着物コラム

着物のたたみ方【簡単な方法をご紹介】

  • あなたが「着物のたたみ方」を知りたいと思う瞬間、それはどんな時ですか?結婚式や成人式などで着物を着用したはいいけれど、いざ箪笥にしまおうと思った時に、どのようにすれば良いかわからず悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか。着物はたたみ方や箪笥へのしまい方一つで、いつまでも美しさを保つことができます。保管するときに誤ったたたみ方ですと思わぬシワがついてしまい、再び箪笥から出した時には手遅れに・・なんていうこともあります。
    また、着物のたたみ方の中には着物の内側に着用する襦袢に関するたたみ方もあり、それぞれ方法が違います。ここではそんな種類別の着物のたたみ方をご紹介します!正しい着物のたたみ方を知り、今まで以上に着物ライフを充実させましょう!

    着物のたたみ方は複数ある

    着物は格や形状の違いによりいくつかの種類に分かれます。その前に、着物のたたみ方を実行する前に事前に確認しておくことがあります。それは「着物を畳む場所」で、着物をたたむためには着物を広げる必要があります。多くの場合が着物を広げるために床に広げる場合もあるかと思いますが、着物が汚れや付着しやすいので、必ずたとう紙を敷いた上に広げるようにしましょう。そして着物を広げても大丈夫なように周りの荷物と着物が接触しないように注意しましょう。

    着物のたたみ方の紹介(1)本だたみ

    本だたみは着物のたたみ方の中で最も基本的なたたみ方です。着物をたたむ時には縫い目に沿って行っていきましょう。この「本だたみ」で該当する着物には付け下げ訪問着友禅小紋などが該当します。この中で刺繍や箔、落款が入っているものは着物同士がこすれないように薄紙を当てると良いでしょう。

    ①着物を左横向き(首元側が左にくるように)に広げ、衿肩明き(首元側)を内側に畳みます。そして着物右側の衿を真っすぐに正し、同じく左側下部の(おくみ線)に沿って手前に返して開くようにたたみます。

    ②着物左側の衿を反対側へ重ね、端を揃えてずれないよう注意してください。左右の衿を合わせた後、脇の縫い目に合わせて重ねます。

    ③左右の衿を合わせ、たたみジワがないことを確認した後、背中の縫い目(背縫い)を中心として手前側(着物右側)へ折り返し、重ね合わせた両方の脇縫いを合わせ、ここでもずれていないかを細かくチェックします。加えて左右の袖も重ねて下さい。

    ④左右重ね合わせる形で畳み、袖部分も含め畳めたことを確認したら下半身部分(後ろ身ごろ)を上部へ向かって折り返します。折り返す時に着物の裾をしっかり掴みましょう。裾は重ね合う面が多いのでしっかり掴まないと途中でバラバラにいなりやすいので注意してください。

    ⑤、④の状態では後ろ身ごろが上部に重なり合う状態ですのでこれを反転させます。そして右袖を袖付けから身ごろの上に折り返してたたみ、完成です。たとう紙に包み箪笥にしまいましょう。

    着物のたたみ方の紹介(2)襦袢だたみ

    長襦袢や判襦袢といった襦袢類のたたみ方になりますが、和装コートでもこのたたみ方が該当すると思って良いでしょう。実は着物のたたみ方の中には男性用女性用と別れる場合もあるのですが、襦袢たたみに関しては男女問わずこの方法が基本となります。襦袢たたみで注意すべき点は衿と袖のたたみジワです。着物を着用した時に見えてしまう場合もあるので特に注意しましょう。

    ①他の畳み方と同じく、向かって左側へ横向きに置きます。襦袢の衿の中には芯が入ったものが存在します。その時は広げたままで良いです。基本的な襦袢もしくは取り外しの可能な衿芯であるならば取り外しておきましょう。

    ②右衿→左衿の順番で重ねますが、左右の脇縫い線を意識しながら、この線に沿って折り返し、重ねてゆきましょう。

    ③左右の衿を重ねたら、「脇縫いが襦袢の中心に」くるようにさらに内側へたたみます。その時に畳む側の袖も合わせて重ね合わせて下さい。

    ④重ね合わせた袖を反対側に折り返し、外側1.2センチ程度をあくようにします。袖と胴部分を重ね合わせた後、堂部分の脇縫いを突き合わせて下さい。

    ⑤他の畳み方と同様に、後ろ身ごろを上部へ向かって重ね合わせます。たたむ位置は袖にかからない少し下を意識してください。

    ⑥たとう紙の長さに応じて長さを調節してしまいましょう。

    いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した着物の正しいたたみ方を学ぶことで、着物を正しく保管することに繋がります。そうすることで着物の美しさを損なわず、かつ今まで以上に着物に触れる機会が増えることでしょう。ご自宅に眠った着物があるならば、着物を箪笥から出して着用してみるのも楽しみの一つかもしれませんね。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報