切手買取について

買取対象となる切手の種類一覧と買取相場価格について

切手買取の一覧

切手買取で買取対象となる切手には種類があり、種類により査定方法も大きく異なり、買取相場価格も大きく変わってきます。

今回は切手買取で買取可能となる切手の種類を一覧形式でご紹介し、買取相場価格について解説します。価値や名称のわからない切手をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。





はじめに ~切手買取について~

切手買取について

Eメールやチャット、SNSの普及により、若い世代の方は切手を使ったことすらないという方も多いのではないでしょうか?

ご自宅で使う予定のない切手を見つけた場合、もしくは、昔コレクションした切手が不要になった場合、処分することはおすすめできません。切手買取に出せば高額で買い取ってもらうこともできるかもしれないのです。

個人間では使う機会が随分減ってしまった切手ですが、ビジネスシーンにおける経費削減のための需要はまだまだ多く、また希少な切手であれば、切手コレクターの間で額面以上のプレミア価格で取引が行われることもあります。

とはいっても、親族から譲り受けた切手であれば、どの程度の価値があるものなのか、買取相場はどのくらいなのか判別が難しいですよね。切手は種類によって売り方も変わってきますので、売ることができる、価値のある切手を把握しておきましょう。

参考:切手は種類ごとで売り方が変わる?高価買取してもらう裏技とは!?

買取対象となる切手の種類と価値

取対象となる切手の種類と価値

切手の買取で買取対象となる切手は主に以下に分類されます。

切手の種類 価値
普通切手 郵便料金の納付を目的として切手で、明治・大正・昭和初期に発行された一部の古切手を除き、額面ベースでの買取となることの多い切手です。
記念・特殊切手 記念切手は国家的行事や国際イベントを記念して発行される郵便切手で、国家的宣伝、キャンペーン、文化財の紹介などを目的に発行される切手を指します。切手収集ブームの始まった1930年以前に発行された切手にはプレミアの価値が付くこともあります。
中国切手 中国で発行された切手を指し、赤猿や大パンダに代表される文化大革命下で発行された文革切手に該当すれば、数十万円から数百万円の価値を持つこともあります。
外国切手 発行枚数も多く、コレクターも少ないことから、価値は下落傾向にあります。一部希少な切手を除き、買取不可となってしまうこともある切手ですので、売却の際は、事前に買取業者に確認してくといいでしょう。
軍事切手 1910年~1944年の間、軍人が郵便依頼する際に使用していた切手を指します。数十万円から100万円を超える額で取引されるものもあるので、専門的な査定が必要となります。

切手の買取相場はどうやって決まる?買取価格の算出方法

切手の買取相場はどうやって決まる?買取価格の算出方法

切手の買取相場は、額面ベースでの査定となる場合と、プレミア切手のように額面以上の買取となる場合で、買取価格の算出方法は変わってきます。

額面ベースで算出する場合

発行年の新しい普通切手や記念切手などの場合、基本的に額面に買取業者ごとの買取率が掛け合わされて買取価格が算出されます。買取率は額面に応じて変動するのが一般的で、シートかバラかによっても変わってきます。

例として、82円普通切手10枚を、買取率80%の業者に売った場合、

82 x 10 x 80% = 656

となり、656円が買取価格となります。

また、切手の額面が大きい切手ほど買取率が高くなる傾向があります。

ただし買取業者によっては、査定手数料などが別途で必要となることもあり、単純に買取率をかけ合わせた額での買取とならないケースもあるので注意しましょう。

プレミア切手(額面以上の買取価格)の場合

プレミア切手の場合、買取価格は市場相場に応じて算出されます。市場相場は日々変動するものでもあるので、「去年見積もりを出したときにはもっと高かったのに・・・」というケースも少なくないため注意が必要です。

そして市場相場に、切手の状態も加味されて買取価格が算出されます。コレクションの対象であるプレミア切手は当然ですが美品であるほど買取価格は高くなります。

普通切手の買取では、消印付きの切手は買取不可となりますが、プレミア切手の査定では消印自体がプレミアの価値を持つこともあります。古い切手であれば使用済みでも一度査定を受けてみるのが望ましいでしょう。

普通切手一覧表

以下は現在でも使用可能な普通切手の一覧です。図案には、日本を代表する動物や風景、草木や花が採用されており、みなさんもご覧になったことのある切手もあるのではないでしょうか。

普通切手一覧

1円

2円

3円

5円

10円

20円

30円

50円

52円

82円

92円

100円

120円

140円

205円

280円

310円

500円

1000円

慶事用52円

慶事用82円

慶事用92円

弔事用52円

旧デザインの普通切手一覧表

次に、意匠の変更や郵便料金改正により現在では発行されていない旧デザインの普通切手になります。コレクターからの人気が高く、希少性からプレミアの価値が付くこともある切手もありますので、ぜひお持ちであれば買取に出してみてはいかがでしょうか。

旧デザインの普通切手一覧

ローマ字入り切手

印字コイル切手

">

円単位切手

菊切手

産業切手

手彫切手

小判切手

昭和切手

新昭和切手

台湾数字切手

田沢切手

富士鹿切手

風景切手

高値の付きやすい代表的な記念・特殊切手一覧表

これまでに数多くの種類が発行されてきた記念切手、特殊切手ですが、中でも特に高値が期待できる人気の切手を一覧でご紹介します。お持ちの切手があればぜひ査定に出してみましょう。

切手名称 額面
明治銀婚記念 2銭、5銭
日清戦争勝利記念 北白川宮能久 2銭、5銭
大正婚儀記念 3銭
日韓通信業務合同記念 3銭
日露戦争凱旋観兵式記念 1銭5厘、3銭
大正大礼記念 1銭5厘、3銭、4銭、10銭
裕仁立太子礼記念 1銭5厘、3銭
裕仁立太子礼記念 儀式のかんむり 10銭
世界大戦平和記念 1銭5厘、3銭、4銭、10銭
飛行郵便試験記念 1銭5厘、3銭
第1回国勢調査記念 1銭5厘、3銭
明治神宮鎮座記念 1銭5厘、3銭
郵便創始50年記念 1銭5厘、4銭
皇太子裕仁帰朝記念 1銭5厘、3銭、4銭、10銭
皇太子裕仁台湾訪問記念 1銭5厘、3銭
皇太子裕仁結婚式記念 不発行切手 1銭5厘、3銭、8銭、20銭
大正銀婚記念 1銭5厘、3銭、8銭、20銭
万国郵便連合UPU加盟50年記念 1銭5厘、3銭、6銭、10銭
関東局始政30年記念 1銭5厘、3銭、10銭
切手趣味週間記念 見返り美人 小型シート 25円
郵便週間記念 月に雁 小型シート 8円

上記で紹介した切手は、あくまで代表例になります。上記以外にも高値が付く記念・特殊切手は多数存在しますので、価値のわからない切手がある場合は、積極的に査定を受けて価値を把握してみることをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!