着物コラム

【着物通信vol.6】着物と帯の組み合わせ

この記事をご覧になっている方の中には、普段着として日常的に着物を身に纏われる方もいらっしゃるかと思います。
着物を着用する上で押さえておきたいポイント、それは「着物と帯の組み合わせ」です。
実は着物と帯の組み合わせは着こなすためのルールがいくつかあり、それらを理解しておくことで上品な着こなしが可能となります。
そこで今回は、着物と帯の組み合わせの際に覚えておくと良い点についてご紹介します。





着物に合わせた格のある帯を選ぶ

着物を含め小物に至るまで、和装には「格」というものがあります。

同じ格のものを組み合わせることで全体的に調和がとれた着こなしとなります。

最近は格の境界線が曖昧になってきつつありますが、知識として知っておくことはとても大事です。

ここからは実際に、代表的な格について見ていきましょう。

帯の格

黒留と袋帯
黒留と袋帯
帯に関しては下記のような順番で格が決まっています。
帯名 適している着物
丸帯 黒留袖、振袖
袋帯 黒留袖から紬まで(素材・柄によって格が変わります)※ 二重太鼓
九寸名古屋帯 略礼装から紬まで※一重太鼓
八寸名古屋帯 袋名古屋帯・かがり帯(街で着用するのが主です)※一重太鼓

上記の一覧にあるように、黒留袖は既婚女性の第一礼装、振袖は未婚女性の第一礼装となります。

現在、アンティークショップを覗けば丸帯がありますが、呉服屋に置かれるということは殆どなくなり、 袋帯が実質の最上位格となっています。

一般的には、略礼装以上の場合は袋帯を使用します。例外として、綴れ帯のように格が高い名古屋帯は準礼装まで使うことができます。

具体的には、【黒留袖 5つ紋(第一礼装)】【色留袖 3つ紋(準礼装)】【無地 1つ(略礼装)】【訪問着 (外出着)】【付け下げ(外出着)】【小紋、紬 (街着、おしゃれ着)】と分けられます。

柄付けによる格

訪問着と袋帯
訪問着と袋帯

吉祥紋様(※1)等の着物の場合、 吉祥柄で帯を合わせることにより着物と帯のバランスがよくなります。

やはり紋様によっても格がありますので、吉祥文様に矢絣などの幾何学模様やあまり柄の格が違うものを一緒に着こなすと若干違和感の残る組み合わせになってしまうので注意が必要です。

(※1)吉祥文様…良い兆候、めでたいことを表した模様のことをいいます。礼装の際の着物・帯に用いられます。例として鶴、扇、松竹梅、御所車、鳳凰が挙げられます。鶴や鳳凰は中国から伝わってきており、松竹梅や御所車などは日本で生まれたものです。柄によって持つ意味が変わってくるので吉祥文様の物をお持ちの方は一度調べてみる事をおすすめします。

素材による格

大島紬に真綿の名古屋帯
大島紬に真綿の名古屋帯

黒紋付きの羽二重や留袖の縮緬の柔らかいようなものが格上とされ、結城紬、塩沢紬のような高級和装でも紬は格下とされています。

しかし最近では、無地の紬等の一つ紋付き(縫い紋)も略礼装として用いられる事があるようです。

また、絹の縮れ織物であるちりめんに関しては帯揚げによく用いられており、以前まではちりめんよりも綸子のほうが格上と言われていましたが、最近は人気が上昇しており、礼装として用いられる事も増えております。

色柄の調和

色無地と塩瀬の名古屋帯
色無地と塩瀬の名古屋帯

色の調和のご紹介に入る前に、色の基本である膨張色と収縮色について軽く触れておきます。

寒色系、具体的には黒、青、紫、青緑、グレー等の色は収縮色といって、小柄で痩せて見えます。

反対に暖色系、具体的には白、赤、ピンク、黄色、オレンジ等の暖色系は膨張色といって、大きく膨張して見えます。

しかし人によって似合う色は異なるので、様々な色を試してみて、自分をもっとも輝かせる色を選びましょう。

さて、色の調和についてですが、大きく二つに分けることができます。同系色の調和と、反対色の調和です。

同系色の調和

同系色で組み合わせると、無難で清楚なイメージとなり、品がよく安定した印象を与えることができます。同色の濃淡でまとめることですっきりとした着こなしになります。

反対色の調和

反対色で着物と帯を組み合わせると若さが溢れ個性的な印象を与えます。八掛の色、または柄や地色の一部の色に合わせる事で全体のバランスを整えることができます。

素材の考慮で合わせ

小千谷縮と名古屋帯
小千谷縮と名古屋帯

素材の格は高い順から見ると、正絹⇒麻⇒木綿⇒ウール⇒化繊という順になっています。

素材の選び方のパターンとしては【染めの着物・染めの帯】【織りの着物・織りの帯】【染めの着物・織りの帯】【織りの着物・染めの帯】の四つがあります。

合わせ方として、「染めの着物に織りの帯、織りの着物に染めの帯」という有名な言葉がありますが着合わせを考えるときに参考になるので覚えておくといいでしょう。

着物と帯の組み合わせ:まとめ

以上、着物と帯の組み合わせについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

上記でご紹介したのはあくまできれいに着こなすための参考情報でしかありません。

というのも、昔は着物に関してのきまりごとがありましたが、最近は決まりごとにとらわれない自由な着こなしが増えています。

洋服と同じように、同じ数の着物、同じ数の帯を持っていてもコーディネートは千差万別、十人十色です。

あくまで最低限の着こなしのマナーをわきまえた上で、格や釣り合いを参考にしながら様々な組み合わせを考えてみてください。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!