切手買取について

切手は種類ごとで売り方が変わる?高価買取してもらう裏技とは!?

普通切手・記念切手・特殊切手・海外切手など様々な種類

切手には、普通切手・記念切手・特殊切手・海外切手など様々な種類があります。中には中国切手など超プレミア価格で買取される切手もあれば、額面ベースでの買取、もしくは買取不可となってしまう切手もあります。

切手を購入、または収集したご本人でないと、切手をどのように売却すればよいか判断も難しいのではないでしょうか?どんな切手でも、どうせ売るなら少しでも高く売りたいものです。そこで今回は切手を高価買取してもらうための、切手買取の「裏技」をご紹介します!





切手は種類ごとで売り方が変わる!

切手は種類ごとで売り方が変わる

リサイクルショップから金券ショップ、切手買取専門店など切手の買取を行っている業者の数は増加傾向にあります。また切手は、手数料を払えば郵便局で同額の切手に交換することもできます。それぞれの切手の種類に応じて売り方は異なってきますので、以下で切手の種類ごとのオススメの換金方法を解説します。

普通切手

普通切手は、基本的に額面ベースでの買取となります。ですので、最も高く売りたい場合は、リサイクルショップや金券ショップ、切手買取専門業者など売り先は問わず、最も買取レート(換金率)が高い業者を選ぶのが何よりも重要となってきます。

しかし、古い切手などが混ざっている場合は注意が必要です。普通切手の中には、竜切手、さくら切手など希少価値の高さからプレミア価格で取引されている昔の切手も多数存在します。そのような切手ですと、切手買取専門業者でないと、価値を判別してもらえないこともあるのです。

「もしかして価値があるかも!」という普通切手があれば切手買取の専門店での売却が望ましいでしょう。

記念・特殊切手

記念切手・特殊切手も、発行年が最近であれば発行枚数も多く希少価値が少ないため、買取相場が額面を上回ることはごく稀といっていいでしょう。

しかし、昭和30年以前(切手収集ブーム以前)に発行された記念・特殊切手であれば、見返り美人に代表されるようなプレミアが付く切手も数多く、専門的な査定を要します。こちらも普通切手と同様、昔の切手があれば、切手買取専門業者に依頼するのが得策です。

海外切手(中国切手など)

海外切手といえど、買取価格が付くのは中国切手が大半で、その他の外国切手はほぼほぼ買取価格がつかないのが実情です。中には、ペニー・ブラックやペンス・ブルーなど、国宝級の海外切手も存在しますが、まずお目にかかる機会のない幻の切手たちです。

中国切手の買取は、切手買取専門業者の査定を受けることをおすすめします。基本的に金券ショップやリサイクルショップは、現在も有効な郵便切手のみ買取対象としている場合が多く、プレミア切手の買取に対応していない可能性もあります。しかし切手買取専門業者なら、価値の判別が難しい中国切手でも、価値を見逃されることはまずないでしょう。

結論として、
額面ベースの査定となる切手 → 換金率の高い業者
プレミア切手 → 切手買取専門業者
ということが言えるかもしれません。

切手買取を利用する前にはこちらをぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

高価買取を狙うためには切手の総額面を調べてから査定に出す

切手の総額面を調べてから査定に出す

現在も有効な現行切手であれば、額面を元に査定額が算出されます。査定の前には、買取に出す切手の総額面を把握しておくといいでしょう。というのも切手の買取業者の中には、不当に買取価格を低く見積もる悪徳業者もいるのです。

ある総額面を知っておくことで、査定提示額から換金率も計算することができますし、不当に安い額を提示されていることが分かれば、事前にトラブルを回避することもできるでしょう。

量が多く整理されていない場合は、仕分けが大変かもしれませんが、高価買取を狙うためには多少面倒でも総額を計算しておきましょう。

ネットオークションやフリマで切手を売る場合

ネットオークションやフリマで切手を売る場合

インターネットの普及により、ネットオークションやフリマサイトで個人間の売買が容易になりました。もちろん切手も売ることはでき、ご自分で売値を設定することもできますので、売れた場合には納得する金額で売ることができるでしょう。

お持ちの切手の価値を把握している方であれば、最も高く売る方法といっても良いでしょう。しかし、切手の価値を見誤って相場よりも安く売ってしまうというケースも考えられますので、両親や親戚などから譲り受けた価値のわからない古い切手を売るという場合には注意が必要となります。

また、あくまで買い手がついた場合のみ売買が成立するので、すぐに売りたいという方には向いていない方法でもあります。目的に合わせて慎重に利用することをおすすめします。

切手の買取価格を左右する切手の保管状態

切手の買取価格を左右する切手の保管状態

切手の保管状態によって買取価格が異なってくる場合があります。買取業者によっては、現在も有効な切手であっても破損状況やシートかバラかによって買取率を別に設定していることがあります。また破れや欠けの程度によっては、使用できないこともあるので、買取業者によっては買取不可となります。

ちなみにプレミア切手の査定では、切手の状態は最も重要な査定項目の一つになり、どんなに価値のある切手でも値段がつかないということもあります。切手アルバムや切手専用ケースなどで保管し、取扱いの際にはピンセットなどを使い、状態の劣化を最小限に留めましょう。

保管状態の良くない切手は郵便局で交換も可能

切手の買取方法はこのように実に多岐に渡りますが、状態によっては買取不可となる場合もあります。買取不可となった切手は郵便局で交換可能な場合もあります。

手数料は切手一枚につき、5円掛かってしまいますが、同額の新しい切手に交換してもらえます。買取業者に査定してもらったけど、状態により買取基準に満たず売れなかった切手でも、新品であれば確実に買取ってもらえるでしょう。

ただし、交換に掛かった費用が上乗せされることはなく、買取業者の買取率によっては損をしてしまう可能性もありますので、一度査定スタッフまで相談してから交換するかを決めた方が良いかもしれません。

複数社の相見積もりで買取価格に妥協しない

複数社の相見積もりで買取価格に妥協しない

少しでも高価買取してもらうには、相見積もりで一番高く買い取ってくれる業者を探してみることをおすすめします。

買取業者によって買取基準は異なりますし、買取率を公表している場合でも、実際の査定では、バラやシート、額面、状態によって買取率が変動することもあります。

現物を見てもらい査定額を提示してもらい、複数社で比較検討してもらうのも良いかもしれません。

近年では、手数料無料で買取査定を行ってくれる業者がほとんどですので、ぜひ積極的にそういったサービスを利用してみましょう。

おわりに

切手を高価買取してもらうためには気を付けたいポイントが多数存在します。せっかく価値のある切手を売りに出しても、売り方によっては相場以下で手放してしまうこともあるのです。

一円でも高値で売れるよう、今回ご紹介した項目を押さえ高価買取を狙っていきましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!