の買取に強い」ことです。時期やコレクターの買取需要により変動する切手の買取価格に詳しいので、「切手の売り時」ならお任せできるといえるでしょう。

注意点としては、切手に詳しい=切手の買取価格にシビアという面があります。例えば同じ種類の切手であっても、状態の綺麗なものとやや汚れてしまったものですと、付けられる値段は変わります。

特に切手は紙素材でできていますから、保管状態があまり芳しくない場合ですと表面に傷がついたり、折り目など、考慮すべき点はたくさんあるのです。

まとめ

万博切手は発行当時はとても人気がありたくさんの切手コレクターが入手した切手です。

しかし発行枚数が他の切手よりも非常に多かったため、希少価値という点では見込みは薄く、高値というわけにはいかなそうです。

加えて切手は以前に比べて使われなくなってきており、この理由から収集をやめたコレクターも増えているようです。

切手の需要が減りつつある今、この先今の買取価格が保障できるどうかは不明です。

もし万博切手が家にあった、昔集めていたけれど手放したいとお考えであるならば、売り時は今なのかもしれません。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!