着物コラム

思い出の詰まったお下がりの着物の処分を考えるなら

思い出の詰まったお下がりの着物の処分を考えるなら

着物には、それぞれに込められた思い出やエピソードが必ずあるものです。

そして、今持っている着物の中には親世代から受けついだという、いわゆる「お下がりの着物」をお持ちの方も多いでしょう。

お下がりの着物という性質上、サイズが合わない・好みの柄ではないなどの理由からやむなく箪笥に眠らせてしまっている場合もあります。

ここではそんな「お下がりの着物」の処分について紹介します。

お下がりの着物が不要になるとき

お下がりの着物が着用されるシーンは一年を通していくつかありますが、その最たるイベントといえば七五三や成人式ではないでしょうか。

お子様の記念にと七五三や成人式に合わせて誂える方もいらっしゃる反面、ご兄弟やお子様と年齢の近い親戚がいる場合であればお下がりの着物を譲り受ける場合もあるでしょう。

お下がり着物は元々の所有者の好みやサイズで作られているため、中には趣味やサイズが合わず着るのをためらう方がいるのも事実です。

これ以上お下がりとして着る人がいなくなってしまった着物はどうするのが良いのでしょうか。

お下がりが不要になった着物の処分をどう考える?

お下がり着物が不要になった時、まず考えなければならないのが、少なからず抱いてしまう「処分することへのためらい」や「処分する忍びなさ」です。

なぜなら、お下がり着物として手元に届く以前には、ご両親やご兄弟、親戚など自分に近しい存在の方が着用していたからに他なりません。

せっかくお下がりに残してもらったのに着なくなったからといって処分するには忍びない気持ちもあり、いつのまにか箪笥の肥やしに。

そのままタンスの肥やしとなるなら効率よく処分する方法やタイミングを計ることが必要になります。

例えばお下がりの着物の状態が劣化したタイミングに処分するのも良い方法でしょうが、着物が劣化するのをひたすら待つのは現実的ではありません。

加えて思い入れのある着物を劣化させるためにわざと汚してしまったりするのは少々忍びないですね。

気持ち的に処分できないなら再利用

着物の処分をためらうならお下がりの着物はリメイクして再利用するというのも良い処分方法です。

では、お下がり着物を再利用する方法にはどういったことが挙げられるでしょうか。

着物をリフォームする

お下がりの着物はサイズが合わない・古くて色あせてしまった・シミがついているなどありますが、着物をリフォームすることでこれらの悩みも解決します。

色あせが気になるなら染め直し、サイズが合わないなら寸法直し、仕立替えなどを行うことで自分好みのオリジナルな着物へと生まれ変わる感動はリフォーム着物ならではの醍醐味です。

着物をリメイクする

お下がりの着物などをハンドメイドで小物や洋服にリメイクする方もいらっしゃいます。

着物の布地は洋服とは違い独特な柄や色合いが特徴のものも多いので、リメイクすることで既製品には表現できない美しさを演出することができます。

また、ご自身で着物をリメイクする他にも、行き場のなくなったお下がり着物を対象にリメイクしてくれる専門店もあるようです。

次の世代まで引き継ぐ着物のお下がり

前段でお下がり着物の再利用について紹介しましたが、ここでは「お下がり着物を残し次の世代まで引き継ぐ」場合の注意点や方法を紹介していきましょう。

着物をお下がりで引き継ぐときの注意点

お下がり着物はメンテナンスやお手入れを定期的に行ってあげましょう。お下がり着物の中には祖母の代から着られ続ける着物もあります。

何十年も経過した古い着物ですと生地そのものの劣化が激しいため、修復不可能になってしまう場合があるので取り扱いは慎重に行いましょう。

着物を状態よく保管する方法について

着物を着用した後は畳んで箪笥にしまいますが、洋服のように適当にたたんでしまうとシワや型崩れの原因にもなりかねません。

着物には着物のための畳み方を行っておきましょう。次に、着物は着用後のお手入れも大切です。表面についた汚れを落とすだけも長い目で見た時に寿命が違います。

そして、着物は箪笥にしまってからも定期的に空気の入れ替えを行いましょう。時期によっては箪笥の中に湿気が溜まり、着物にカビが生えたりダメージを与えてしまう場合もあるのです。

お下がりの着物を良い形で処分する具体的な方法とは

ズバリ、お下がりの着物は着物買取で査定に出してみましょう。

着物買取の専門店では、あらゆる種類の着物を取り扱っています。ですからお下がりの着物で古いものや状態が気になっていたとしても、しっかりお値段をつけて買い取りしてくれます。

また、着物の中には例え古い時代に作られた着物であってもアンティーク着物や、作家物や伝統工芸品といったように価値が付くものもあります。

査定に出してみて、もし満足いく結果にならなかったらごみとして処分するもしくはリメイクにするなど決めれば良いのではないでしょうか。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報