切手買取について

ドラえもん切手の買取価格を下げないためのコツについて徹底解説!

ドラえもん切手の買取価格を下げないためのコツについて徹底解説!

「昔に買ったドラえもん切手の価値を知ってみたい」

「そもそもシール式の切手は買い取ってくれるの?」とお考えではありませんか。

子どもから大人まで幅広い層に人気のある「ドラえもん」の切手は、今まで切手に関心が無かった人たちからも注目を集めたキャラクター切手です。

発売当時では珍しかった、シール式の切手が認知されるきっかけにもなったキャラクター切手とも言えるでしょう。

今回は国民的アニメキャラクターであるドラえもんをはじめ、様々なキャラクターの切手についてご紹介をします。

また、キャラクター切手の価値を落とさずに買い取ってもらうためのポイントについてもご紹介をします。





ドラえもんなどのキャラクター切手の種類

ドラえもんなどのキャラクター切手の種類

1990年代後半ごろから増え始めたアニメキャラクターを図案にして切手は、今まで切手を集めていた人たちはもちろん、切手に関心が無かったアニメファンにも人気となりました。

その中でも、古くからアニメが放送されているドラえもんの切手は、日本全国にファンが存在し、様々な種類のドラえもん切手が発行される度に多くの人が買い求めました。

まずは、ドラえもん切手をはじめ、人気のあるキャラクター切手をご紹介します。

ドラえもん切手

国民的アニメであるドラえもんの切手は、これまでに様々な種類の切手が発行されてきました。

藤子・F・不二雄氏が原作である「ドラえもん」のテレビアニメは、1973年に日本テレビ系列で半年間放送され、そのあと6年の歳月を経て1979年からテレビ朝日系列での放送が始まりました。

テレビ朝日系列で新たに始まったテレビアニメ「ドラえもん」シリーズは、現在も放送され続けていて、放送回数ではフジテレビ系列で放送されている「サザエさん」に続いて第2位の多さとなっています。

ドラえもん切手は、1997年に日本郵便局から「グリーティング切手」として発行されました。

グリーティング切手とは、様々な行事やお祝いの挨拶の際の手紙やはがきに使えるように発行された切手のことです。

受け取った人に喜ばれるように、著名なイラストレーター・絵本作家などの作品が図案として採用されることが多い切手の種類です。

グリーティング切手として発行されたドラえもん切手は、裏糊が付いている通常の切手だけではなく、シール式の切手も発行されました。

当時としてはシール式の切手は珍しく、その可愛らしいデザイン性も相まってか、郵便局員が「子供のいたずら」と勘違いをしてしまって手紙が届かなかったなどの珍事件もあったとのことです。

1997年に発行された当時のドラえもん切手は、80円のシールタイプの切手が5枚セットとなっています。

ドラえもん切手を買取に出す際は、不用意に台紙から切手を剥がさずに新品に近い状態で買取に出しましょう。

ドラえもん切手をはじめ切手の買取では、小型シートなどの複数の切手がワンセットとなっている状態である方が、切手コレクターの需要が高いためです。

ドラえもんフレーム切手

ドラえもんフレーム切手

「ドラえもん誕生45年記念フレーム切手セット」は、2016年に漫画ドラえもんが連載開始されてから45年目を迎えたことを記念して発行されたフレーム切手です。

「ドラえもんと手紙」がテーマとなっているこの切手の図案には、タイムマシンやタケコプターなど代表的なひみつ道具の他にも、「超速達切手」といった手紙のテーマを意識したマイナーなひみつ道具も図案として採用されています。

