切手買取について

いらない切手やはがきの処分方法は?捨てずに有効活用するコツ

いらない切手やはがきの処分方法は?捨てずに有効活用するコツ

メールで連絡を取るので切手とはあまり縁がない、という人はかなり多いのではないでしょうか。

両親や祖父母の部屋を掃除していたら古い切手やはがきが出てきたけれど、これといって使うあてもなく、かといって一応金券なので捨てるわけにもいかず、結局また引き出しにしまってしまうこともよくある話です。

こういった使用目的のない、いらないはがきや切手が出てきたらどうすればいいのでしょうか。

実は切手やはがきはいろいろな方法で使うことができる上に、思わぬ価値がつくことがあるのです。





切手で支払いができるものがある

はがきや切手で支払いができるものがある

はがきや切手は、クオカードや商品券などと同じ金券として扱われます。

そのため、切手は手紙や郵便物に貼り付ける以外にも、切手払いに対応しているサービスに使えます。

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでも、切手払いに対応している場合があり、支払いの一部を切手でおこなうことができます。

さらに、日本郵政のサービスの支払いにも使えます。

郵便局の窓口から配送する場合に限り、ゆうパックなどの送料の一部として使用できるほか、レターパックなどに交換することもできます。

ただし、交換の場合は普通の切手やはがきは1枚につき5円、往復はがきは10円、10円未満の切手やはがきは額面の半額が手数料として徴収されます。

現金での払い戻しは対応していないため、基本的に使いみちのあるレターパックなどに交換するか、ゆうパックの送料の一部として使うことになります。

はがきや切手の有効期限は?

はがきや切手の有効期限は?

はがきや切手には、金券としての有効期限が定められていません。

そのため、古い切手やはがきであっても、現在でも郵便に使用することができます。

はがきの場合は不足している送料分の切手を貼れば、そのままポストに投函して使用が可能です。

ただしお年玉などのくじ引き番号付きの切手やはがきは、当選した場合の交換期限があります。

期限は、はがきや切手の下部に記載されています。

こういったシーズン物のはがきや切手で使用しなかったもの、万一身内にご不幸が起きて服喪のため使用できなくなった時は、その年のシーズンが終わってしまうと個人的なコレクションとして少量保存する以外の価値がなくなってしまいます。

ですが、販売期間の終了までであれば無償で通常のはがきや切手に交換してもらえます。

購入したがあまってしまったくじ引き番号付きの切手やはがきは、できるだけ早めに交換したほうが良いでしょう。

通常切手でも珍しいものはコレクションとしての価値が!

通常切手でも珍しいものはコレクションとしての価値が!

期間限定の切手やはがきは、コレクションとして収集家から高い人気があることで有名です。

シートを使用していない、台紙が揃っている、黄ばんだり破れたりしていないなど保管状態が良いものは、驚くほどの高値で取引されることもあります。

明治時代のものなど、使用済みで消印がついていても数十万円を超えるものがあるのです。

また通常の切手であっても、現在はもう発売していない切手はコレクションとして価値が出てくることがあります。

特に郵便料金の改定時期に端数を合わせるために出された切手などは、新しく改定されると生産量が極端に減ったり、場合によっては図柄が廃止されたりすることもあります。

そうなると未使用のシートの希少価値は一気に上がります。

意外なところに価値が見い出される切手もある

意外なところに価値が見い出される切手もある

ほかにも通常切手でも印刷エラーがあるなどの珍しいものや、バーコードやカラーマークつきの切手などは、普通の切手より高くなるケースがあります。

切手は時期や状態、シート上の印刷位置などでもコレクターからの価値が代わり、稀少性が高いほど高価で取引されます。

切手に興味がない人から見るとたくさんの通常切手の束と思われますが、実際には珍しい切手がたくさん出てきたという例もあるのです。

切手同様に、はがきにもさまざまな希少価値の高いものがあります。

明治から戦前の絵はがきは大変希少価値が高く、未使用で現存している数も少ないため、かなり高価になることがあります。

そして意外にも、使用済みのほうが高く評価されるものがあります。

それは切手の発売初日の消印、いわゆる初日カバーが押されている郵便物です。

封筒でもはがきでも同等に、稀少性が高い初日カバーはかなり高額で取引されています。

量は問わず、まずは査定をしてもらう

量は問わず、まずは査定をしてもらう

はがきや切手の価値の判断は、コレクターの評価基準や価値の指標が多く、素人が見分けるのはとても難しいものです。

一見するとただの古い切手やはがきにしか見えず処分に困ることもありますが、実はとても価値のあるものであるケースが多いのです。

特に使用済み、いわゆるエンタイアと呼ばれるはがきや切手の収集価値は、多数のはがきや切手を見ている鑑定家でないとわからないものです。

郵便局で交換したり金券ショップに持ち込む前に、まずは専門の知識がある切手やはがきの買取に査定を依頼してみましょう。

一枚ずつしっかり見て、価値があるものがあればきちんと査定員に教えてもらえます。

納得のいく査定額にならなかった場合はそのまま使用したり、他の使い道で消化したりすれば良いだけなので、何はともあれ価値を聞いてみるのは大切です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!