フレーム切手とは、切手の内側に写真やイラストなどが描かれている切手のことです。

切手として有効なのはミシン目で囲われていて額面が記載されている部分だけで、切手の内側の写真・イラストは切手ではありません。

ドラえもんのフレーム切手のデザインをよく見ていただくと分かるのですが、イラストがミシン目の枠内に収まっていて、額面は枠の外側に書かれています。

「ドラえもん誕生45年記念フレーム切手セット」というだけあって、フレーム切手以外のドラえもんグッズがセットとなっています。

他のグッズとしては「B5のクリアファイル」や「オリジナルフィギュア」などあります。

ドラえもんフレーム切手も、グリーティング切手のタイプの「ドラえもん切手」同様、切手をシートから剥がさずにそのままの状態の方が買取価格は下がらない傾向にあります。

その他のアニメ切手シリーズ

その他のアニメ切手シリーズ

ドラえもんに関する切手をここまでご紹介をしましたが、人気のあるキャラクター切手はドラえもんだけではありません。

ここからは、ドラえもん以外の人気のあるキャラクター切手をご紹介します。

ワンピース切手

アニメ作品ワンピース(ONE PIECE)が題材となっているのが「ワンピース切手」です。

ワンピースの原作者は尾田栄一郎氏で、1997年に週刊少年ジャンプで連載がスタートしました。

1999年からテレビアニメの放送も開始されており、今や国民的アニメの一つに数える作品でもあります。

ワンピース切手は、様々な人気アニメを題材とした「アニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」の第15集として2011年に発行されました。

切手の図案には本作品の主人公であるルフィを始め、彼の仲間達が描かれています。

幅広い層に支持されているアニメの切手ということもあり、今まで切手に関心が無かった人からも注目を集めた切手と言えるでしょう。

ただし、ワンピース切手の買取金額は基本的には額面ベースとなり、保存状態や切手を切り離さずにシート状態になっている方が買取額も落ちにくいでしょう。

鉄腕アトム切手

鉄腕アトム切手

「鉄腕アトム切手」の題材となった鉄腕アトムは、漫画の神様と称される手塚治虫氏が原作の日本を代表するテレビアニメです。

鉄腕アトムは1963年にテレビ放送された、非常に歴史のある作品でもあります。

古くから人気があるため、鉄腕アトムが図案となっている切手は多く存在しています。

そのなかでも代表的なのは、「科学技術とアニメ・ヒーロー・ヒロインシリーズ」の第1集として2003年に発行された特殊切手の「鉄腕アトム切手」です。

また、最近では「手塚治虫 生誕90周年記念」として鉄腕アトムやブラック・ジャックなど、手塚治虫氏の作品が題材となった切手フレームが2019年に発行されています。

手塚治虫氏のキャラクター作品は幅広い年齢層に人気あり、切手コレクターの中でも手塚ファンも存在しているため、種類によっては価値の高い切手も存在します。

ハローキティ切手

日本のみのみならず世界中で人気があるサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」を題材とした「ハローキティ切手」は、上でご紹介をした切手の中でも最も多くの種類の切手が発行されてきました。

例えば、地方別に全26種類の図案がデザインされたハローキティ切手は、日本列島を13箇所の地方に分けて、各地域の特色を表したハローキティが描かれています。

例えば北海道地方であったらメロンを持ったキティだったり、四国だったら坂本竜馬像とキティがデザインされています。

また、ハローキティ切手の多くがシール式のグリーティング切手であることも特徴です。

買取相場は基本的には額面がベースとなりますが、種類や保存状態によっても買取価格は影響します。

ドラえもん切手の買取価格を下げないための方法

ドラえもん切手の買取価格を下げないための方法

ドラえもんのグリーティング切手やフレーム切手であっても、買取を検討しているとのことでしたら、なるべく価値を下げずに買い取ってもらいたいと考えることでしょう。

ここからは、キャラクター切手であるドラえもん切手の買取で実践してほしい方法についてご紹介します。

切手の買取相場を事前に把握しておく

切手の買取する前には、持っている切手の買取相場を把握しておきましょう。

切手の種類は今回ご紹介をしたキャラクター切手以外にも、多くの切手が存在します。

例えば、オリンピックや万国博覧会など開催を記念して発行される「記念切手」や、見返り美人切手などの「特殊切手」上げられます。

記念切手や特殊切手の中には、額面をはるかに超える買取値が付く切手も存在します。

一方、額面を下回る切手も多く存在するのが現実です。

事前に持っている切手の買取相場を事前に把握しておくことで、実際の査定額の見当が付きますし、査定額が低い場合は、査定員に査定額が低い理由について質問することができます。

なお、インターネットや切手カタログなどに記載されている買取価格は、切手の状態が良く、限りなく新品の状態に近い切手の買取価格です。

そのため、事前に調べた買取相場は参考程度に留めておきましょう。

専門買取業者に依頼する

「切手の買い取ってくれるお店」と考えた際、最初にパッと頭に思い浮かぶのは「金券ショップ」ではないでしょうか?

しかし、シール式の切手が多いドラえもん切手の買取においては金券ショップは不向きのため、切手専門の買取業者に査定してもらうことをオススメします。

なぜなら、金券ショップでは切手を取り扱っていますが、シール式の切手に関しては買い取ってくれないショップが存在するためです。

また、金券ショップの従業員は切手の知識が乏しいこともあり、効率化のために切手の買取額を額面ベースで計算している可能性があります。

今回ご紹介をしたドラえもん切手などのキャラクター切手の買取を検討しているのなら、切手専門の買取業者に買取依頼をすると良いでしょう。

切手専門の買取業者なら、日々、切手の査定や研修を行っているため確かな知識と査定技術を持っています。

切手専門の買取業者の査定員は、額面以上の価値が付く希少性のあるプレミア切手などにも精通しているため、切手の査定でも価値を見落とすことも少ないでしょう。

もちろん、切手専門の買取業者はシール式の切手でも買い取ってくれるので、ドラえもんのグリーティング切手を持っている場合は切手専門の買取業者を利用しましょう。

「金券ショップではシール式の切手を買い取らない場合がある」

「切手専門の買取業者は切手の知識・査定技術を持っているため、価値を見落とすことがない」

これらの理由から、ドラえもん切手などのキャラクター切手の買取は、切手専門の買取業者に依頼をしましょう。

切手の扱いと保存方法に気を配る

切手の扱いと保存方法に気を配る

コレクション要素のある切手の査定では、「切手の状態」の良し悪しが買取価格に大きく影響します。

高く評価される切手の状態とは、未使用で切手全体にシミ・破れ・折れなどがなく新品に近い状態の切手のことです。

切手の素材はデリケートな紙でできているため、普段からの扱いや保存方法に気を配らないと上でご紹介したような状態に見舞わてしまいます。

例えば、切手を扱う際はピンセットなどを使って直接手に触れないようにしましょう。

ピンセットを使用することは、切手の破れや折れを防ぐ目的があることはもちろん、シミの発生原因の一つである指の皮脂の付着を防げるからです。

また、保存する際もスクラップブックなどの密閉性があるものに入れるようにしましょう。

切手は高温多湿な場所が置いておくだけでもシミが発生してしまうので、押し入れや引き出しではなく、本棚などの通気性が確保できる場所に保管するとシミの発生を軽減できます。

キャラクター切手でも特に希少性が高いものを買取に出す

キャラクター切手の買取では保存状態の良い切手であることの他に、発行枚数が少なくて希少性のある切手ほど価値があるとして、買取価格も高くなる傾向にあります。

加えて、人気のあるキャラクターの切手であれば、切手の状態によっては好条件で買い取ってくれるかもしれません。

今回ご紹介をした1997年発行のドラえもん切手も発行当時から根強い人気があります。

「少し汚れが付いているから買い取ってくれないかも」と諦めずに、まずは査定を依頼してみましょう。

また、手塚治虫氏や赤塚不二夫氏の生誕や漫画家デビューを記念して発行されたキャラクター切手は希少性があるため、高い評価を受けています。

ちょうど切手ブームが起こった1960年代からの切手コレクターと、小さいことから手塚治虫氏の作品を見ている世代が重なっていることも、人気を集めている要因なのかもしれません。

ドラえもん切手の買取価格を下げないためのコツについて徹底解説!:まとめ

ドラえもん切手の買取価格を下げないためのコツについて徹底解説!:まとめ

ドラえもん切手をはじめ、キャラクター切手の多くが額面ベースで買取がされますが、切手の種類や発行枚数などによっても買取価格は変わってきます。

「種類ごとの具体的な買取相場が知りたい」とお考えの場合は、お持ちの切手ごとの買取相場を詳しく調べてみましょう。

ある程度切手の相場感を掴めれば、業者から切手を買い叩かれること防げるようになるからです。

しかし、大抵の切手カタログやインターネットで調べられる買取相場は、買取時の「最高額」になっていることがほとんどです。

参考程度に留めておくのが無難です。

切手専門の買取業者の中には「無料査定」をしている業者も存在しているため、「持っている切手の価値を知りたい」とお考えでしたら、まずは電話などで相談してみることも一つ手段です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
切手処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!